ナイジェリアで初のFLNGプラントの概念設計役務を受注

日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長CEO:佐藤雅之)は、海外EPC事業会社である日揮グローバル株式会社(代表取締役社長執行役員:山﨑裕)が、ナイジェリアにおいてUTMオフショア社がナイジェリア国営石油公社と共同で計画しているFLNGプラントに係る概念設計役務を受注しましたので、お知らせします。プロジェクトの詳細は下記の通りです。



1.契 約 先:UTMオフショア社(UTM Offshore Limited)原油販売、および建機リースを主業とするナイジェリア民間会社


2. 設置予定地:ナイジェリア連邦共和国ヨホ鉱区(ナイジェリア沖 約60km)


3. 役務内容:年産120万トンのFLNGプラント(浮体式LNG生産施設)に係わる概念設計役務
(Pre-FEED:Pre-Front End Engineering and Design)

                             
4. 受注金額:非公表

 
5. 納期:2021年10月(予定)

 
6. プロジェクトの概要:

本案件はナイジェリアの民間会社UTMオフショア社がナイジェリア国営石油公社と共同で計画しているFLNGプラントの概念設計役務です。同国におけるエクソンモービル社およびナイジェリア国営石油公社所有のガス田ヨホ鉱区のガスを利用し、LNGを洋上で生産するプラントです。


概念設計終了後、基本設計、設計・調達・建設(EPC)役務が計画されており、実現すればナイジェリアでは初のFLNGプラントとなります。同国のみならずアフリカ他国では多くの未開発の小規模海底油ガス田が存在し、FLNGプラントを含む複数のプロジェクトが計画されています。

 
当社グループは、現在マレーシアのペトロナス社向けおよびモザンビークのコーラルFLNG社向けに二隻のFLNGプラントの設計・調達・建設役務を遂行しており、本案件を通じて、今後成長が見込まれるアフリカ地域へのビジネスの拡大を目指すと共に、同地域の更なる産業発展および生活基盤の向上に貢献してまいります。

 
以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日揮ホールディングス株式会社 >
  3. ナイジェリアで初のFLNGプラントの概念設計役務を受注