【女子学生が選ぶ2021年上半期トレンド大賞&下半期トレンド予測】「東京リベンジャーズ」「コムドット」「INI」などがランクイン!

若者に人気のワードを女子学生が徹底分析!上半期トレンド大賞には「呪術廻戦」「花束みたいな恋をした」、下半期トレンド予測には「板橋ハウス」「森兄弟」らが登場。

Z世代向けのサービス企画・コンサルティングやSNS運用代行を提供する株式会社ネオレア(本社:東京都渋谷区、代表取締役:戎 光璃)は、「2021年上半期トレンド大賞」と「2021年下半期トレンド予測」について、全国の中学生・高校生・大学生に対してアンケート調査を行いました。上半期トレンド大賞では、前回調査時も注目されていた「なにわ男子」や「呪術廻戦」がランクイン。下半期トレンド予測では、大人気漫画「東京卍リベンジャーズ」や人気YouTuberの「森兄弟」「ウチら三姉妹」などがランクインしました。

■調査背景
常に移り変わっていく若者のトレンド。現代のトレンドを作り続けていく若者の心を掴むことは、今後より重要になっていきます。そこで株式会社ネオレアは、2019年、2020年に続きトレンド大賞とトレンド予測を2,128人の中・高・大学生に向けて調査しました。
調査結果をもとに、現役女子学生であるネオレアメンバーで「2021年上半期トレンド大賞&下半期トレンド予測」を作成しました。

■調査概要
調査対象:全国の中学生・高校生・大学生
調査期間:2021年6月
調査方法:フォームによるアンケート調査
調査人数:2,128人

■調査結果のサマリー
上半期トレンド大賞:
「コムドット」「呪術廻戦」「花束みたいな恋をした」「キラキラエフェクト」「はにゃ?」など
下半期トレンド予測:
「東京卍リベンジャーズ」「INI」「板橋ハウス」「ノメルズ ハードレモネード」「森兄弟」など
 
  • 【2021年上半期トレンド大賞】


1位:コムドット
今年2月にチャンネル登録者数100万人を達成し、そのわずか4ヶ月後の6月には200万人を達成という今もっとも勢いのあるYouTuberグループ。”地元ノリを全国へ”をテーマに活動する5人組。ゆうたをはじめとするメンバーのファッションも注目されており、参考にする若者が急増中!メンバーの仲の良さや、仲間に入りたくなるような企画力の高い動画で男女どちらからも支持を得ています。昨年2020年には宣戦布告ツイートでも話題になりました。

2位:呪術廻戦
集英社が発行する雑誌『週刊少年ジャンプ』で2018年3月から連載開始した、人間が抱く負の感情から生み出された「呪い」と、それを祓うべく戦う「呪術師」の物語。デジタル版を含めたコミックス累計発行部数は5000万部を突破し、異例の大ヒットを遂げています(2021年6月時点)。2020年秋にはテレビアニメ化もされ、2021年冬には『劇場版 呪術廻戦 0』の公開も予定されているとか。今後も目が離せません!

3位:花束みたいな恋をした
菅田将暉、有村架純がW主演を務める恋愛映画。一組のカップルが20代の5年間を共に過ごす、ありふれた物語をリアルに描いています。脚本は「カルテット」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」など多くの人気連続ドラマを手掛けた坂元裕二氏。作品なのにあまりにリアルで、自分に重ねちゃう人が続出したとか。

4位:インスタのキラキラエフェクト
Instagramのストーリーで使用できるエフェクトで、使うと顔全体がキラキラのパックで覆われる。犬や猫耳、頭の上を蝶が舞うverもあり、さまざまな種類があります。人気になった理由は「誰でも盛れる」レベルの補正力。珍しい見た目もあり、上半期に瞬く間に流行りました。

5位:はにゃ?
とぼける時や疑問を持った際に使う言葉。YouTuber/モノマネタレントの丸山礼さんが、美術部部長「井上千晶」キャラを演じる際によく口にする言葉でもあり、去年末からどんどん流行り今年大流行したワードです。

