弁護士監修の国内No.1電子契約サービス「クラウドサイン」がSaaS型iPaaS「Anyflow」と連携

弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)の提供するWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」は、Anyflow株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO 坂本 蓮) が提供するSaaS型PaaS「Anyflow」と連携したことをお知らせします。本連携により、Anyflowに接続されている国内外のSaaSとクラウドサインの間でシームレスにデータ連携をすることが可能となります。

■Anyflowとクラウドサインの連携例
1. クラウドサインで契約締結後、Salesforceに登録されている取引のフェーズを自動的に「契約締結完了」にする
2. クラウドサインで締結した書類のPDFをGoogle Drive、Dropbox等に保存してバックアップを取る

コンセプトムービー:https://youtu.be/cWTT441azOA

■その他連携が可能なツール例
CRM/SFA: Salesforce, kintone
Chat: Slack, Chatwork
Office: Google G Suite(スプレッドシート等)
会計: freee
上記以外にも、順次国内外のSaaSの連携を進めております。

■料金・プロダクトURL
Anyflowは通常1ヶ月無料でトライアルをすることが可能ですが、クラウドサインとの連携に合わせ、クラウドサインの有料ユーザーに限りトライアルを1ヶ月延長いたします。SaaS型で提供しておりますので、すぐに使い始められます。
URL: https://anyflow.jp



■ クラウドサイン とは https://www.cloudsign.jp/
クラウドサインは「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため契約締結のスピード化を実現、郵送代・紙代・インク代、印紙代が不要なためコスト削減も可能です。契約書をクラウド上で一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを防ぎ、コンプライアンスの強化にもつながります。法律事務所から従業員数28,000人以上の金融機関、上場企業などにも利用されている業界No.1※のサービスです。
※電子契約サービス主要12社において、有償・無償を含む発注者側ベースでの利用登録社数(株)矢野経済研究所調べ 2019年7月末現在

■弁護士ドットコム株式会社について
本社  :東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
設立日 :2005年7月4日
資本金 : 436百万円(2018年6月現在)
代表者 :代表取締役会長 元榮 太一郎 (弁護士)、代表取締役社長 内田陽介
事業内容:「専⾨家をもっと⾝近に」を理念として、⼈々と専⾨家をつなぐポータルサイト「弁護⼠ドットコム」「ビジネスロイヤーズ」「税理⼠ドットコム」、Web 完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供。
URL  :https://corporate.bengo4.com

■Anyflow株式会社について
本社  :東京都目黒区駒場1-28-5
設立日 :2016年2月12日
代表者 :代表取締役CEO 坂本 蓮
URL  :https://anyflow.co.jp/about
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 弁護士ドットコム株式会社 >
  3. 弁護士監修の国内No.1電子契約サービス「クラウドサイン」がSaaS型iPaaS「Anyflow」と連携