【事例紹介】独自設計の「学修履歴証明書」により、学びの見える化を推進。多角的な学修成果を一枚の帳票でグラフィカルに表現

学校法人広島文化学園が、帳票ツール「Create!Form」を採用

インフォテック株式会社(本社:東京都新宿区 社⻑:⼭⽥智次)は、学びの⾒える化に取り組む学校法⼈広島⽂化学園(本部:広島県広島市 理事⻑:森元弘志)の、帳票ツール「Create!Form」導入事例を公開しました。

▼事例本編はこちら
https://www.createform.jp/case/hbg/detail.html
 
  • 導入前の課題
● 可視化が難しい学修成果まで表現できる、学修履歴証明書の作成が求められていた
● コストを抑えながら、大学職員が容易に開発できる帳票システムが必要だった
 
  • 導入後の効果
● グラフや表を駆使して、思い描いていたデザインの学修履歴証明書が作成できた
● 構成がわかりやすく、学内の他業務にも利活用が可能な帳票システムが整備された
 
  • 導入製品: 帳票ツール「Create!Form」
【利用シーン】
大学職員が独自に「学習履歴証明書」の帳票デザインを設計。学内でメンテナンスができるので、改良を重ねてブラッシュアップしていくことを想定されています。

【製品特長】
ノンプログラミングで表現力豊かな帳票を思い通りにデザインできます。グラフやチャート、バーコード、画像、明細表や集計表もマウス操作と、プロパティを設定するだけでOK。帳票レイアウトとデータを自動でマッピングすることもできます。

▼詳細はこちら
https://www.createform.jp/about/
 
  • 導入製品: ノンコーディング帳票出力システム「Create!Form Magicfolder」
【利用シーン】
待ち受けフォルダーにデータファイルを投入するだけで帳票が出力できるシステム環境を構築。大学業務で扱う他の帳票にも適用し利活用していくことを考えられています。

【製品特長】
ノーコーディングで用途に合った帳票を自動的に出力します。帳票や出力方法などの各種設定は、Webの管理画面から操作ができるので、帳票出力業務の拡張や追加が容易です。

▼詳細はこちら
https://www.createform.jp/lineup/magicfolder/
 
  • お客様プロフィール
名称         :学校法人広島文化学園
本部所在地:〒731-0136 広島県広島市安佐南区長束西3-5-1
創立         :1964年1月
教職員数   :173人
学生数      :1,882人(2020年5月現在)
学部・学科:大学4学部6学科、大学院2研究科2専攻、短期大学3学科
URL         :http://www.hbg.ac.jp/

広島文化学園は、1964年に開学した広島文化女子短期大学、1995年に開学した呉大学から発展した私立の高等教育機関。2009年に広島文化学園大学・短期大学へと名称を変更し、現在は広島市・呉市・坂町に大学、大学院、短期大学を置く。「究理実践(実践を伴う理論の追求)」を建学の精神に掲げ、学生の主体的な学びによって学生を育てる「学習者中心の教育」に取り組んでいる。


【この内容に関するお問い合わせ先】
インフォテック株式会社
プロダクトセールスグループ
Create!Form担当
▼お問い合わせフォーム
https://www.createform.jp/contact/form/apply.html
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インフォテック株式会社 >
  3. 【事例紹介】独自設計の「学修履歴証明書」により、学びの見える化を推進。多角的な学修成果を一枚の帳票でグラフィカルに表現