サイバーリーズン・ジャパンの社長に山野 修が就任し、日本での事業をさらに拡大

AI(人工知能)を活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」を国内向けに提供するサイバーリーズン・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、以下「サイバーリーズン・ジャパン」)は、2022年6月1日付で山野 修(やまの おさむ)が社長に就任することを発表します。サイバーリーズン・ジャパンは、IT・セキュリティ業界での豊富な経験を持つ山野のリーダーシップの下、販売体制・サポート体制をより一層強化し、日本での事業をさらに拡大していきます。

新社長に就任する山野は、38年に及ぶIT・セキュリティ業界におけるキャリアを通じて、研究開発、マーケティング、エンタープライズセールス、チャネルセールスと幅広い分野で実績を築き、これまでも有力なIT企業のトップを歴任してきました。1984年に米AT&T Bell Laboratoriesでキャリアをスタートし、横河ヒューレット・パッカード、オートデスクを経て、1996年にコンピュータ・アソシエイツの会社設立に参画。1998年には日本RSAに入社し、翌年に社長に就任。その後、12年間RSAセキュリティで社長を務め、2010年よりEMCジャパンで執行役員副社長を経て、同社 代表取締役社長に就任。2016年よりマカフィー 代表取締役社長、2019年よりアカマイ・テクノロジーズ 職務執行者社長を務め、2022年4月にサイバーリーズン・ジャパンに入社しました。東京工業大学 大学院で制御工学の修士号を取得(1984年)し、スタンフォード大学ビジネススクールでExecutive Programを修了(2001年)。現在は、電気通信大学の客員教授も務めています。


山野の社長就任にあたり、米国Cybereason Inc.の共同創業者兼CEOのLior Div (リオ・ディヴ)は次のように述べています。「山野は、そのキャリアを通して、トップセールスリーダーのネットワークと強固なパートナーエコシステムによって、有力なIT企業の日本での事業を成功に導いてきました。山野の社長就任は、サイバーリーズンの最も重要なマーケットである日本における私たちの成長をさらに後押しすると考えています」

また、山野は次のように述べています。「ここ数年の日本のサイバーセキュリティをけん引し、日本のEDR市場におけるシェアNo.1※1を誇るサイバーリーズン・ジャパンの社長に就任することを大変光栄に思います。緊迫する国際情勢とともに急増するサイバー攻撃、事業停止など甚大な影響を及ぼすランサムウェア攻撃、パンデミックをきっかけとした急速なDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進、ゼロトラスト・アーキテクチャへの移行など、サイバーセキュリティへの取り組みが企業・組織の事業の継続性を担保する上での最重要の課題となった一方で、セキュリティ人材は慢性的に不足しており、当社に求められる役割と責任はさらに大きくなっていると認識しています。
これまでの経験を活かし、サイバーリーズン・ジャパンの日本における存在価値をこれまで以上に高め、確固たるものするため、販売・サポート体制をより一層強化し、事業のさらなる成長に尽力していきます。また、引き続きパートナー企業と連携して、お客さまをサイバー攻撃からお守りし、安心安全にDXに取り組むことができる環境を提供することで、お客さまのビジネスの発展、日本経済のさらなる発展に貢献していきます」

<サイバーリーズン・ジャパン会社概要>
社 名:サイバーリーズン・ジャパン株式会社
設立日:2016年3月9日
所在地:東京都中央区京橋1-18-1 八重洲宝町ビル5F
※2022年6月1日付で下記の新住所に移転
東京都中央区京橋1‐17‐10 住友商事京橋ビル8F
資本金等:4億9千万円
事業内容:サイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」の日本市場での提供およびそれに付帯する事業
URL: https://www.cybereason.co.jp

<「Cybereason」の概要>
「Cybereason」は、サイバー攻撃から企業や団体のシステムを安全かつ確実に保護するサイバー攻撃対策プラットフォームで、企業・団体内の膨大なデータをあらゆる角度から深く分析する機械学習エンジンとグラフ処理システムを構築し、提供します。次世代アンチウイルス(NGAV)や、ランサムウエア対策、悪意のあるPowerShellへの対策、EDR機能などを搭載するフルスタックの振る舞い検知型ソリューションである「Cybereason」は、これまでにない脅威を可視化し、複雑化する高度なサイバー攻撃を阻止する力をお客さまへ提供します。

※ 経歴に記載の社名は在籍時の名称です。
※1 出典:株式会社アイ・ティ・アール
2021年5月発行「ITR Market View : エンドポイント/無害化/Web分離/CASB/CSPM/SOAR市場2021」

※関連キーワード
EDRとは:https://www.cybereason.co.jp/blog/edr/2224/
NGAVとは:https://www.cybereason.co.jp/blog/security/1670/
XDRとは:https://www.cybereason.co.jp/blog/xdr/7104/
ランサムウェア:https://www.cybereason.co.jp/blog/ransomware/2266/
ファイルレスマルウェア:https://www.cybereason.co.jp/blog/malware/2094/

※Cybereason およびCybereasonのロゴは、Cybereason Inc.の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※このプレスリリースに記載されている内容、製品・サービスの価格、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイバーリーズン・ジャパン株式会社 >
  3. サイバーリーズン・ジャパンの社長に山野 修が就任し、日本での事業をさらに拡大