ティアフォー、クアンタ・コンピュータと資本業務提携 10億円の追加増資で自動運転ECU開発へ

株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田一哉、以下「ティアフォー」)は、クアンタ・コンピュータ(本社:台湾)を引受先として第三者割当による10億円の追加増資を実施したことをお知らせいたします。クアンタ・コンピュータは、ノートパソコンやサーバーマシン製造の世界最大手の一角として知られる企業です。この資本業務提携により、クアンタ・コンピュータとティアフォーは最先端の自動運転システムを支える電子制御ユニット(ECU: Electronic Control Unit)の開発と商用化に共同で注力し、業界標準の獲得を目指します。

 

 

最先端の自動運転システムを支えるECUには、機能安全に対する要求とともに、省電力かつ高性能であることが求められます。クアンタ・コンピュータとティアフォーは、オープンソースの自動運転ソフトウェアである「Autoware」(注)の開発を通じて得られた知見とベストプラクティスに基づき、自動運転システムに最適なECUの要求仕様を提唱していきます。クアンタ・コンピュータはティアフォーの協力のもと既にAutowareを搭載したECUの開発を手掛けており、実験車両を用いた実走行試験を実施しています。
Autowareを搭載したECUの市場投入により、多くの企業に市場参入の機会が開けると同時に、様々なレベルの自動運転の商用化が一層加速することが期待できます。

【クアンタ ・コンピュータについて】
クアンタ ・コンピュータ(Quanta Computer Inc.)は、ノートパソコンをはじめとするテクノロジー製品製造の世界的な大手企業で、Fortune Global 500 companiesにも選ばれています。情報、通信、ネットワーキング、家電、カーエレクトロニクスからクラウドコンピューティングに至るまで、優れたテクノロジーによる革新的な製品を幅広く提供しています。
1988年設立。台湾に本社を置き、アジア、カナダ、北米、南米、ヨーロッパに主要な拠点を展開。クアンタグループ全体では、世界中に90,000人以上の従業員を擁し、2018会計年度の連結収益は340億米ドルに達しています。
URL:http://www.quantatw.com

【株式会社ティアフォーについて】
ティアフォーは、「創造と破壊」をミッションに掲げるディープテック企業です。世界初のオープンソースの自動運転OS「Autoware」の開発を主導し、様々な組織、個人が自動運転技術の発展に貢献できるエコシステムの構築を目指しています。これを「自動運転技術の民主化」と位置づけ、世界中の人々が新しい時間と空間を享受できる社会を実現します。具体的には、自動運転システムの開発、サブスクリプションモデルによる自動運転EVの提供、自動運転EVを用いた無人物流・旅客サービス等に関するビジネスを手掛けています。

━━会社概要━━
【社名】:株式会社ティアフォー(Tier IV, Inc.)
【本店所在地】:愛知県名古屋市
【URL】: https://www.tier4.jp
【代表者】:武田一哉
【設立年月】:2015年12月 
【主な事業内容】:
・自動運転プラットフォーム開発事業
・自動運転ウェブサービス開発事業
・自動運転システム開発キット販売事業
・自動運転技術の教育事業

 (注)「Autoware」は「The Autoware Foundation」の登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ティアフォー >
  3. ティアフォー、クアンタ・コンピュータと資本業務提携 10億円の追加増資で自動運転ECU開発へ