EASL、今年10月に初開催するホームアンドアウェイ形式トーナメント EASL 2022-23シーズン グループ分け抽選会を開催

「グループA」に琉球ゴールデンキングス、「グループB」に宇都宮ブレックスが決定 賞金約100万ドルとアジア王者の称号を目指しグループステージに挑む

アジア最高峰のバスケットボールリーグ「東アジアスーパーリーグ」(East Asia Super League、以下「EASL」)は、2022年6月28日(火)にフィリピン・マニラにてEASL 2022-23シーズンのグループ分け抽選会を開催し、今年10月から始まるホームアンドアウェイ形式のグループステージ対象8チームのグループ分けを発表しました。


EASL 2022-23シーズンは、日本の「B.LEAGUE」、韓国の「KBL」、フィリピンの「PBA」からそれぞれ前シーズンの優勝チームと準優勝チーム、チャイニーズ・タイペイの「P. LEAGUE+」の優勝チーム、及び新たに結成された中華圏を代表する「ベイエリアドラゴンズ」の合計8チームが参加します。B.LEAGUEからは、「B.LEAGUE 2021-22シーズン」 年間優勝チームである宇都宮ブレックスと、準優勝チームである琉球ゴールデンキングスの出場が決定しています。各グループステージを勝ち抜いた4チームは2023年3月から行われる「ファイナル4」に進出し、トーナメント方式で賞金約100万ドル(約1億円)とアジア王者の称号を争います。

本日開催されたグループ分け抽選会にて手に汗握るコイントスの結果、「グループA」にB.LEAGUEの準優勝チーム「琉球ゴールデンキングス」、KBLの準優勝チーム「安養KGC」、P. LEAGUE+の優勝チーム「富邦ブレーブス」、およびPBAの優勝チームが決定しました。「グループB」には、B.LEAGUEの優勝チーム「宇都宮ブレックス」、KBLの準優勝チーム「ソウルSKナイツ」、中華圏代表チームの「ベイエリアドラゴンズ」、およびPBAの準優勝チームが決定しました。

また、初となるシーズン開催に向けて、数々の受賞歴を持つ韓国人監督のジョン・H・リー氏が監督を努める全10話の長編シリーズのドキュメンタリー制作を開始しました。スタジオと共同で制作し、各市場のトッププレイヤー、監督・コーチ、幹部スタッフにインタビューを行います。

本日の宇都宮ブレックスと琉球ゴールデンキングスのトーナメント出場について、B.LEAGUE島田慎二チェアマンは以下の通りコメントしました。
「今回はこのような機会にお招きいただきありがとうございます。B.LEAGUEからは、宇都宮ブレックスと琉球ゴールデンキングスがシーズン1に出場します。私たちのチームは強いです。非常に強いです。宇都宮ブレックス、もしくは琉球ゴールデンキングスのEASLシーズン1初優勝を期待しています。」

韓国バスケットボールリーグ(KBL)のチームには、日本代表選手やオールスター選手など、実力者が揃っています。代表チームのスター選手であるビョン・ジュンヒョン選手は準優勝した安養KGCを率いて、EASLデビューを飾ります。ソウルSKナイツは、地元のスター選手であるキム・スンヒョン選手が2019年大会ぶりのEASLの試合に出場します。

チャイニーズ・タイペイのP. LEAGUE+は中華圏代表としてEASLに2シーズン連続優勝を果たした富邦ブレーブスを送り出します。

フィリピンバスケットボール協会(PBA)は、EASLのタイトル獲得に挑戦するため、トップチームのうち2チームを派遣する予定です。現在のPBAカンファレンスのチャンピオンと準チャンピオンは、現在開催中のフィリピンカップの終了時に決定されます。

新たに結成されたベイエリアドラゴンズは、中国の一流選手で構成されたチームであり、フィリピンPBAのゲストクラブとして、そしてEASLの中華圏代表として初年度シーズンを戦います。クラブは、元中国バスケットボール協会(CBA)のゼネラルマネージャーのリュウ・チュアンシン氏が運営を担い、最近ではオーストラリア代表チームの歴史上唯一のオリンピックメダルを獲得した伝説のヘッドコーチであるブライアン・ゴージャン氏と契約しました。選手には、中国代表のリュウ・チュアンシ選手と香港の伝説的選手であるダンカン・リード選手が含まれており、最初のシーズンが始まる前に更なる発表が行われる予定です。

EASLシーズン1の開催に向けて、EASL CEOマット・ベイヤーは以下の通りコメントしております。
「EASLは、東アジアのハブとなり、FIBAやアジアのトップリーグに支えられたリーグとして、この地域における最高のクラブを集結させることを光栄に思っています。私たちの使命は、東アジアのプレミアバスケットボールリーグとなることであり、2025年までにファンベースと商業収入の面で世界のトップ3に入るというビジョンを持っています。」
 

  • 出場クラブイメージグラフィック 

(左:琉球ゴールデンキングス、右:宇都宮ブレックス)
 

  • 東アジアスーパーリーグ(EASL)について

2016年に設立された東アジアスーパーリーグ(EASL)のミッションは、アジアのプレミアバスケットボールリーグとして地域のスポーツを盛り上げていくことです。EASLは、バスケットボールの世界統括団体であるFIBAと10年間の独占契約を結び、FIBA Asiaの承認を得て運営を行う、地域初のプロバスケットボールリーグです。日本の「B.LEAGUE」、韓国の「KBL」、フィリピンの「PBA」からそれぞれ前シーズンの優勝チームと準優勝チームが出場、また中華圏からは、新たに結成された「ベイエリアドラゴンズ」とチャイニーズ・タイペイの「P. LEAGUE+」の優勝チームが出場します。8 チームが 4 チームずつの 2 つのグループに分かれて総当たり戦形式で対戦します。各チームは、2022 年 10 月から 2023 年 2 月までのグループステージ中に、ホームアンドアウェイで 6 試合ずつ戦い、毎回 水曜日の夜に EASL グループステージの合計 24 試合が行われます。各グループの上位 2 チームがファイ ナル 4 に進み、2023 年 3 月にEASL初優勝を目指し、トーナメント形式で戦います。

EASLは、香港に本社を置き、広州、マカオ、マニラ、ソウル、上海、台北、東京に拠点を置いています。東アジアスーパーリーグに関する情報はwww.easl.basketballをご覧ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Asia League Limited >
  3. EASL、今年10月に初開催するホームアンドアウェイ形式トーナメント EASL 2022-23シーズン グループ分け抽選会を開催