2020年4月 摂南大学農学部が新設 女性アスリートの活躍を支える藤林真美教授が食品栄養学科の教授に着任決定

2020年4月に農学部を新設する摂南大学(大阪府寝屋川市、学長:荻田 喜代一、以下本学)は、農学部食品栄養学科の教授に、女性アスリートの健康問題について研究を行う藤林 真美教授が着任することをご報告します。
 東京オリンピックの開催まで残り1年を切る中、多くのアスリートがオリンピック当日に向け、最高のパフォーマンスを発揮できるよう調整を進めています。そんな中、女性アスリートの中には、女性ならではのデリケートな問題によって、パフォーマンスを発揮できないことが多く起こっています。
 2016年のリオオリンピックで、女子競泳中国代表のフ・ユアンフイ選手が「生理中のため、自分の泳ぎができなかった」と発言したことで、この問題は広く話題となりました。またこの問題は、競技でのコンディションだけでなく、過度なトレーニングは将来的に大きな健康問題に繋がる可能性もあるため、早急に対策を講じる必要があります。

 今回、本学農学部 食品栄養学科に着任する藤林 真美教授は、女性アスリートの貧血予防を目指して、鉄代謝の根底にあるヘプシジン(※)に着目した研究をしています。ヘプシジンの分泌量をコントロールできれば、貧血予防につながり、女性アスリートだけでなく多くの人々の健康維持にも活用できます。
 今後も「スポーツ・身体活動」と「栄養」が、スポーツパフォーマンスや健康に及ぼす影響について実験的検証を行い、一般社会にも還元できる、アプリの開発や実践に活かせる研究を行っていきます。
※ヘプシジンは,鉄の存在量を制御する主要な因子で,炎症などにより過剰に産生されると貧血症状を引き起こします。

■摂南大学農学部 食品栄養学科 藤林 真美教授

〈経歴〉
・2010年  京都大学大学院 人間・環境学研究科 共生人間学 修了
・2011年  摂南大学 学生部スポーツ振興センター 特任講師
・2013年  摂南大学 学生部スポーツ振興センター 准教授
・2020年  摂南大学 農学部 食品栄養学科 教授
〈研究分野〉
健康・スポーツ科学、応用健康科学
〈講義内容〉
・運動生理学研究室での研究
・栄養とスポーツ,栄養と健康
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人常翔学園 摂南大学 >
  3. 2020年4月 摂南大学農学部が新設 女性アスリートの活躍を支える藤林真美教授が食品栄養学科の教授に着任決定