6位:うっせえわ
2020年10月にメジャーデビューした、18歳の女性シンガーAdo(アド)による楽曲。デビュー当時はなんと女子高生で、歌詞の特異さだけでなくその歌唱力も話題になりました。TikTokの人気音源にもなっており、中高生を中心に絶大な人気をほこっています。尾崎豊の名作、『15の夜』のオマージュとなっているのではと話題にもなり、注目を集めました。

7位:なにわ男子
関西ジャニーズJr.の7人組グループ、なにわ男子。ドラマやバラエティ、CMなど、デビュー前からメディアに引っ張りだこの彼らは、実はまだデビューしていないんです。関西ジャニーズには珍しい「王道アイドル」に、引き続き目が離せません!

8位:ドライフラワー
シンガーソングライター・優里がメジャー2作目の配信限定シングルとして2020年10月にリリースしたのが、ドライフラワーです。株式会社エクシングが発表した「2021年JOYSOUND カラオケ上半期ランキング」ではなんと堂々の1位。人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演したことにより、人気が爆発しました。

9位:推しグラス
おうちカフェ・おうち居酒屋を楽しむためのアイテムのひとつとして、TokTokから人気になった推しグラス。好きな有名人の名前や推しのキャラクターの名前を透明なフィルムに書き、それをグラスに貼るだけというシンプルさから作る若者が増えています。ライブになかなか行けない状況の中でもオタ活を楽しむためのアイテムとして重宝されています。

10位:佐伯ポインティ
視聴者から投稿された猥談を紹介するYouTubeチャンネル「佐伯ポインティのwaidanTV」がTikTokでバズり大人気に。ポインティさんの愛嬌のある表情と鋭いコメント、大きなリアクションがあることにより「エロ」をポップに楽しむことができるチャンネルです。どんなネタにも対応できる豊富な知識とボキャブラリーも人気の秘訣。本業は「株式会社ポインティ」の社長で「日常的で、違法でない、心を動かすエロ」を楽しむ事業を行っています。面白く性愛の話をするのではなくHPVワクチンを自らうちにいったりと若者の性に対しての価値創造にも繋がっています。
 
  • 【2021年下半期トレンド予測】


1位:東京卍リベンジャーズ
講談社が運営する『週刊少年マガジン』にて2017年13号から連載中の漫画。フリーターで落ちこぼれていた主人公が、大切な人の運命を変えるために12年前にタイムリープするお話。現在テレビアニメ化もされており、2021年7月には北村匠海、吉沢亮らが出演し映画化されます。2021年下半期のトレンドには欠かせない存在となるでしょう。

2位:INI
男性11人から成るアイドルグループ「INI(アイエヌアイ)」。彼らは視聴者の投票でデビューが決まるサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』からデビューしました。全国各地から集まった練習生はなんと101人。そこからボーカル、ダンス、ラップなどの厳しい審査を経て11人にまで絞られました。2021年6月13日にメンバーが決まったばかりにもかかわらず、さっそく話題沸騰。下半期のトレンドに入ること間違いなし!

3位:板橋ハウス
男性3人でルームシェアをしながらSNSを中心に大喜利やドッキリをアップしている彼らは、全員それぞれ別のコンビを組んでいるお笑い芸人。TikTokは、約50万人フォロワーと驚異のスピードで伸びています。板橋ハウスでしか味わえない癖のあるお笑いがじわじわと人気に。

4位:ノメルズ ハードレモネード
コカ・コーラから檸檬堂に続くアルコール飲料が6月21日に発売されました。前作の檸檬堂は大学生をはじめ若者から多くの支持を得ています。今回の「ノメルズ ハードレモネード」は、目を引くおしゃれなデザインのため女子学生を中心に人気が出るのではないでしょうか。家飲みが主流のなかで大学生の定番アルコール飲料になると予想します。

