第97回あしなが学生募金、10/20から全国200か所で実施

日本とアフリカの遺児に奨学金を届ける、遺児学生による募金活動

あしなが育英会(東京都千代田区、会長:玉井義臣)の大学・専門学校奨学生を中心に組織されるあしなが学生募金事務局は、明日10月20日(土)から全国200か所の街頭で、日本とアフリカの遺児の奨学金を募る「第97回あしなが学生募金」をおこないます。
あしなが育英会は経済苦から進学を諦める遺児の「進学の夢」を守るべく、18年4月に返還の必要がない給付型奨学金(高校月2万円、大学月3万円)を新設しました。
9月の調査では、3割を超える奨学生が「給付型奨学金ができたおかげで進学することができた」と回答したことから、給付型奨学金が遺児進学のカギであることが明らかになりました。
今まで以上に多くの遺児の進学が可能になる一方で、あしなが奨学金はすべてをご寄付で運営しているため、年42 億円(18 年度必要額。17 年度は22 億円)の奨学金財源の確保は深刻な課題です。
後輩遺児に奨学金を届けるために、全国で遺児学生が全力で募金を呼びかけ、また街頭で継続寄付者「あしながさん」を募集します。

4日間の募金に先立って実施した、全国オープニングセレモニー。遺児学生や高校生が支援を呼びかけた(10月19日、東京新宿で)4日間の募金に先立って実施した、全国オープニングセレモニー。遺児学生や高校生が支援を呼びかけた(10月19日、東京新宿で)

遺児家庭の現状(18年9月の最新調査より)
・親の手取りの平均額が146,380円と一般の半分以下
・親の失業率6.7%。一般2.4%の2.8倍
・親の就業状況、56.2%が非正規雇用
・「あしながが4月に新設した給付型奨学金のおかげで進学できた」31.9%

街頭募金は、各都道府県の主要駅や街頭約200か所で実施します。

遺児たちに奨学金を届けるため、あたたかいご支援とご協力をよろしくおねがいします。

■第97回あしなが学生募金実施要項
主催   あしなが学生募金事務局(本部:東京 事務局長:河田あかね=三重大学3年)
名称   第97回あしなが学生募金
日程    2018年10月20日(土),21日(日),27日(土),28日(日) 各日10時~18時 ※一部拠点別日程
実施拠点  全国47都道府県の主要都市街頭・駅頭約200か所(あしなが学生募金ウェブサイトで公開)
使途    2分の1を病気・災害・自死遺児、親に障がいがある家庭の子どもの奨学金として、
      2分の1をサブサハラ・アフリカ遺児の高等教育奨学金としてあしなが育英会に寄付。
問合せ  あしなが学生募金事務局
     東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館4階 TEL 03-3221-7788 FAX 03-6265-4777
     https://www.ashinaga-gakuseibokin.org/

あしなが学生募金事務局
1970年設立。毎年4月と10月に、全国200ヶ所で遺児の奨学金を募る街頭募金を実施。メンバーはあしなが育英会から奨学金をうける遺児学生と有志の一般学生。累計募金額114億円。毎回遺児学生と約1万人のボランティアが街頭に立ち、遺児の現状や奨学金の必要性を訴える。全額はあしなが育英会に寄付。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. あしなが育英会 >
  3. 第97回あしなが学生募金、10/20から全国200か所で実施