24時間で針が一周するフランス生まれの時計『24H Watch』 プロジェクト目標支援金額の3200%を達成! 7月30日までの限定価格となります。

パイロットや宇宙飛行士、医療関係者などに愛された「タイムマネジメント」を可視化する時計

6月25日より開始した『24h Watch』プロジェクト(https://camp-fire.jp/projects/view/293597)が目標支援金額の3200%に到達しました。
時間の経過を瞬時に確認できるこの『24H Watch』を身につけることで「タイムマネジメント」を可視化することが可能。
プロジェクトは残りあと僅か。7月30日の23時59分までの限定価格をお見逃しなく。
クラウドファンディングプロジェクトの状況
6月25日の午前10:00に開始、約1か月の間に320万円以上の支援が集まりました。
プロジェクトは7月30日の23時59分までとなります。(https://camp-fire.jp/projects/view/293597)

フランス発の24時間表示の腕時計
時計のムーブメントはスイスロンダ社製(Ronda 515 single-needle , 24hours)を採用。製作はフランス・ブザンソンにある製造所にて行われます。
コロナの影響により、この製造所もフランス政府による外出禁止令により数か月間の稼働停止を余儀なくされました。現在は稼働を再開し生産体制が元通りになりました。


過ぎた時間と残りの時間が一目瞭然
一般的な時計と違って針は1本、文字盤は24時間。
一番大きなメリットは1日24時間を“見える化”できること。
24時間の文字盤を目にして自分の視野が広がるような感覚があります。

 

昼夜の区別がない職種の方へ
アメリカでは24時間表示を「ミリタリータイム」と呼びます。
もちろん、昼夜を問わず任務にあたるのは、軍隊だけではありません。
パイロット、医療関係者、警察官、消防士…
昼夜の区別なく働く方が、一目見て今の時間を把握できます。 


時間管理が苦手な人へ
1本しか針がないと聞いて、「最初は使いこなせるかな?」と疑問うことでしょう。
しかし、実際に利用すると、時間を意識して動くための意識改革につながることを認識します。
分単位で時間を確認しにくいデメリットはあっても、新たな気づきが得られる時計となることでしょう。


『24H Watch』は現在、Campfire (machi-ya)でクラウドファンディング実施中
一般販売予定価格 24,000円のところ、お得な割引価格(消費税、送料込み)で支援が可能。
ダイヤルとベルトの色は自由にお選びいただけます。
(https://camp-fire.jp/projects/view/293597)



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Shop MakiMaki >
  3. 24時間で針が一周するフランス生まれの時計『24H Watch』 プロジェクト目標支援金額の3200%を達成! 7月30日までの限定価格となります。