【プロ野球×農業】徳島インディゴソックス、農産物の購入が選手への応援になる「NPB挑戦を応援プロジェクト」の2022年第1弾を徳島県阿波市と共同で開始

自然豊かな阿波市で採れた「蜂蜜」と吉野川の水で仕込んだ本格米焼酎「阿波山田錦」を選手の直筆サイン入りキーホルダーとともに公式STORESにて販売!

阿波市と徳島インディゴソックス(株式会社パブリック・ベースボールクラブ徳島、代表取締役:南 啓介)は「阿波ベジファーストプロジェクト趣旨の実現を図る協定」の一環として、「NPB挑戦を応援プロジェクト」の2022年第1弾を実施いたします。
阿波市産野菜や果物を広く告知、販売するプロジェクトを共同で行い、この活動によって得た収益の一部を徳島インディゴソックスの選手活動費とさせていただきます。そのため、商品を購入していただくことが選手の応援、そして未来のNPBスター選手の輩出につながっていきます。第1弾のお申し込み期間は5月11日〜26日まで。※お届けは6月中旬を予定

■「NPB挑戦を応援プロジェクト」概要

「NPB挑戦を応援プロジェクト」は、阿波市と徳島インディゴソックスの「阿波ベジファーストプロジェクト趣旨の実現を図る協定」の一環として、昨年(2021年)から実施され、今年で2年目のプロジェクトになります。今年度に3回(春、夏、秋)実施します。昨年は大好評で全国の方に商品をご購入いただきました。特に昨年の第2弾は完売してしまったほど反響があり、「阿波市野菜(通称阿波ベジ)の魅力を多くの人にお届けできました。

さらに、こちらの収益の一部は選手の活動費とさせていただきます。そのため、ファンの方をはじめとする多くの方に「阿波ベジ」を楽しんでもらうことが選手の応援、そして未来のNPBスター選手の輩出につながります。

2022年第1弾お申し込み期間は5月11日〜5月26日まで。※お届けは2022年6月中旬を予定。

プロジェクトの詳細はこちらから↓↓↓
https://note.com/tokushima_indigo/n/ne3a465d4ae0a

■「阿波ベジ」とは
阿波市で採れたおいしい野菜(ベジタブル)の総称のこと。阿波市は、徳島県中央北部の吉野川北岸に位置し、気候は温暖で、山河に広がる美しい自然に恵まれています。また、吉野川中流に浮かぶ日本最大の川中島である善入寺島をはじめ、豊かな自然条件のもと、多様な形態で農産物が生産される県下一の農業地域です。農産物は、京阪神地域を中心とした大消費地に出荷され、新鮮で安全・安心な農産物の供給地となっています。

■選手からのコメント

武岡大聖 選手(キャプテン)
​お疲れ様です!
皆さん阿波ベジという野菜を知っていますか!?
僕の地元近隣の阿波市で作っている野菜のことです!
僕は野菜が好きでいつも食べますが阿波ベジは新鮮で、すごく美味しいです!
毎日元気に野球ができているのも、幼少の頃から食べていた阿波ベジのおかげです!
皆さんもぜひ阿波ベジを食べて元気になってください!

 

 

仲條温人 投手
はちみつを採取してみてとても貴重なものなんだなと思いました。
最初は蜂がいっぱいいてビックリしましたが慣れてくるにつれて楽しく感じてきました。
蜂の巣を持つという貴重な体験もさせて頂きました!
はちみつは体にいいと聞いたので皆さんも食べてみてください!
 

 

小林亜由良 投手
ふわっととした口溶けでとろける甘味と包み込まれるような上質な香りが格別です。
今までも蜂蜜が大好きでよく食べていましたが、この蜂蜜がダントツのNo.1でした。
もう自然と笑顔が溢れ出てきます。笑
純度の高い黄金色に輝く蜂蜜を贅沢に食べてみて下さい!
 



■販売する商品のご紹介

・はちみつ 500g【選手サイン入りキーホルダー付き】 価格3,500円(送料込み)



・はちみつ 500g×2本【選手サイン入りキーホルダー付き】 価格5,600円(送料込み)



・阿波山田錦1本【選手サイン入りキーホルダー付き】 価格3,500円(送料込み)



・阿波山田錦2本【選手サイン入りキーホルダー付き】 価格6,000円(送料込み)


プロジェクトの詳細はこちらから↓↓↓
https://note.com/tokushima_indigo/n/ne3a465d4ae0a



■阿波市農業振興課様 コメント

平成30年度に相互協定を締結し、「野球」と「野菜」を連携させた事業を展開することで、阿波市産野菜の認知度向上や健康的な食生活の推進などに加え、徳島インディゴソックス球団の新たなファン獲得などに取り組んでまいりました。今回のプロジェクトにより、本市の豊かな大地が育んだ農産物をはじめ、本市の魅力を発信するとともに、NPBへ挑戦している選手たちへの力強い応援につながればと考えています。


■徳島インディゴソックス球団代表 谷田成吾 コメント

「本年度も阿波市の魅力を発信する事業に関われる事を大変嬉しく思います。本プロジェクトが、阿波市産の農産物や阿波市の魅力を知る機会、徳島インディゴソックスを応援するきっかけとなることを願っております。今後も徳島インディゴソックス球団は阿波市様との相互協力を力に、様々なイベントを通して阿波市で採れたおいしい農産物「阿波ベジ」の魅力を知っていただき、野菜食文化を創造する取り組みを共に行ってまいります。」


■徳島インディゴソックスについて

徳島インディゴソックスは四国アイランドリーグplusに所属し、9年連続19人のNPB選手輩出実績を誇る育成力に強みがある独立リーグ球団です。「徳島から夢追う人を増やす」を球団ミッションに掲げ、野球界の発展と徳島県の地域活性化を実現するために活動しています。台湾、韓国、中国との野球を通じた文化交流を行い、徳島の魅力を様々な人が発信出来る環境整備に取り組んでいます。

球団ホームページ:https://indigo-socks.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 徳島インディゴソックス >
  3. 【プロ野球×農業】徳島インディゴソックス、農産物の購入が選手への応援になる「NPB挑戦を応援プロジェクト」の2022年第1弾を徳島県阿波市と共同で開始