「きものベストドレッサー2019」に眞子内親王殿下、小栗旬さん。

きものファンからのネット投票結果を発表

「ニッポンの街にもっときもの姿を」をテーマに様々なPR活動を行なっている、一般社団法人全国きもの街づくり協議会(本部/東京 代表理事/佐藤正樹 公式HP https://wasou.org)はこのほど、「きものベストドレッサー2019」女性部門は眞子内親王殿下、同男性部門は小栗旬さんがネット投票により選ばれたと発表しました。
一般社団法人全国きもの街づくり協議会は「全国の街に、きもの姿を増やして、美しさと品格のあふれる日本に」を目標に様々なPR活動を行なっています。主にきものファンからのネット投票で決める「きものベストドレッサー賞」は2018年からスタート。昨年は男性部門に羽生結弦さん、女性部門に武井咲さんが選ばれました。投票基準は「素敵なきもの姿をマスメディアなどで披露し、和装文化のイメージアップに貢献された方」とし、同協議会のホームページやSNS、またきものファンが集まるSNSグループなどで投票を呼びかけました。10月20日から12月15日までの投票期間中の投票総数は7百票あまり。「誰でも参加できるネット投票ですが、あえて呼びかけを限定的にして、きものファンからの意見が反映されるようにしています」(協議会広報担当)とのこと

きものベストドレッサー2019ロゴきものベストドレッサー2019ロゴ


「きものベストドレッサー2019」女性部門の眞子内親王殿下にはもっとも多くの投票が寄せられましたが、代表的な投票理由は「海外でのご公務の際も着物で挑まれていて、日本文化をさりげなく発信されているお姿が素晴らしいから。また、コーディネートもとても参考になるから」(西村さん)。国内での国際交流イベントにも和装でご訪問されるなど「きものへの愛を感じるから」(いつきさん)。
一方、男性部門の小栗旬さんへの代表的投票理由は「映画『人間失格』で魅せた日常的な着姿が素敵で印象的!とても似合っておりました」(武田さん)。

きものベストドレッサー2019イメージきものベストドレッサー2019イメージ

同協議会では「私どものような出来立ての小さな団体が、これまでありそうでなかった『きものベストドレッサー賞』を主催させてもらっていますが、もっと賞自体を盛り上げ、きものファンを増やす意味でも、和装業界への共催、協賛、後援をお願いできれば」としています。

また、同協議会はこの他、全国の各市町村を表彰の対象にした「きものの似合う街大賞」や個人や団体に贈る「きもの街づくり大賞」を主催しており、和装文化の普及・発展につとめています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全国きもの >
  3. 「きものベストドレッサー2019」に眞子内親王殿下、小栗旬さん。