+A独自開発システム「+Hub」正式リリース

~多様な物流ロボットの連携を手軽に簡単に~

物流ロボットのサブスクリプションサービス「RaaS※」(Robotics as a Service)並びに販売を展開するプラスオートメーション株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:飯間 卓、以下「+A」)は、ロボットをはじめとする多様な物流施設内機器の連携を可能とする独自開発システム「+Hub」を正式にリリースします。
「+Hub」とは、日本全国で1,000台以上が稼働中のt-Sortシリーズを中心としたAGV、自律走行ロボットと呼ばれるAMR等の多様なロボット、デバイス、アプリケーション、設備等の結節点という意味で名付けられました。「+Hub」を通じた各種機器の連携を実現していくことは、物流業界の自動化、特にロボティクス化促進による高度化には必要不可欠です。「+Hub」はオンプレミスとクラウドの両方に対応しており、クラウド版では物流現場における重要情報の蓄積・可視化・分析を可能とするBIツールを充実させ、お客様の物流現場と本社とが一体となって課題解決を促進するための結節点となっていくことも目指します。
 

「+Hub」概念図。AGV、AMR、その他の連携を手軽に簡単に。データの蓄積、可視化、分析までサポート「+Hub」概念図。AGV、AMR、その他の連携を手軽に簡単に。データの蓄積、可視化、分析までサポート


「+Hub」は主に簡単操作、早期導入、月額定額の3つの特徴を持ちます。製品化にあたっては、+Aのロボット運用、倉庫オペレーション、及びITシステム開発の知見を結集してシステム要求・要件の詳細化を進め、手軽に簡単に物流現場の自動化を可能としました。その他概要は以下URLをご覧ください。
■「+Hub」概要:https://page.plus-automation.com/plus-hub
 


 +Aは「+Hub」を活用したRaaS・販売サービスを提供することで、物流全体の高度化に貢献します。

 以上

ロボット動画はこちら:https://www.youtube.com/channel/UCdaoYpp_PAzy3Es8Mejq2oA/videos

 

 


<プラスオートメーション株式会社について https://plus-automation.com

2019年設立、三井物産、日本GLP、豊田自動織機の3社を株主として、「次代のロジスティクスを共に創る。」という共通のビジョンと多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集っています。東京都品川区のデモ兼R&Dスペース「cube」では日々パートナー企業様と共同で研究開発を推進、お客様は実際に様々ロボットの見学や体験が可能です。
eコマース需要増大、販売のオムニチャネル化、人手不足、職場環境の変化等により、物流現場では自動化のニーズが益々高まっています。+Aでは高い機動力と柔軟性を維持しながら初期投資ゼロからのサブスクリプション型のロボットサービス「RaaS」を中心に、ロボットを始めとする自動化機器を物流業界全体で融通しながら活用していくことで業界全体を繋げ、物流ロボットシェアリングネットワークを構築することで、次代のロジスティクスを皆さまと共に創っていきます。 [ロゴ が含まれている画像 自動的に生成された説明]

(※)+AのRaaSとはロボットサービスを月額定額制のサブスクリプション型で提供するものです。初期費用はゼロ円から、導入も短期間で完了し、月額料金には導入前コンサルティング、システムインテグレーションを含む導入、ハードとソフトのレンタルやメンテナンス、導入後の改善、契約満了時の撤去までの全てを含む活用しやすいサービスです。オペレーションに最適なロボットシステムを企画・提案・運用出来ることに加え、ご要望に応じ一時的なロボット台数の増加や、お客様の成長ステージに合わせてスモールスタートから徐々に拡張していくことも可能です。このような高い柔軟性と機動力を持つことがRaaSの大きな特徴で、従来型の固定式マテリアルハンドリング機器の様々な課題が解決可能です。

本件に関する問い合わせ先:プラスオートメーション 山田
Email:info@plus-automation.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プラスオートメーション株式会社 >
  3. +A独自開発システム「+Hub」正式リリース