ダッソー・システムズ、空飛ぶ自転車の飛行成功に協力

チェコのデザイナーが仏ダッソー・システムズの最新の3Dソフトウェア技術を活用して制作した「Flying Bike(空飛ぶ自転車)」が、2013年6月12日、チェコのプラハで飛行に成功しました。

本プロジェクトはダッソー・システムのパートナーであるTechnodat社のAles Kobylik氏をリーダーとして、Technodat社、Duratec社、Evektor社の3社によるプロジェクトチームが発足、1年半前に開発がスタートしました。本プロジェクトでは、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを活用することによって、プロジェクト参加者は場所の制約を受けることなく、さまざまな場所からプロジェクトに参加することができた上に、仮想空間上で自転車の設計、製造、シミュレーションを行うことができました。試行錯誤を繰り返した結果、6つの回転翼を持つ「マルチコプター」の原理が採用され、12か月前にバーチャル上でプロトタイプが公開されました。そして6月12日に、ヒト型の模型を乗せた約5分間の飛行に成功しました。

本プロジェクトでは、3Dエクスペリエンス・プラットフォームのプロバイダーであるTechnodat社が、プロジェクトの管理、運営(予算、スケジュールを含む)を行いました。自転車メーカーのDuratec社は、フレーム、翼の保護カバーや標準的な自転車のコンポーネントを提供し、技術会社のEvektor社は、コンセプトの設計、各機能の組み立て、構成、バッテリー、回転翼の選定を行いました。

Flying Bikeの動画はこちらからご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=mkRW-0DGIaY&feature=youtu.be.

空飛ぶ自転車空飛ぶ自転車

空飛ぶ自転車空飛ぶ自転車

モックアップモックアップ

 

空飛ぶ自転車の仕様
・出力:        54kW
・モーター:      メインモーター(10kW)×4基 縦方向の前後に対称に設置
・スタビライザー:   専用モーター×2基 自転車の両側に設置
・プロペラ:      主翼(直径1,200mm、最大回転数2,200/分)
           スタビライザー用プロペラ(直径650mm、コンポジットケースで保護)
・電源:        リチウムポリマーバッテリー(50Ah)
・自転車のフレーム:  溶接部に軽合金(ジュラルミン)を使用
・自転車:       市販のものを使用
・サイズ:       長さ約3,800mm、幅2,500mm、高さ1,200mm
・重量:        95kg
・耐荷重:       170kg
・飛行時間:      5分
・稼働時間:      30-50分
・最高速度:      50km/時

  1. プレスリリース >
  2. ダッソー・システムズ株式会社 >
  3. ダッソー・システムズ、空飛ぶ自転車の飛行成功に協力