「もやしもん©講談社/石川雅之 × ICHI-GO-CAN®」コラボ・リターンズ!幻の日本酒一合缶®の再販決定!!

2022年7月8日より予約販売が解禁

日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®」を展開する株式会社Agnavi(CEO:玄成秀、本社:神奈川県茅ケ崎市)は、人気マンガ「もやしもん©石川雅之/講談社」とのコラボ企画第二弾にて、リピート購入希望率95%、準備した1.7万缶が即売した幻の一合缶、待望の再販が決定いたしました。
今回も農大に所縁のある醸造元で醸された、私たちが自信を持っておすすめする日本酒をお届けします!
■ 販売先URL:https://camp-fire.jp/projects/view/581293 
 

 
  • 概要
タイトル:農大所縁の酒蔵が集う。「もやしもん×一合缶」コラボ・リターンズ
予約販売期間:2022年7月8日(金)0:00~8月11日(木)23:59
販売先URL:https://camp-fire.jp/projects/view/581293 
■ 参加蔵元:天吹酒造様(佐賀県)・松岡醸造様(埼玉県)・三芳菊酒造様(徳島県)・鳴海酒造店様(青森県)

農業大学を舞台に描かれたマンガ「もやしもん」との第二弾コラボが実現し、昨年よりも種類豊富に、デザインもリニューアルした限定缶をお届けできることになりました。

今回の日本酒は4銘柄です。ご協力いただく4蔵元様は、日本酒プロジェクト2020(支援総額2622万円、協力:東京農業大学・国内大手リース会社、起案・事務局:Agnavi)の56蔵元に参加いただき、初回から賛同いただいております。いずれも農業大学と深い由縁がある酒蔵様です。
 
  • プロジェクトへの想い
​日本酒缶事業は、代表の玄が東京農大在学中の2021年1月から開始しました。最初の商品は前回のもやしもんとのプロジェクトで、これがすべての始まりです。

今回、この一年間の成果と今後の後押しをして頂きたく、再度プロジェクトを立ち上げました。現在、一合缶プロジェクトには30蔵様にご協力いただき、年末には100蔵元になります。
また、2022年6月より、年間数百万本を生産できる充填設備を2022年6月に拡充したことからも、この大きな転換期を皆様に後押し頂けないかと思っています。

まだまだ小さなベンチャー企業ですが、日本酒業界のゲームチェンジャーとなり、「ALL JAPAN」で日本酒を世界に広めますので、応援よろしくお願いします。
 

 

  • ICHI-GO-CAN®について
あなたは日本酒にこんなイメージを持っていませんか?
●複数種類飲み比べたいが、1本の容量が多い
●1瓶のサイズが大きいため冷蔵庫で保存しにくい
●旅先でお土産に購入したが、持ち運ぶのに重い
こういった日本酒の「課題」を解決すべく、ICHI-GO-CAN®が誕生しました。
 

 

ICHI-GO-CAN®は、一合180mlサイズの缶入り日本酒です。一般的に流通している日本酒瓶が抱えていた課題「重い・量が多い」を解決し、「小容量・オシャレ・持ち運び便利」を実現しています。
蔵元を代表するお酒が入っているため、ICHI-GO-CAN®を飲むと、その酒蔵の味が分かります。そんな厳選された1本をあなたの手元にお届けします。
 

  • 会社概要
■ 会社名:株式会社Agnavi
■ 本社 : 神奈川県茅ヶ崎市本村2丁目2番地18号
■ 設立 : 2020年2月27日
■ 代表 : 代表取締役CEO 玄成秀
■ 会社HP:www.agnavi.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Agnavi >
  3. 「もやしもん©講談社/石川雅之 × ICHI-GO-CAN®」コラボ・リターンズ!幻の日本酒一合缶®の再販決定!!