トラベルポート、ジンエアーとの複数年契約を締結

トラベルポート・リッチコンテンツ&ブランディングを通じてブランデッドフェアとアンシラリーサービスを提供
2019年1月22日、韓国・ソウル:
先進のトラベルコマースプラットフォームを提供するトラベルポート (NYSE:TVPT)とジンエアーは、本日複数年契約を締結し、両社でのマーチャンダイジング、ブランディング、テクノロジーにおける協力を発表いたしました。

ジンエアーは26機の機材を有し、30を超える韓国内外の都市でオペレーションを行っています。この契約によってトラベルポートを利用する旅行会社においては、トラベルポート・リッチコンテンツ&ブランディングのマーチャンダイジングソリューションを通じて、ジンエアーの ブランデッドフェアやフルレンジのアンシラリーサービスにアクセスし、検索・予約することが可能となります。

ジンエアーのスポークスマンは次のように述べています。
「業界をリードするトラベルポートと共に、今後の成長への第一歩を踏み出せたのは喜ばしいことです。トラベルポートの革新的なソリューションは、世界中の旅行会社へのリーチをより広げるだけでなく、その顧客固有のニーズに応えることができるものと確信しています。トラベルポートとのコラボレーションによって、安全、快適、そしてユニークな旅行体験を、世界中の旅行者の皆様にお届けしてまいります。」

トラベルポート、エアーパートナー、アジア太平洋地区バイスプレジデントのクリス・ラムは以下のように語っています。
「トラベルポートは、航空会社のビジネスとテクノロジーに対するニーズを十分に理解しています。航空会社がより効率よくバイヤーの興味を喚起しリーチできるよう、日々努めています。
この絶え間ない技術革新への取り組みによって、韓国で2番目に大きい LCC であるジンエアーをサポートし、結果そのビジネスを大きくし、さらには成長著しいこの地域において LCC マーケットのポテンシャルをより広げていけるものと確信しています。」

- 以上-

トラベルポートについて (www.travelport.com)
トラベルポート(NYSE:TVPT)は、旅行の販売、購入、旅行体験の向上を常に追求するテクノロジー企業です。世界の旅行・観光業界に向けて流通、技術、決済などのソリューションを提供するトラベル・コマース・プラットフォームを有しています。B2B(企業間取引)旅行市場において、 世界の主要な旅行プロバイダーとオンラインおよびオフラインの旅行業者を結びつけ、旅行業取引を促進します。
トラベルポートは航空会社マーチャンダイジング、ホテルのコンテンツとレートディストリビュー ション、レンタカー事業、モバイルコマース、B2B 決済ソリューションのリーダー的地位を確立しています。また、ショッピング、発券、出発管理その他のソリューションを含む重要な IT サービスを航空各社に提供しています。2017年の純収入が24 億ドルを超えるトラベルポートは、英国ラングレーに本社を置き、約4,000名の従業員を擁し、世界180ヵ所の国と地域で活動をしています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トラベルポートジャパン株式会社 >
  3. トラベルポート、ジンエアーとの複数年契約を締結