現在という時代の〈生き難さ〉にとって、あのアーティストの意味とは?あの楽曲の意味とは?気鋭の文芸批評家と歌人の対談による、軽快かつ繊細なJ-POP論。『J-POPの現在 Ⅰ 〈生き難さ〉を超えて』

パレードブックスは、2019年12月20日(金)、『J-POPの現在 Ⅰ 〈生き難さ〉を超えて』(著者:川喜田八潮 、川喜田晶子)を全国の書店で発売しました。

椎名林檎、ゴールデンボンバー、上坂すみれ、YOSHIKI、HYDE、欅坂46、EXILE、三浦大知他、話題のアーティストや楽曲が多数登場。彼らの表現と時代の無意識がクロスする場所を読み解き、〈現在〉の直面する課題とその超克への道筋をスリリングに語り尽くす。


現在の〈生き難さ〉とは何か、それを超えるにはどうすればよいのか――?
そんなシンプルな問題意識を、J-POPの作品から考えた1冊が発売となりました。
ヒットしているJ-POPの作品の一部には、〈生き難さ〉の病理を精緻に吐き出し、超えようとする、優れた表現が多数認められます。それらの作品群を精確に批評することで、日々、目に見えない〈生き難さ〉を抱えながら苦闘している多くの人々、そして、心に沁みる楽曲によってかろうじて日常を支えている人々にとって、助けとなるような1冊になっています。
特に、ここ数年のJ-POPの作品には、時代の大きな変動を予感させるものが多く、それらは、純文学的な「書き言葉」の作品以上に、〈現在〉を鮮やかに象徴しています。2000年代、2010年代初めの楽曲に触れる場合も、その現在性を重視して批評しました。
紹介する楽曲については、〈現在〉という時代が抱えている課題を超えようとする純粋な衝迫とパワーが、どれだけ高精度で作品に込められているかで選びました。
それぞれを「独特の世界観」といった言い回しで片付けることなく、作品に即しながら、軽快・繊細に論じています。
  • 著者について
川喜田 八潮(かわきた やしお)
文芸評論家。1952年京都市生まれ。京都大学工学部中退。後、同志社大学文学部に編入学・卒業。駿台予備学校日本史科講師、成安造形大学特任助教授を歴任。1998年より2006年まで、文学・思想誌「星辰」を主宰。2016年に、川喜田晶子と共にブログ「星辰-Sei-shin-」を開設。批評文・書評など多数掲載。著書に『〈日常性〉のゆくえ―宮崎アニメを読む』(1992年 JICC出版局)、『脱〈虚体〉論―現在に蘇るドストエフスキー』(1996年 日本エディタースクール出版部)、『脱近代への架橋』(2002年 葦書房)。

川喜田 晶子(かわきた あきこ)
1963年和歌山市生まれ。京都大学文学部国語学国文学科卒業。霧芯館―KJ法教育・研修―主宰。川喜田八潮の父・川喜田二郎(文化人類学者)の創案したKJ法の普及活動を通じ、さまざまな現場の問題解決を支援するかたわら、歌人として短歌・文芸批評等執筆。成安造形大学、京都精華大学等で非常勤講師・特別講師を歴任。ブログ「星辰」に「〈生き難さ〉のアーカイブス~『詩を描く』若者たち~」「〈藤村操世代〉の憂鬱」等連載。

