ゲストはIT業界の最前線で長年活躍されているIT企業経営者の村上臣さん!「コンセプトメイキング」をキーワードに、日本のプログラミング教育について議論を展開「こくみんトーク!」第4回2話 配信スタート

国民民主党(代表:玉木雄一郎)は、党公式YouTubeチャンネルにて、所属議員が様々なジャンルの専門家や有識者を「こくみんスタジオ」にお招きし、対談を行うWEB番組「こくみんトーク!」第4回2話の配信を、2019年5月22日(水)より開始しました。
 


国民民主党は、党のタグライン「つくろう、新しい答え。」を体現するべく、暮らしの現場にある声に耳を傾け、課題と向き合い、答えをつくり、そしてその答えを発信するという取り組みを進めています。

そうした取り組みの発信拠点として、本年1月に「こくみんスタジオ」を設立しました。「こくみんトーク!」は、毎回国民民主党の議員が、様々なジャンルの専門家や有識者を「こくみんスタジオ」にお招きし、本音の議論を行うWEB番組です。

5月15日(水)より配信をスタートした第4回のゲストには、IT業界の最前線で長年活躍されているIT企業経営者の村上臣さんをお招きし、「プログラミング教育を始めとする未来の教育」をテーマに意見を交わします。

第1話では、プログラミング教育の必修化の話や、日本と海外におけるプログラミングの違いにまで話が展開されました。幼少期にTVゲームのプログラミングを通じて実践的に学習したという村上さんは、必修化の上で重要な点とは、「楽しいこと」を教育に盛り込むことだと提唱。玉木代表も幼少期にドローンを作れないかと想いを巡らせた経験から同様の考えを持っており、闊達な議論が繰り広げられました。

本日5月22日(水)より配信を開始した第2話では、実践でプログラミングを身に付けてきた村上さんならではの視点で「コンセプトメイキング」をキーワードに、プログラミング教育のあり方について議論します。プログラミング教育の必修化と聞いて、履修後に英語を話せるようになっていない、日本の英語教育の現状を思い浮かべてしまうという村上さんの話から、あくまでも手段であるプログラミングをどう教えていくのか、プログラミング教育の懸念点まで議論が広がります。

また、次週からは、WEB・SNSを中心に話題となった村上さんご自身の子どもとの「スマートフォン貸与契約書」の話をきっかけに、IT企業経営者ならではの教育論や、民間を巻き込む新しい教育のあり方について展開予定です。

この番組は、政治に興味関心がない方にも政治と社会の関係について興味をもって頂けるように、わかりやすい番組構成を目指していきます。


「こくみんトーク!」 番組概要と今後の配信スケジュール

 

<番組ロゴ><番組ロゴ>

【番組概要】
番組名    :こくみんトーク!
配信回数   :毎週1話配信予定
公開場    :国民民主党YouTube公式チャンネル
第4回ゲスト:IT企業経営者 村上臣さん
ホスト議員  :国民民主党代表 玉木雄一郎
視聴URL   :https://youtu.be/9U2UKBtW1HU

【第4回(ゲスト:村上臣さん)配信スケジュール】
■2019年5月22日(水):第2話公開 「英語の二の舞?目指す教育の方向性は?」
■2019年5月29日(水):第3話公開 「息子と契約!?IT企業経営者の子育て論」
■2019年6月5日  (水):第4話公開 「民間を巻き込め!未来の教育の作り方」
 

 


※第5回以降のテーマ、ゲスト、配信スケジュールは決定次第発表します。
 









 









 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国民民主党 >
  3. ゲストはIT業界の最前線で長年活躍されているIT企業経営者の村上臣さん!「コンセプトメイキング」をキーワードに、日本のプログラミング教育について議論を展開「こくみんトーク!」第4回2話 配信スタート