テトラが開発する空飛ぶクルマ(eVTOL)が米国で実験航空機としての認証を取得し、販売に向けた飛行試験を開始しました

航空機開発を行うテトラ・アビエーション株式会社は新機種の予約販売も7月下旬から開始。問い合わせは100件以上。

2021年7月に初公開した新機種Mk-5の予約販売を行っているテトラ・アビエーション株式会社は2022年のデリバリーに向けたマイルストーンとして、米国でSpecialACを取得しました。それに伴いオープンエアでの無人飛行試験等を開始しました。有人飛行試験ののちキットプレーンとして販売します。
テトラ・アビエーション株式会社(本社:東京都⽂京区、福島⽀社:福島ロボットテストフィールド内、代表取締役 中井佑、以下当社)は8月16日(米国時間)に日本で開発した新機種Mk-5(読み:マークファイブ)の米国内で飛行試験等を行うための認証(登録番号:N155TA)を取得しました。

当社は実機体の米国内での試験飛行等を行うため、米国連邦航空局(FAA※1)との調整を行い、試験飛行許可(特別耐空証明証※2及び飛行許可証※3)を申請し、書類審査や実地検査等を経て、無事承認されました。

そのため、米国のみならず日本おいても試験飛行実施の際に都度、国土交通大臣の許可を得ることで実証実験として飛行することができるようになります。
 

開発中のMk-5

現在はサンフランシスコ近くの空港で試験飛行を行っております。
引き続き、米国や日本をはじめとした個人の方へホームビルド機のeVTOLとして予約獲得を進め、2022年末をデリバリー予定としています。
 

飛行試験初日の様子

テトラ・アビエーション株式会社とは、2018年に設立したいわゆる空飛ぶクルマと呼ばれる垂直離着陸航空機(eVTOL)を開発する東大発スタートアップです。
2020年2月には国際航空機開発コンペGoFlyにおいて、プラットアンドホイットニーからディスラプターアワードを受賞し、大会最終審査で唯一賞金を獲得したチームになりました。GoFly終了後、資金調達を行いながら販売モデルの開発を行ってきました。

今後、まずは個人利用としてのeVTOLを開発し、購入者からのフィードバックをもとに量産型eVTOLの開発を行い、2025年に行われる大阪万博での飛行など2拠点間移動サービスを行うための機体をリリースしていきたいと考えています。

また、当社は資本関係を前提とした共同開発に向け、事業会社の方々をはじめ出資を募っています。
他にもスポンサーシップをいただきながら航空関連の教育等のセミナーも行うことが可能ですのでご相談ください。

※1
FAA(Federal Aviation Administration、米国連邦航空局)からSpecial AC(Special Airworthiness Certificate、特別耐空証明)およびCOA (Certificate of Waiver or Authorization、飛行許可証) を取得。

※2
特別耐空証明(Special AC)は、米国空域で安全に飛行させることができる研究開発用航空機等を対象とした証明書です。対象となる航空機の安全性や運用手順等を示す各種書類や申請書の提出、ならびにDARによる実地検査を経て、FAAより発行されました。

※3
飛行許可証(COA)は、米国空域で運用する際に必要となる許可です。運用対象となる航空機とその運用計画をFAAに提出し、FAAの審査を経て、許可が付与されます。テトラは米国カリフォルニア州のByron空港におけるCOAを申請し、承認されました。

https://www.tetra-aviation.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テトラ・アビエーション株式会社 >
  3. テトラが開発する空飛ぶクルマ(eVTOL)が米国で実験航空機としての認証を取得し、販売に向けた飛行試験を開始しました