開発から取り残された巨大都市がついに動き出した!『新宿の逆襲』発売

10年後の日本をリードする‟メガシティ”の未来予想図

青春出版社(東京都・新宿区)は5月15日に『新宿の逆襲』(市川宏雄/著)を発売いたします。本書では、都市政策の世界的権威が「開発から取り残されていた巨大都市」の過去、現在、未来を余すところなく解説します。

 

  • 「通過するだけの街」から「人が集う街」へ
「1日の乗降客数ギネス世界一」であるにもかかわらず、渋谷や六本木に比べるとどこか“垢抜けない街”の印象がある新宿。そんな新宿がついに動き出した!

駅の東西に「超高速ツインタワービル」、歌舞伎町には東急の複合エンタメ施設……いま、急ピッチで再開発が進む新宿はどこに向かっているのか!?本書では、都市政策の世界的権威である著者が、“開発から取り残されていた巨大都市”新宿の過去・現在・未来をひも解きます
 
  • 本書の内容
◆再開発レースで周回遅れになった巨大都市・新宿
◆「世界一の巨大ターミナル」はどうやって生まれたのか
◆新宿駅が大変身!「新宿グランドターミナル」構想
◆未来の新宿を支える周辺エリア開発
◆新宿という街にこれから必要なもの
 
  • 著者プロフィール
市川宏雄(いちかわ・ひろお)
明治大学名誉教授。1947年に生まれ。日本と東京のこれからについて語るために国内、海外で幅広く活動する他、東京の研究をライフワークとして30年以上にわたり継続している。『東京一極集中が日本を救う』(ディスカヴァー携書)、『東京2025ポスト五輪の都市戦略』(東洋経済新報社)、『山手線に新駅ができる本当の理由』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など著書多数。NHK「特報・首都圏」、日本テレビ系「スッキリ」、TBSテレビ系「ひるおび」、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」などテレビ出演多数。
 
  • 書籍情報
『新宿の逆襲』
著者:市川宏雄
発売日:2021年5月15日
定価:1,100円(税込)
ISBN:978-4-413-21181-9
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 青春出版社 >
  3. 開発から取り残された巨大都市がついに動き出した!『新宿の逆襲』発売