5位:森兄弟
もーりーとしゅーとのリアル兄弟の2人。天然キャラや兄弟の仲の良さがTikTokを中心に大人気。TikTokでは140万人以上のフォロワーを誇っています。兄弟揃ってビジュアルのかっこよさやダンスや歌が上手いこと、マジックができるギャップに加えて、極め付きに超がつく天然キャラクターで愛され力が高い彼らは、下半期にはもっとトレンドになるでしょう。

6位:ウチら3姉妹
イケメン担当のこま、かわいい担当のゆら、オカマ担当のとうあで結成されている、現役高校生YouTuber。動画投稿開始からわずか1年足らずで、登録者数はなんと32万人。主に中高生を中心として、同世代に絶大な人気をほこっています。とうあの定番挨拶、「おはようでやんすっ!」も人気ワードとして注目です!

7位:7ORDER
2021年メジャーデビューした7人組の男性ユニット。ダンスや歌に限らずバンド形式の楽曲などもある人気グループです。さらに、演劇・アート・ファッションなどパフォーマンスに限らず幅広いエンターテイメント活動を行っています。ファストフード店とコラボした際は連日行列ができる人気ぶり。メジャーデビューしてますます勢いが止まらないでしょう。

8位:サーティーワンアイスアレンジ
サーティワンアイスクリームから販売されているバラエティパックを使い、かわいいローソクをさしてケーキ風にするアレンジが大人気。上半期から人気が出始めていたが、夏に向けてさらなる盛り上がりを見せるでしょう。

9位:デコ銃
女子高生発祥の学校イベントを盛り上げる新アイテム!これまでにもうちわやメガホンなど様々なデコアイテムが流行してきたが2021年はデコ銃の予感。既にインスタ投稿は1000件以上だが、文化祭や体育祭シーズンの秋にさらなるブームになるのではないでしょうか。

10位:ばんばんざい
男性1名、女性2名で構成されているYouTuberグループ。それぞれインフルエンサーとして活動していた3人がSNSを通じてグループを結成し2019年3月から活動をスタートしています。検証やドッキリ、大食いなど様々な動画をあげていますが、歌ってみた動画がTikTokを通じ話題に!2021年夏のTDCに出演が決定しているなど今後さらに人気になること間違いなし!
 
  • 株式会社ネオレアについて
株式会社ネオレアは、Z世代をターゲットにした若者向けサービスの企画・コンサルティング会社です。1990年代後半~2000年生まれによる、Z世代のリアルで等身大のインサイトを活かした若者コンサルを行います。
若者が求めていることを企業様に提案する「若者の翻訳者」の役割を担い、若者ゴコロをしっかりと掴めるサービス作りの支援をします。​

■サービス内容
・Z世代を中心とした企画やコンサルティング
・InstagramやTwitterを中心としたSNS運用代行
・若年層向けのインフルエンサーマーケティング
・若者をもっと知る勉強会の開催
・イベント企画や制作
・若年層へのヒアリング集客やアンケート調査

若年層に向けた新規事業企画ニーズのある企業様、若年層へのマーケティングニーズのある企業様、女性活用ニーズのある企業様とご一緒させていただきたいと思っております。
「今回のプレスリリースのお話をもっと聞きたい!」「SNS運用について悩んでいる」「若者のリアルな意見を聞いてサービスを作りたい!」など、弊社でお力になれることがありましたら、お気軽にHPからお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。
株式会社ネオレアのHPはこちら:https://neorare.jp/

■主な取引先
・フリュー株式会社
・株式会社リクルート
・株式会社ミクシィ
・ユニバーサル ミュージック合同会社 
など

Twitter: https://twitter.com/neorare_
若者ラジオ:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000048437.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネオレア >
  3. 【女子学生が選ぶ2021年上半期トレンド大賞&下半期トレンド予測】「東京リベンジャーズ」「コムドット」「INI」などがランクイン!