ルイ・ヴィトン、ヴァージル・アブローによる2021春夏メンズ・プレコレクションを発表

ルイ・ヴィトンは、メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローによる2021春夏メンズ・プレコレクションを発表いたします。
 

2021春夏メンズ・プレコレクションにおいてヴァージル・アブローは、メンズ・ウェアにおけるプレコレクションの在り方を再解釈し表現。ルイ・ヴィトンのためにデザインされた服やアクセサリーは、ニュアンスのチャネルを介して多様性、団結、包括的な要素を伝達する役割を果たします。
 

それぞれのスタイルが主役となる期間は、時間の経過によって定義されます。流行を判断する上で、前進するにはまず過去を振り返る必要があります。ここで再評価のための手段となるのが、プレコレクションなのです。メゾンの意図を幅広い層の心に響くものにするにはどうすべきか──これこそが2021春夏メンズ・プレコレクションの出発点です。本コレクションは、日々のワードローブに求められる天候を意識した要素にフォーカスし、寒い時期に発売されることを踏まえ、真冬を彷彿させるダークカラーのパレットを提案。モノグラム・フラワーを基にしたタイムレスなデザインが、赤いシアリングジャケットに刺繍されたり、グリーンのジレにキルティングされたり、またはダブルフェイスコートのライニングに用いられたりと、コレクション全体を通して登場します。そしてカモフラージュを彷彿させるモノグラム・リーフがジャカード織のトラウザーやデニムトラウザー、ウインドブレーカーに描かれています。

さらに、冬から夏への移ろいを反映するかのようにモノグラム・モチーフから滲み出る軽やかさ──マルチパステル・クレヨンで描かれたモノグラム・モチーフは、メゾン本社にあるヴァージル・アブローのオフィスに置かれたデスクトップのデボス加工されたLV イニシャルからインスパイアされたデザイン。レインハットやベレー帽 は、象徴と所属意識の自由の扉を開き、コレクションの本質に浸透するストーリーとなります。
 

 

 

 

本件に関するプレスリリースと画像は、以下よりダウンロードいただけます。

プレスリリース
https://prtimes.jp/a/?f=d60591-20200804-6280.pdf

画像
https://louisvuittonmalletier-my.sharepoint.com/:f:/g/personal/yusaku_yamagishi_louisvuitton_com/EopBxGosnE9Pj0vCmXZQ004BSGL0L9Wd5qNAXwFnNiGFIw?e=xnZ0lQ

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#louisvuitton 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社 >
  3. ルイ・ヴィトン、ヴァージル・アブローによる2021春夏メンズ・プレコレクションを発表