三井住友信託銀行によるSecuritizeのプラットフォームを利用した証券化商品を裏付けとするセキュリティトークンの発行のお知らせ

証券化商品を裏付けとするセキュリティトークンは国内初

デジタル証券の発行・ライフサイクル管理プラットフォームを提供するSecuritize Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:ジェームス・エイチ・フィン、以下、Securitize)は、三井住友信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:橋本勝、以下、三井住友信託銀行)により、Securitizeのプラットフォームを利用した、国内初の証券化商品を裏付けとするセキュリティトークンを発行する試験的取組が行われたことをお知らせいたします。

■ 本取組の概要

今回の取組は、三井住友信託銀行が証券化商品を裏付けとする受益証券発行信託(※)を設定し、Securitize のプラットフォームを通じて、受益証券をセキュリティトークンの形態に転換した上で、自己私募により発行したものです。

■ 本取組の特徴
(1)国内初の証券化商品を裏付けとするセキュリティトークン

証券化商品を裏付けとしたセキュリティトークンの発行は国内初となります。なお、本件セキュリティトークンに対しては、株式会社格付投資情報センターより、「a-1」の格付が付与されており、セキュリティトークンに格付けが付与されることも日本初の事例となります。

(2)券面不発行の受益証券発行信託スキームを利用し、「電子記録移転有価証券表示権利等」に該当

通常、証券化商品を譲渡する際の権利移転手続きとして、民法に基づく対抗要件具備を必要とするケースや、証券化商品の有価証券の交付を必要とするケース等がありますが、本スキームでは受益証券発行信託を利用し、受益証券を不発行とした上でトークン化することで、権利移転時に、券面の交付を要さず、ブロックチェーン上の記録と受益証券発行信託の受益権原簿が書き換わることで投資家の権利移転が行える仕組みとなっています。

また、今回発行したセキュリティトークンは、金融商品取引業等に関する内閣府令第1条第4項第17号に規定される電子記録移転有価証券表示権利等に該当します。

(3)セキュリティトークンのライフサイクルを通じてSecuritize のプラットフォームの活用

本取組において、セキュリティトークンはSecuritizeのDSプロトコルを用いて発行されました。DSプロトコルとはセキュリティトークンの所有権および権利の移転を制御するプロトコルで、コンプライアンスに準拠した安全な取引を実現するものです。

投資家はSecuritizeの提供する投資家ダッシュボードを使って各種資料の閲覧や投資申込みを電子的に行い、ダッシュボードを通じてポートフォリオの確認をします。三井住友信託銀行は、管理者コントロールパネルを使って、投資家や受益権原簿、発行したセキュリティトークンを管理します。

このように、SecuritizeプラットフォームはSTOのライフサイクルをトータルでサポートする機能をSaaSとして提供可能であり、STOの実施において発行体・投資家に必要なシステムを迅速に構築できます。

■ 三井住友信託銀行株式会社 資産金融部長 尼寺啓人氏 のコメント
「今回、受益証券発行信託の特徴を活用し、証券化商品を裏付けとするセキュリティトークンを発行出来たことは、専業信託銀行ならではの新たな取組が出来たものと考えております。最新のデジタル技術と伝統的な信託機能を融合させることによる新商品の開発を積極的に推進し、変容するお客様のニーズに応えていきたいと思います。」

■ Securitize Japan株式会社 カントリーヘッド, ジャパン 小林英至のコメント
「今回、電子記録移転有価証券表示権利等該当、格付け付きの証券化商品STOという、日本のSTOにおけるマイルストーンとなる案件をお手伝いできたことに大きな意義を感じております。今後これを第一歩として、日本のSTO市場発展に向けた、更なる協業関係を進めていければ嬉しく思います。」

※ 受益証券発行信託とは、受益権を表示する有価証券(受益証券)を発行する信託の類型です。委託者から拠出された信託財産を信託受託者が管理し、信託財産からの収益や信託財産を受領する権利等(受益権)を、受益証券という形にして発行します。

■三井住友信託銀行株式会社 概要
会社名               :三井住友信託銀行株式会社
所在地               :東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
代表者               :取締役社長 橋本 勝
事業内容            :個人トータルソリューション事業、法人トータルソリューション事業、法人アセットマネジメント事業、不動産事業、受託事業、証券代行事業、マーケット事業
設立年月            :1925年7月
ウェブサイト  :https://www.smtb.jp/

■Securitizeについて
Securitizeは発行から流通市場まで対応したブロックチェーン技術を活用したセキュリトークンソリューションを提供することで資本市場を再構築します。Securitizeのソリューションにより、投資家はコンプライアンスに準拠しながら、効率的で流動性の高い資本市場により容易にアクセスできるようになります。
Securitizeは、米国でSEC登録のトランスファーエージェントで、子会社のSecuritize Markets, LLCはSECおよびFINRA登録のブローカーディーラー/代替取引システム(ATS)提供業者です。

■Securitize Japan株式会社 概要
会社名               :Securitize Japan株式会社(セキュリタイズジャパン)
所在地               :東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー 6F
代表者               :代表取締役 ジェームス・エイチ・フィン
事業内容            :デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供
設立年月            :2018年9月
ウェブサイト  :https://www.securitize.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Securitize Japan株式会社 >
  3. 三井住友信託銀行によるSecuritizeのプラットフォームを利用した証券化商品を裏付けとするセキュリティトークンの発行のお知らせ