理化学研究所、セキュアで円滑なコミュニケーションを実現するためSlackを全所導入へ

安全なコラボレーションと業務効率化を実現

Slack Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、日本法人代表 佐々木聖治、以下Slack)は、国立研究開発法人 理化学研究所(本部:埼玉県和光市、理事長 松本 紘、以下理研)が、2021年4月よりビジネス用メッセージプラットフォームであるSlackの利用を開始することをお知らせいたします。理研の役職員など約6,000名を対象に、最先端の研究を支えるセキュアで円滑なコミュニケーションを実現します。


1917年に創設された理研は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。同所は、研究成果を社会に普及させるため、大学や企業との連携による共同研究、受託研究等を実施しているほか、知的財産等の産業界への技術移転を推進しています。

理研では、セキュリティの確保と業務効率化を目指したICT戦略を2019年度に策定し、その実現を進めています。従来からのコミュニケーション手段であるEメールは、誤送信やSPAMメール、ウイルス添付メール、送信元詐称詐欺などのセキュリティリスクが高いことが課題となっていました。そうした課題を解決すると同時に、働き方改革への取り組みが推奨されていたところ、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、働き方へ一層の柔軟性が求められる状況になりました。

それらの状況を踏まえ、クラウドベースで場所を選ばない非同期型の安全なコミュニケーション手段としてSlackが新たに採択されました。理研では、以前からラボなどより頻繁にSlackの利用申請が出されており、一部研究室や事務部署では、現場のコミュニケーションツールとして活用されていました。

また理研では、ICT戦略の実現には、クラウドサービスを含めたさまざまなサービスを横断的に認証およびプロビジョニング可能な、セキュリティ対策のための認証基盤サービスが必要であると認識していました。それらを実現し、よりセキュアな情報環境を確保できる認証システムとしてOktaを導入していました。Slack導入に際しては、SlackとOktaを連携させて、シングルサインオンでセキュリティの強化を図れるほか、安全かつ比較的簡単にユーザー管理やチャンネル作成(自動化)ができる点も評価のポイントとなりました。

今回のSlackの導入サポートから定着化については、Slackのサービスパートナーであるアビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 鴨居 達哉)が継続的な支援を実施しています。ベストプラクティスに基づくコミュニケーション環境の設計、多様な理研の職員がSlackを使って円滑に業務を進めるためのチェンジマネジメントやトレーニングの実施、Slackと他アプリケーションの連携機能の開発など、組織のさらなる生産性の向上を支援しています。

理研では、Slackの導入を通じて、スムーズで組織横断的なコミュニケーションが活性化され、国内複数拠点にわたる職員や関係者間のやりとりをより手軽に行うことにより、これまで実現しなかった所内のコラボレーションが加速することを期待しています。今後は、セキュリティを維持したかたちで外部パートナーともSlackでシームレスに協業し、Boxなどの各種業務アプリケーションと連携することで、業務の効率化を目指しています。

国立研究開発法人 理化学研究所 情報システム部長 黒川 原佳氏のコメント:
理研は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として世界の科学史に残る多くの発見や発明をし、多数の世界最高水準の質の高い成果から生まれる、社会課題を解決するためのイノベーションを追求しています。Slackを導入することで、研究者や事務職員を問わず様々な立場の役職員同士で、これまで以上にスムーズで活発でオープンな情報共有ができるコミュニケーション環境が整い、研究開発成果を最大化するシステムの基軸として、さらなる革新的な成果が創出されることを期待しています。

Slackについて
Slack はチャンネルをベースとしたメッセージプラットフォームの先駆者です。私たちはこれまでビジネスコミュニケーションのあり方を大きく変えてきました。今や何百ものユーザー企業の皆さまが Slack を使ってチームの目指す方向を揃え、使うシステムを 1 カ所にまとめ、ビジネスを前に進めています。安全かつ世界最大規模の企業に対応できるエンタープライズ級の環境を提供できるのは Slack だけです。

たくさんのビジネステクノロジーが存在するなかで、Slack はまったく新しいレイヤーだと言えます。「一緒に働く」がより効率的になり、使っているすべてのソフトウェアツールやサービスを 1 カ所にまとめられ、必要な情報が簡単に見つかる場所。つまり Slack は仕事の中心なのです。
HP:https://slack.com/
公式画像素材:https://brandfolder.com/slack

国立研究開発法人 理化学研究所について
理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ、英語名:RIKEN)は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。

理研は、1917年(大正6年)に財団法人として創設されました。戦後、株式会社科学研究所、特殊法人時代を経て、2003年(平成15年)10月に文部科学省所轄の独立行政法人理化学研究所として再発足し、2015年(平成27年)4月には国立研究開発法人理化学研究所になりました。

研究成果を社会に普及させるため、大学や企業との連携による共同研究、受託研究等を実施しているほか、知的財産等の産業界への技術移転を積極的に進めています。
HP:https://www.riken.jp/

アビームコンサルティング株式会社について
アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,600 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。
HP:https://www.abeam.com/jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Slack Japan株式会社 >
  3. 理化学研究所、セキュアで円滑なコミュニケーションを実現するためSlackを全所導入へ