ドローンをピンポイントで自動着陸させる「ATランディングシステム」を開発

RTK-GNSSを用い、低価格でドローンのピンポイント着陸を実現

株式会社アトラックラボ(埼玉県入間郡三芳町藤久保16-37 代表取締役 伊豆智幸 TEL 049-293-6138)は、地上に小型のRTK-GNSSの基地局を置くだけで、ドローンのピンポイント着陸を可能とするシステムを開発
「ATランディングシステム」は、小型の「着陸ベースボックス」を地上に置くだけで、ドローンをピンポイントで着陸させるシステムです。
地上に置くボックス(着陸ベースボックス)に、RTK-GNSSの基地局とコンパスが入っており、着陸ベースボックスに書かれている矢印方向5m先(距離は任意)に着陸させることができます。 基地局からドローンへGNSSの補正情報を送るRTKシステムとなっているので、RTK FIXの場合、十数センチ精度での着陸が可能となっています。 着陸位置は、着陸ベースボックス内のコンパスとGNSSから算出しているため、着陸地点に特別なマーカーなどを必要とせず、着陸ベースボックスを着陸させたい地点に矢印を向けて置くだけの簡単設置です。


ドローンが着陸地点に近づいた際に補正できれば良いので、ドローンと着陸ベースボックスは短距離通信で良いため、特別な無線免許も不要です。またRTKの補正も別途PCなども不要で、機体側のRTK-GNSS受信機、専用通信モジュール、着陸ベースボックスだけの構成となります。現在は、ArdupilotのCube用となっておりますが、他のシステムへのカスタマイズも対応しております。
 

 

【本件に関するお問合せ先】
株式会社アトラックラボ
メールアドレス:sales@attraclab.com
アトラックラボホームページ:http://attraclab.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アトラックラボ >
  3. ドローンをピンポイントで自動着陸させる「ATランディングシステム」を開発