MediaMonks が日本マーケットにおけるコンテンツ・データ・デジタルメディアの end-to-end サービス強化を発表

ブランド・イノベーターである青木貴志が MediaMonks Japan のリードへ、 姉妹会社の MightyHive のカントリー・マネージャー松崎亮とともにグループの日本ビジネス拡大を目指す

デジタルクリエイティブのリーディングカンパニーである MediaMonks (日本支社 - MediaMonks Tokyo合同会社、所在地:東京都渋谷区、本社 CEO 兼日本オフィス代表:Victor Knaap)は、このたび日本担当マネージング・ディレクターとして青木貴志が就任したことを発表しました。Mondelez や Google、Red Bull、LinkedIn といったグローバルクライアントを含め、加速するデジタルコンテンツ変革の日本市場での定着を目指し、青木は日本事業の統括と拡大に取り組んでいきます。

青木は、20年以上のエージェンシーにおける経験を持ち、直近では Saatchi & Saatchi Tokyo の General Manager として Publicis Group の日本のビジネスを牽引、それ以前は J. Walter Thompson Worldwide にて Head of Brand and Innovation として従事してまいりました。MediaMonks では、Google のマーケティング・テクノロジー部門出身の松崎亮がリードする姉妹会社 MightyHive とともに、マーティン・ソレル卿率いる S4 Capital グループの提供する「コンテンツ・データ・デジタルメディア」の3本柱における新しい end-to-end のマーケティングサービスを日本のクライアントへ提供すべくコンテンツ部門を牽引してまいります。

MediaMonks の CEO である Victor Knaap は、は次のように述べています。「我々は、青木を日本のマネージング・ディレクターに任命したことを非常に喜んでいます。メジャーなブランドに対する彼の日本市場での実績は我々の現在までの成長の軌跡と日本における未来へのプランに完全に一致します。誰もが知っているように日本は常にクリエイティビティとイノベーションが生まれる場所で、青木とチームがそれをさらに盛り上げることを期待しています。」

S4Capitalについて
S4 Capital plc (SFOR.L) は 2018 年にマーティン・ソレル卿 (Sir Martin Sorrell) によって設立された次世代のデジタル広告・マーケティングサービス会社です。AdAge の A リスト評価を受けているデジタルコンテンツプロダクションカンパニーの MediaMonks、また新世代のデータとデジタルメディアソリューションを展開する MightyHive を含む 22 社が合併され、グループ会社は北南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、およびアジア太平洋地域の 31 カ国に 5,500 人のタレントを有しており、1年ほどで FTSE (ロンドン証券市場における指数)でも トップ 150 に入るマーケティング/広告業界におけるユニークなユニコーン企業に成長しました。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MightyHive >
  3. MediaMonks が日本マーケットにおけるコンテンツ・データ・デジタルメディアの end-to-end サービス強化を発表