日本初 ステーブルコイン決済の賃貸借契約を締結

株式会社Zofukuは(東京都渋谷区)は、不動産賃貸における家賃や敷金等を暗号資産(ステーブルコイン)決済の賃貸借契約を締結しました。Binance Smart ChainやPolygonなど様々なネットワークに対応し、送金手数料は非常に安価です。今後、不動産仲介・不動産取引に関して、暗号資産保有者向けのサービスを提供いたします。

 


株式会社Zofukuは、日本国内で初めて、暗号資産支払いによる賃貸借契約を締結しました。賃貸物件における敷金及び家賃の支払いを、ドル建てステーブルコインUSDTにて決済完了しました。送金は、世界最大の暗号資産取引所が開発したパブリック型ブロックチェーンである、Binance Smart Chain(バイナンス・スマート・チェーン)上で完了しています。

決済は、主にステーブルコインでおこなわれます。
✔︎ 賃貸物件ごとに決済ウォレットを生成
✔︎ 対応ネットワーク:ERC20 (Ethereum), BEP20 (Binance Smart Chain), Polygon (Matic)
✔︎ 主な対応通貨:USDT, USDC, BUSD, DAI, JPYC

【メリット】
✔︎ 借主は24時間送金が可能
✔︎ 銀行振込手数料に比べて安価
✔︎ いつでもブロックチェーン上で支払いを確認可能
Binance Smart ChainやMaticネットワークに対応することで、送金手数料を比較的抑えることができます。今後、Solanaなどのブロックチェーンに対応する予定です。

売買契約書とBinance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)のUSDT送金 MetaMask画面


【取引の流れ】

  1. 賃貸物件を探す(当社もお手伝いできます)
  2. 内見(オンライン内見)
  3. 賃貸の申し込み
  4. 重要事項説明、賃貸借契約
  5. 決済(仲介手数料、敷金・家賃など)
  6. 物件ごとのウォレットで賃貸借管理

【Q&A】
Q. ステーブルコイン以外でも家賃を払えますか?
A. 可能です。ビットコインやイーサリアム決済の場合、ステーブルコインに比べて価格変動リスクがございます。送金中、決済中に価格が変わってしまうことが予測されるため、可能な限りステーブルコインをお勧めしています。

Q.  賃貸借契約もブロックチェーンで可能ですか?
A. 一般的な賃貸と同様の手続きとなります。賃貸物件の仲介の場合、宅建業法に従い、媒介契約書、重要事項説明書、賃貸借契約書は書面にて発行いたします。電子署名を活用できる場面では、できるだけ電子署名を取り入れております。また、当社がオーナーである物件やサブリース契約の物件に関しては、宅建業法は適応されませんので、全てデジタルでの契約が可能です。

Q. 決済はどのように行いますか?
A. 賃貸契約、物件ごとにウォレットを作成いたします。賃貸中の振込先アドレスは変わりません。

Q. 取扱のエリアはありますか?
A. 1都3県エリアを中心としています。その他の地域に関しては、ご相談ください。


株式会社Zofuku
東京都渋谷区恵比寿西1-36-2 THE CONOE代官山401
Website: https://zofuku.com/
Twitter: https://twitter.com/zofuku
Facebook: https://www.facebook.com/zofukuinc
Telegram: https://t.me/zofuku
Discord: https://discord.com/invite/CWrrDr8XCx
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Zofuku >
  3. 日本初 ステーブルコイン決済の賃貸借契約を締結