戦後最悪ともいえる日韓関係。「その原因は日本ではなく、従北左翼の文在寅政権と韓国内の反日主義である」と元韓国陸軍大佐が魂の告発!『元韓国陸軍大佐の反日への最後通告』刊行。

日韓両国でベストセラーとなった李栄薫著『反日種族主義』(文藝春秋刊)にも決して劣らない衝撃の書。

株式会社ハート出版(本社:東京都豊島区池袋 代表取締役:日高裕明)は、池萬元著『元韓国陸軍大佐の反日への最後通告』を発売。


現在の日韓関係は戦後最悪と言っても過言ではない。その世相を反映してか、日韓両国で李栄薫著『反日種族主義』がベストセラーになったが、本書はそれに劣らぬ衝撃の内容となっている。
著者の池萬元氏は元韓国陸軍大佐にして、米国ではMBAを取得し、米海軍大学院で教壇に立つなど、軍人であるとともに学者としても高名な存在である。
氏は、金大中政権以降、左傾化する母国に危機感を抱き、自由主義を堅持する立場から言論活動を開始。特に、韓国では「民主化革命の象徴的事件」と讃美されている光州事件について、実際は恐るべき「北朝鮮による武装革命事件」だったことを数多の資料をもって暴露したことで従北政権に睨まれ、百件を超える訴訟、賠償請求、暴力、投獄など度重なる弾圧を受けることになったが、それにも屈せず、三十冊あまりの著書を刊行。本書はその集大成ともいえるものである。
本書の原題は『朝鮮と日本』だが、歴史上朝鮮(韓国も含む)にとって日本がどれだけ重要な存在であるか、豊富な資料を引用し説明している。例えば本文に「近代化によって築き上げた自分たちの財産をすべて朝鮮につぎ込んで手ぶらで帰って行ったのが日本だった。この世界において、ある国がある国にこれほど価値ある遺産を譲ってくれた国が日本以外どこにあるのか著者は知らない」とあるように、日本統治時代に朝鮮にもたらされたインフラの価値を最大限に評価するとともに、それを捏造して「日帝三十六年」と批判する現在の韓国人の態度に対し悲嘆と呆れを隠さない。
それも含め、現在韓国人がどれだけ「嘘の歴史」を教えられているか、李氏朝鮮当時の外国人、内国人の証言と当時の写真から論説している。

 

 



ビジネス界にも明るい池氏は、松下幸之助や盛田昭夫など日本人の著名起業家の話を通じて、「日本は学ぶことの多い国」と評価している。
池氏は、北朝鮮におもねった「反日」を今すぐやめ、真実の歴史を知り、韓国が本来立つべき自由主義に立ち返るよう願って本書を執筆した。本書はあくまでも韓国人向けに書かれたものだが、反日に対抗して簡単に「日韓断交」を唱える日本人にもぜひ読んでいただきたい一冊。


【書籍情報】
書名:元韓国陸軍大佐の反日への最後通告
著者:池萬元
訳者:崔鶴山、山田智子、B.J
解説:佐伯浩明
仕様:四六並製・312ページ
ISBN:978-4802400923
発売:2020.04.13
本体:1800円(税別)
発行:ハート出版
商品URL:http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-8024-0092-3.html

 

【著者】池萬元(チ・マンウォン)
1942年生まれ。江原道出身。韓国陸軍士官学校第22期卒業(1966年)、経営学修士(1975年 アメリカ合衆国海軍大学院)、システム工学博士(1980年 アメリカ合衆国海軍大学院)、ベトナム戦争出征(作戦将校)、国防情報本部海外情報募集将校、国防企画計画予算制度導入研究員、国防研究員責任研究委員、陸軍予備役大佐(1987年)、アメリカ合衆国海軍大学副教授(1987-89年)、社会発展システム研究所長、ソウル市市政改革委員(1998-99年)、国家安保政策研究所諮問委員(1998-99年)、現在システムクラブ代表、評論家。
邦訳書『北朝鮮の「核」を読む』(1994、三一書房)、北朝鮮―韓国からの極秘レポート』(1999、ビジネス社)、『北朝鮮と永久分断せよ』(1999、徳間書店)、『韓国号の沈没―韓国社会の深層分析』(共著) (2002、芦書房)をはじめ、未邦訳書多数。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハート出版 >
  3. 戦後最悪ともいえる日韓関係。「その原因は日本ではなく、従北左翼の文在寅政権と韓国内の反日主義である」と元韓国陸軍大佐が魂の告発!『元韓国陸軍大佐の反日への最後通告』刊行。