顧客を見える化し、集客を最大化するマーケティングSaaS「MicoCloud」を提供するMicoworksがシリーズAエクステンションラウンドを実施、ラウンド総額18億円を調達。

累計資金調達額は約26億円。アジアNo.1に向けて新規プロダクト開発を推進

企業の顧客を見える化し、集客を最大化するマーケティングSaaS「MicoCloud(ミコクラウド): https://www.mico-cloud.jp/」を開発・提供するMicoworks株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役:山田 修、読み:ミコワークス、以下「当社」)は、2022年2月に実施したシリーズA資金調達に続き、エクステンションラウンドとしてALL STAR SAAS FUND、Eight Roads Ventures Japan(いずれも既存投資家)を引受先とした第三者割当増資により、総額6億円の資金調達を実施いたしました。今回の調達により、当社のシリーズA総額資金調達金額は約18億円、累計資金調達金額は約26億円となりました。



■直近のサービス実績

当社は、2019年2月より企業の顧客を見える化し、集客を最大化するマーケティングSaaS「MicoCloud」を提供しています。2022年8月末時点で導入企業は約500社、導入アカウント数は750を突破し、数多くの企業で活用いただいています。BtoC事業を展開する企業を中心に、美容サロンや学習塾、百貨店や小売業、人材紹介業や不動産業など、顧客との継続的なコミュニケーションを求める幅広い業種での導入実績があります。2022年2月のシリーズA初回資金調達以降、「MicoCloud」のさらなる事業拡大に向けて、CxOクラスの人材採用や各部署の人員拡充、開発体制の強化を行い、100名規模の組織へと成長を遂げました。また、サービス提供価値向上のため、カスタマーサクセス体制の整備と質の向上を図り、直近3ヶ月のサービス継続利用率は99.5%(2022年7月末時点)を実現しています。
 



資金調達の背景

急速なデジタル化によって、消費者の購買行動はこれまで以上にオンラインへとシフトしています。
消費者はWeb広告などを通じてブランドとオンライン上で初期接点を持ちますが、実際の購買に至る顧客はそのうち3%程度にしか満たないといわれています。(出典:Wordstream:Google Ads Benchmarks for YOUR industry) 残り97%は何らかの理由で離脱し、再購買に向けたコミュニケーションも難しい現状があります。そのため、ブランドは消費者心理に合わせたメッセージによる1to1コミュニケーションを行い、消費者と中長期的な関係性を築くことがより重要になると考えられます。

当社では顧客を見える化し、集客を最大化するマーケティングSaaS「MicoCloud」を提供しています。現在は日本及びアジアで普及しているLINEを起点に本サービスの提供を行っていますが、年内にInstagramにも対応予定であり、将来的にはアジアへの本格進出を行ってまいります。

当社のマネジメント体制が強化される中、この度の資金調達で新規プロダクトの開発と「MicoCloud」の機能拡充をさらに推し進める開発体制を増強することを予定しています。また、Mid-Enterprise企業向けにマーケティング投資を強化し、中長期的な成長を加速させ、アジアNo.1のBtoCコミュニケーションプラットフォームになることを目指します。



投資家からのコメント (いずれも既存投資家)

ALL STAR SAAS FUNDマネージングパートナー 前田ヒロ氏


事業の成長を加速させる “ALL STAR” なメンバーがどんどん集まり、組織全体のオペレーションのレベルにもますます磨きがかかっているMicoworks。「アジアNo.1を目指す」という経営陣の広い世界観も、彼らの事業ポテンシャルを魅力的に感じさせる大きなポイントの一つでしょう。Micoworksの進化率の高さ、そしてさらなる市場の広がりに期待して、今回も出資をさせていただきました。


▼Eight Roads Ventures Japan パートナー 村田純一氏
 


不安定な調達環境が続く中、圧倒的なトラクションと業界の中でもトップティアの経営チームの組成に成功したMicoworksに今回追加でご支援することを決めました。かかる環境下において当社がより一層事業の本質へのフォーカスを続けるべく、既存投資家として追加投資という形で支援できることを大変嬉しく思います。まさに段違いの進化を遂げた強力な経営チームが描く事業戦略の実現が今回の調達により加速することを心から期待しています。


Micoworks株式会社代表取締役 山田 修コメント

コミュニケーションチャネルは多様化し、人の興味関心や取り巻く環境は刻々と変化していきます。
そのため、BtoCマーケティングにおいて、お客様の「"今"何を知りたいのか?」に寄り添った、お客様ファーストなコミュニケーションの在り方が求められています。
私たちのプロダクト「MicoCloud」ではお客様一人ひとりの状態をデータで見える化し、商品やサービスの興味関心を最大化するマーケティング活動が実現できます。そして、クライアントの皆様にとって良きパートナーとして、エンドユーザー、クライアント双方がより豊かになれる社会の実現を目指していきます。



「MicoCloud(ミコクラウド)」について

「MicoCloud」は、顧客を見える化し、集客を最大化するマーケティングSaaSです。顧客データに基づき、一人ひとりの興味・関心に合うメッセージをLINE公式アカウントによって届け、集客からファン化まで一気通貫したサービス体験を実現します。顧客が知りたい情報を最適なタイミングで届けることで、企業の売上向上やリピート率のアップ、LTV向上に貢献します。

サービスサイトURL:https://www.mico-cloud.jp


■会社概要

Micoworks株式会社(読み:ミコワークス)
代表者:代表取締役社長 山田 修
設立日:2017年10月30日
会社HP:https://micoworks.jp/ 
所在地:​大阪本社:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 WeWork御堂筋フロンティア
    東京オフィス:東京都千代田区麹町5-3-23 WeWork日テレ四谷ビル
資本金:6億525万円(2022年9月1日時点)
事業内容:マーケティングツール「MicoCloud」の企画・開発・販売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Micoworks株式会社 >
  3. 顧客を見える化し、集客を最大化するマーケティングSaaS「MicoCloud」を提供するMicoworksがシリーズAエクステンションラウンドを実施、ラウンド総額18億円を調達。