北海道スペースポート(HOSPO)ネーミングライツパートナー募集について

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)では、民間に開かれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の施設(宇宙交流センター及び滑走路)について、民間事業者等(以下、ネーミングライツパートナー)の広告の機会を拡大するとともに、HOSPOの拡充整備等の財源を確保すること等を目的に、ネーミングライツ(施設命名権)を取得するネーミングライツパートナーを募集します。

  • 募集概要
◆対象施設・ネーミングライツ料等(対象施設の詳細は大樹町ホームページを参照)
・対象施設 宇宙交流センター
 所在地 北海道広尾郡大樹町字美成169番地
 ネーミングライツ料 5年間で5,000万円
 契約期間 令和4年4月1日~令和9年3月31日の5年間
・対象施設 滑走路
 所在地 北海道広尾郡大樹町字美成169番地
 ネーミングライツ料 5年間で1億円
 契約期間 令和4年4月1日~令和9年3月31日の5年間

<北海道スペースポート(HOSPO)とは>

HOSPOは、 2021年4月に北海道大樹町にて、アジア初の民間にひらかれた宇宙港として本格稼働しました。 「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」というビジョン実現に向けて、ロケットおよび宇宙旅行等を目的とした宇宙船(スペースプレーン)の射場・実験場を整備し、打上げ支援業務を行います。HOSPOは世界の宇宙ビジネスを支えるインフラとして、航空宇宙の研究開発〜ビジネスのサポートならびに地方創生を含むビジネス機会を提供します。2025年までに2つの人工衛星用ロケット射場整備の資金を集めており、その資金確保にふるさと納税(企業版・個人版)や寄付の仕組みを活用しております。
北海道スペースポートWebsite:https://hokkaidospaceport.com

◆応募資格
ネーミングライツパートナーの対象となる事業者等は、北海道スペースポート施設にふさわしい事業者等とし、北海道スペースポートネーミングライツ事業実施要綱第4条に掲げる事業者等を除きます。

◆募集期間
令和3年10月4日(月)から令和3年11月15日(月)まで
受付時間は、午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日及び祝日を除く)

※その他詳細は下記のURL先をご確認ください。
大樹町ホームページ: https://www.town.taiki.hokkaido.jp/soshiki/kikaku/uchu/hospo-naming-rights.html

※SPACE COTAN㈱では、大樹町からの委託事業により、北海道スペースポートのPRを行っています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SPACE COTAN株式会社 >
  3. 北海道スペースポート(HOSPO)ネーミングライツパートナー募集について