賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、株式会社ベンチャープロパティと業務提携し、スタートアップ向けオフィス移転を支援

「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、賃貸向け与信サービス『smeta(スメタ)』を提供するリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道 康徳、以下「リース」)は、「オフィス移転の新しいカタチ」を提供する株式会社ベンチャープロパティ(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:宇田川 富大、以下「ベンチャープロパティ」)と業務提携を締結いたしました。これにより、より多くのスタートアップおよびベンチャー企業が、従来に比べ圧倒的に低コストで柔軟なオフィス移転サービス(*1)をご利用いただけるようになりました。
(*1) 賃貸借契約を締結する際に『smeta保証』の利用が必須となります。

■提携のポイント
- リースがベンチャープロパティと業務提携し、本格的に法人向け賃貸向け与信サービスの提供を開始
- 従来の初期費用および退去費用を抑え、本業の事業に資金を投じられるようにすることで成長を支援

■提携の背景と概要
新型コロナウィルスによる経済への影響がまだまだ尾を引く中、企業の売上が著しく減少したことにより賃料を払うことが困難になったり、リモートワークの普及から広いオフィスを維持する必要性が低下したことなどを背景に、オフィスの縮小移転のニーズが急激に増加してきています。

 一般的に、賃貸オフィスには退去時に膨大な費用がかかる契約が殆どで、社会課題として問題視される様にもなって参りましたが、こうした現状を打破すべく、ベンチャープロパティは2020年5月29日より、出口戦略のあるオフィス『ToMaRigi(トマリギ)』のサービスを開始いたしました。『ToMaRigi』は、セットアップ済みで入居費用を抑えられ、原状回復不要の特約により退去費用がかからないオフィスで、入居者に合わせて柔軟な契約条件にする事が可能です。

『ToMaRigi(トマリギ)』の特徴

リースはこれまで、社会的信用ステータスが低いために賃貸住宅を借りる際の入居審査に落ちることが多いフリーランスに対して、家賃債務保証サービス『smeta保証』の提供を通じて「賃貸住宅を借りられない・借りにくい」という与信課題の解消に取り組んで参りました。

そして、この度、フリーランスと同様に「社会的信用ステータスが低い」ため、賃貸オフィスを借りる際に不便を感じることの多いスタートアップおよびベンチャー企業に向けても、家賃債務保証サービスの提供を開始することで、一社でも多くの企業に、低コストで柔軟なオフィス『ToMaRigi』へ、スムーズに移転いただけるようになりました。

スタートアップおよびベンチャー企業にとっては、従来のオフィス賃貸と比較し、初期費用および退去費用を抑え、本業の事業に資金を投じられるようになり、より事業成長へのコミットメントの強化につながります。

<ご利用の流れ>
1.   ベンチャープロパティの『ToMaRigi』へお問い合わせ
  https://www.ventureproperty.jp/tomarigi
2.   ベンチャープロパティを通じて、リースの『smeta保証』へ入居申し込み
3.   『smeta保証』にて入居審査
4.   審査に問題が無ければ、『smeta保証』にて家賃債務保証契約を締結
5.   『ToMaRigi』への入居

■株式会社ベンチャープロパティについて
 株式会社ベンチャープロパティは「オフィス移転・退去の新しいカタチ」をミッションにオフィスの移転、退去の際に大きな足枷となってしまう“退去費用(原状回復+退去までの残存期間など) ”を0円に退去期間を0ヶ月にできるオフィス移転サービス『トビタツ』。オーナー向け空室予防サービス『アキナシ』。オフィスの入退去の費用を抑えられるセットアップオフィスサービス『ToMaRigi』の提供から、世の中にいまだない優秀なビジネスを次々と展開し、独自領域のプロ集団となることで日本のベンチャーのさらなる成長へ貢献していきます。
・オフィス移転退去サービス「トビタツ」公式ページ:https://www.ventureproperty.jp/tobitatsu
・空室予防サービス「アキナシ」公式ページ:https://www.ventureproperty.jp/akinashi
・セットアップ済みオフィスサービス「ToMaRigi」公式ページ:https://www.ventureproperty.jp/tomarigi

■株式会社ベンチャープロパティ 会社概要
設立: 2019年8月1日
代表者: 代表取締役社長 宇田川 富大
本社所在地: 東京都品川区西品川一丁目1番1号住友不動産大崎ガーデンタワー9階
URL: https://www.ventureproperty.jp/

■リース株式会社について
 リース株式会社は、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、不動産×金融を切り口とした与信サービス『smeta』の開発・運営や、AIを用いた与信評価エンジンを企画・開発しています。「個人の信用価値を最大化する」というミッションの達成に向けて、個人の信用力の“見える化”(信用スコアリング)、与信データを自由に利活用できる与信プラットフォームの開発を通じて、不動産・金融市場および消費者信用産業市場の成長と発展に寄与いたします。
・賃貸向け与信サービス『smeta』(https://smeta.jp/
・家賃債務保証サービス『smeta保証』(https://sguarantee.jp
・賃貸契約金の分割払いサービス『smetaクレジット』(https://smetacrezit.jp/
 
■リース株式会社 会社概要
設立:2018年9月13日
代表者:代表取締役 中道 康徳
本社所在地:東京都港新宿区西新宿7丁目9-16 西新宿メトロビル 6F
URL: https://rease.co.jp(コーポレートサイト)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リース株式会社 >
  3. 賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、株式会社ベンチャープロパティと業務提携し、スタートアップ向けオフィス移転を支援