<製品発表>直角型光パターン形成LED照明「ホロライト・アングル」と括弧型光パターン形成LED照明「ホロライト・ブラケット」を開発

さまざまな「囲う」光でクレーン吊荷周囲の立入禁止ゾーンを明示し安全支援

 光学機械器具製造販売のパイフォトニクス株式会社(静岡県浜松市東区/代表取締役:池田貴裕)は、高輝度発光ダイオード(LED)と光学素子の組み合わせにより、視認性の高い直角状の光パターンを形成する「ホロライト・アングル」、括弧状の光パターンを形成する「ホロライト・ブラケット」を開発しました。本製品は、クレーン吊荷周囲の立入禁止ゾーンを明示する注意喚起照明として11月15日から受注を開始します。従来品の「ホロライト・リングスクエア」と比較して、大きな吊荷や長い吊荷に対して「囲う」ことが可能となりました。本製品は浜松市ファンドサポート事業成果の一つとなります。本製品は11月24日~26日に幕張メッセで開催される「鉄道技術展2021」にて展示いたします。

<製品の概要>

 直角型光パターン形成LED照明「ホロライト・アングル」は、遠方に視認性の高い2本の直線光で直角状の光を形成するLED照明です。光パターンの大きさはS型(小)、M型(中)、L型(大)の3種類、照明色は赤色、緑色、青色、白色の4種類をご用意しました。
 括弧型光パターン形成LED照明「ホロライト・ブラケット」は、遠方に視認性の高い3本の直線光で括弧状の光を形成するLED照明です。光パターンの大きさはS型(小)、L型(大)の2種類、照明色は赤色、緑色、青色、白色の4種類をご用意しました。
 主な用途は、クレーン吊荷周囲の立入禁止ゾーンを明示する安全支援であり、本年11月1日から受注を開始した線十字型光パターン形成LED照明「ホロライト・ラインクロス」などの「ホロライト・クロス・シリーズ」と合わせて、鉄鋼業界や自動車業界などの製造業や物流業界向けに、国内のみならず東南アジア、北米、欧州などでの販売を目指します。

光で囲うシリーズ:左からホロライト・リング、アングル、ブラケット光で囲うシリーズ:左からホロライト・リング、アングル、ブラケット

<主な特長>
1.視認性の高い複数の直線光で「囲う」光パターンを形成
 従来品の角環型光パターン形成LED照明「ホロライト・リングスクエア」では「囲う」ことが困難であった大きな吊荷や長い吊荷に対して、光で「囲う」ことが可能となりました。また2台使用するために、吊荷ワイヤーなどに光が遮られる事なく吊荷を光で「囲う」ことが可能となりました。

2.クレーンの高さに応じた最適な光パターンを選択
 光パターンの大きさは、アングルS型(小)、M型(中)、L型(大)の3種類、ブラケットS型(小)、L型(大)の2種類をご用意しました。大きな吊荷や長い吊荷に応じて、最適な光パターンの選択が可能です。

3.クレーン周辺の作業者への注意喚起として安全支援
 クレーンで移動中の吊荷周辺を「囲う」光パターンが形成され、作業者への注意喚起として役立ちます。光パターンは吊荷に隠れることなく地上へ到達するため、作業者は吊荷の存在に早く気づき退避行動を取ることができます。


<ホロライト・アングル:光パターンの比較写真>

ホロライト・アングル:S型(小)M型(中)L型(大)ホロライト・アングル:S型(小)M型(中)L型(大)

<ホロライト・アングル:主な仕様>
名称/英語表記 ホロライト・アングル/ HOLOLIGHT ANGLE
型式/種類 HLAGL75/S型(小)M型(中)L型(大)
照明色 赤R・緑G・青B・白W
入力電圧 単相AC100-240V
規格電力 75W品
外形寸法 W100×D101×H220mm(固定部は除く)
重量 約1.3kg(電源部は除く)


<ホロライト・ブラケット:光パターンの比較写真>

ホロライト・ブラケット:S型(小)L型(大)ホロライト・ブラケット:S型(小)L型(大)

 

<ホロライト・ブラケット:主な仕様>
名称/英語表記 ホロライト・ブラケット/ HOLOLIGHT BRACKET
型式/種類 HLBKT75/S型(小)L型(大)
照明色 赤R・緑G・青B・白W
入力電圧 単相AC100-240V
規格電力 75W品
外形寸法 W100×D101×H220mm(固定部は除く)
重量 約1.3kg(電源部は除く)


<外観写真>

  直角型光パターン形成LED照明「ホロライト・アングル」
  括弧型光パターン形成LED照明「ホロライト・ブラケット」

<当社の概要>
 当社は、2008年4月に高指向性LED照明「ホロライト」を開発し、製造現場での検査、各種イベントや建築物の演出照明、大学研究機関の実験などさまざまな場面で採用されてきました。光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」は、高輝度LED光源と大型光学素子の組合せにより空間にさまざまな光パターンを形成するオンリーワン製品で、日本、米国、中国、欧州で特許登録済です。近年では、工場内の労働災害を低減する安全用照明、地域や人々のもつ魅力を生かして地方創生を実現する観光用照明、光害を低減し新しい景観を創造する建築用照明、新しい鳥獣対策などの新しい光の使い方を追求しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイフォトニクス >
  3. <製品発表>直角型光パターン形成LED照明「ホロライト・アングル」と括弧型光パターン形成LED照明「ホロライト・ブラケット」を開発