宿泊施設の第三者認証制度「サクラクオリティ」への参加について

埼玉県物産観光の安全・安心の確立に向け、宿泊施設の第三者認証を導入

一般社団法人埼玉県物産観光協会(会長:松本邦義)は、埼玉県物産観光の安全・安心のブランドイメージの確立に向け、2020年9月11日、宿泊施設の第三者認証制度「サクラクオリティ」を運営する一般社団法人観光品質認証協会(代表理事:川藤 等)と覚書を締結します。

 サクラクオリティとは、一般社団法人観光品質認証協会(以下「運営団体」)が運営する、地域と一体となった取り組みを重視し且つ実践している宿泊施設の中で、安全性を具備し、十分な安心感を提供する宿泊施設に認証を付与する制度です。
 運営団体によると、埼玉県のようにすでにDMO(観光庁が登録する観光地域づくり法人)が存在する地域の宿泊施設は、DMOを通じて運営団体に申し込み、DMOが運営団体の協力を得て品質認証調査を実施する形態となっています。
 当会としては、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、旅行者の安全・安心に対する関心が高まる中、埼玉県全域の宿泊事業者の取り組みを第三者認証の形で確認し、マークの付与の形で旅行者にわかりやすい形でお示しすることで、埼玉県物産観光の安全・安心ブランドイメージを確立したいと考えております。

 詳しくは下記リンク先をご参照ください。

https://chocotabi-saitama.jp/topics/17905?back=1

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人埼玉県物産観光協会 >
  3. 宿泊施設の第三者認証制度「サクラクオリティ」への参加について