今秋、福知山城で国内最大級のプロジェクションマッピングイベント開幕! 京都府アートフェスティバルの一環で、福知山エリアで2会場同時開催!

会期:10月8日(金)~11月7日(日)※金土日祝開催 会場:福知山城公園 ほか

 福知山イル未来と実行委員会は、京都府域展開アートフェスティバル「ALTERNATIVE KYOTO もうひとつの京都」の一環で、夜の福知山城を大規模なプロジェクションマッピングで彩る「福知山イル未来と2021」を10月8日(金)から11月7日(日)の週末に開催します。

  今年は、明智光秀が築いた福知山城のほか、かつて福知山城の一郭であった伯耆丸(ほうきまる)公園も幻想的な光の空間の舞台となります。手掛けるのは2018年から関わるアーティストの三谷正さん。福知山青年会議所、福知山公立大学の学生有志とプロジェクトチームを結成し、福知山の新時代を担う多くの市民と共に創り上げる、壮大なアートプロジェクトです。

昨年のイル未来との様子昨年のイル未来との様子

伯耆丸公園イメージ伯耆丸公園イメージ

 

 

  • 開催日・会場
〇タイトル
「福知山イル未来と2021」
京都府域展開アートフェスティバルALTERNATIVE KYOTO―もうひとつの京都―想像力という<資本>
(京都府域展開アートフェスティバルの一環で、福知山イル未来と2021を開催)

 〇会期
2021年10月8日(金)~11月7日(日)
※金土日祝のみ開催、11月4日(木)は臨時開催
※詳しくはALTERNATIVE KYOTO のHPをご覧ください。
https://alternative-kyoto.jp/exhibition/fukuchiyama/

 〇会場 (入場無料、事前予約制)
福知山城公園(18:00-21:00 最終受付は20:30) 住所:福知山市字内記一丁目(福知山駅徒歩15分)
伯耆丸公園(18:00-21:00 最終受付は20:30)   住所:福知山市岡ノ二町(福知山駅徒歩10分 福知山市役所裏)

 〇参加アーティスト
三谷正
【プロフィール】
pixelEngine代表
大量のプロジェクターやスピーカーを用いて歴史的、地形的なアプローチからユニークな(空間)を当該地域に立ち上げる。そのためのシステム設計、3DCG制作等も自ら行う。京都府下での活動に二条城や京都時代祭館、舞鶴赤レンガ倉庫群などがある。

〇作品コンセプト<抜粋>
数十台のプロジェクターとスピーカーを駆使し、伯耆丸、福知山城(130mの登城道/天守前の広場/裏手の石垣)、対峙するそれぞれの場所で新しい空間を立ち上がらせる。
(全文はALTERNATIVE KYOTO もうひとつの京都のHP)

 ▶「福知山イル未来と2021」のイメージ映像
https://www.youtube.com/watch?v=qzHYGqWE7es

 ▶イル未来と公式Instagram
https://instagram.com/fukuchiyama_illumilight/

 〇主催
福知山イル未来と実行委員会
(構成団体:福知山青年会議所、京都府、福知山市)

〇同時開催
京都府域展開アートフェスティバルの一環としてアーティストによる展覧会も開催します
会場:旧銀鈴ビル (10:00-17:00 最終受付は16:30)
   ※入場無料、事前予約なし
参加アーティスト:山中suplex
主催:京都文化力プロジェクト実行委員会
※会期や時間等は予告なく変更になる場合がございます。
※会期、時間、休館日、内容等、詳細についてはALTERNATIVE KYOTOのHPをご覧ください。
 https://alternative-kyoto.jp/
 
  • 市民が立ち上げる「福知山イル未来と」について

福知山青年会議所 足立聖忠さん福知山青年会議所 足立聖忠さん

 このライトアップイベント「福知山イル未来と」を主導するのは、今年度、福知山イル未来と実行委員長を務める、一般社団法人福知山青年会議所の足立聖忠さん。自動車関連会社経営との“二足のわらじ”で日々、地域活動に関わっています。
 足立さんが2018年から「福知山イル未来と」を始めたきっかけは、「観光資源として生かせていない夜の福知山城の魅力を最大化したい」という思いからでした。
 今年で4年目を迎える「福知山イル未来と2021」は、福知山城と向かい合う位置にある伯耆丸(ほうきまる)公園との2会場同時開催となり、全国最大級の規模となります。
 今回の「イル未来と」について足立さんは、
『昨年のコロナ禍でのイル未来とは多くの「今何ができるか」、「福知山を元気にしたい」という想いが集結する事業でした。今年は、イベントの規模も大きくなりながらもエリアを分けて密を避け、時間を分散させる工夫をしながら開催します。今年はポスターを貼りに市内を回ると「去年良かった」、「絶対行く」と認知もあがり、福知山に住む人にとっても秋の印象に残る事業になってきたように思います。福知山に住む人がほかの地域の人に自慢できる事業となるように今年も精一杯頑張ります』と話しています。

足立聖忠さんはまちづくりへの挑戦心をテーマにした福知山市のコンセプトムービーにも出演しています。
▶「福知山市コンセプトムービー明智光秀マインド」 (3:34~登場)
https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/site/promotion/32400.html


 また、今回は予約された全員に、メールにてデジタル御城印をプレゼント。開催期間中、福知山城公園受付付近でも販売します。
 この御城印は暗闇になると蓄光により青色に変わる仕掛けとなっています。

限定グッズ「光る御城印」限定グッズ「光る御城印」

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都府福知山市 >
  3. 今秋、福知山城で国内最大級のプロジェクションマッピングイベント開幕! 京都府アートフェスティバルの一環で、福知山エリアで2会場同時開催!