著者はともに、芸術系の大学で「詩」を解説する講義を担当。そこで、学生たちの「詩」作品にも触れることで、彼らの無意識のフィールドワークを積み上げてきました。無名の若者たちの無意識が、どれほどの不条理感や病理にさいなまれ、どれほど深刻な渇きを抱え込んでいるか、生々しく痛感。決して他人事では済まされない、〈生き難さ〉の感覚としてのリアリティーを感じたそうです。
第一線で活躍するアーティストたちの表現が、そういう若者たちの深い渇きに真にクロスし得ているのかどうか見極め、丁寧に批評した営みが本書です。
ことに、川喜田八潮の美大在職中の講義は、学生たちの絶大な支持を集めていました。「人間学」の講座において、戦後のサブカルチャー作品の数々や、近現代の作家や詩人たちの作品を対象としながら、縦横無尽に語る熱血講義は、アーティストを目指す、あるいはアーティスティックな資質を持ちながら人生を漕ぎ渡ってゆこうとする学生たちに、多大な影響を与えてきました。
その情熱的な講義を、素材をJ-POPに改めて、対談形式の書籍という形に転生させました。
 
  • 読者へのメッセージ
それぞれに思い入れや愛着を抱く楽曲・アーティストがあると思いますが、それらの楽曲の延長上に、どのような〈現在〉や〈近代〉の苦闘が潜んでいるかという、表現の奥ゆきについて、そしてそういう楽曲に魂をゆさぶられることの意味について、本書によって想いを巡らせていただけたらと思います。
また、多数の楽曲の歌詞をたっぷりと引用しているので、J-POPに特に関心が無くとも、それぞれの〈生き難さ〉と向き合う多くの人々に、その〈生き難さ〉の意味や、それを超える闘いの手触りを、感じとっていただきたいです。
  • 構成
「第一部 超越」が本書「Ⅰ」に収まっており、「第二部 愛」については「Ⅱ」に収める予定。

目次
まえがき
第一部 超越
#追いつめられている場所
 ■ゴールデンボンバー「やさしくしてね」
 ■上坂すみれ「POP TEAM EPIC」(アニメ『ポプテピピック』オープニングテーマ曲)
#無神論者の渇き
 ■HYDE「FAKE DIVINE」
#生命と虚無の振幅
 ■YOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」
 ■YOSHIKI feat.サラ・ブライトマン「Miracle」
#社会への抵抗のデザイン
 ■欅坂46「不協和音」「アンビバレント」
 ■AKB48「NO WAY MAN」
 ■SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)「Death Disco」
#理性と本能
 ■B’z「Still Alive」
 ■EXILE「Heads or Tails」
 ■三浦大知「Be Myself」
#ニーチェ的解放のかたち
 ■椎名林檎「おとなの掟」「人生は夢だらけ」「獣ゆく細道」
#すべて(=奇跡)を信じて
 ■GACKT「OASIS」
#たたかう力をくれ
 ■Superfly「黒い雫」「Beautiful」「Force」
  • 書籍情報
J-POPの現在I〈生き難さ〉を超えて
著者:川喜田八潮 、川喜田晶子 
出版社:パレード
発売日:2019年12月20日
ISBN:978-4-434-26846-5
仕様:四六判/並製/222ページ
価格:1,500円+税
Parade Books:https://books.parade.co.jp/category/genre03/978-4-434-26846-5.html
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4434268465/
 
  • 出版社情報

パレードブックスについて
母体である株式会社パレードはデザイン制作会社。プロの技術と知識により、優れたデザインと高い品質であなたの本づくり&出版をトータルサポートします。

パレードブックスの自費出版
URL:https://www.p-press.jp
TEL:0120-123455
Mail:paradebooks@parade.co.jp

パレードブックスの書籍紹介
URL:https://books.parade.co.jp

【会社概要】
商号:株式会社パレード
大阪本社:大阪府大阪市北区天満2-7-12
東京支社:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-7
代表取締役:原田直紀
設立:1987年10月20日
資本金:4000万円
事業内容:広告企画・アートディレクション、グラフィックデザイン全般、Webサイト企画・制作、出版事業『パレードブックス』
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パレード >
  3. 現在という時代の〈生き難さ〉にとって、あのアーティストの意味とは?あの楽曲の意味とは?気鋭の文芸批評家と歌人の対談による、軽快かつ繊細なJ-POP論。『J-POPの現在 Ⅰ 〈生き難さ〉を超えて』