留学経験者の73%、留学生活に慣れるまでに「3日以上」必要と回答 - 海外留学のEF、留学経験者の実態調査を実施

留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社(以下、EF)の研究部門、EF留学総合研究所は、2015年9月に留学先から帰国した学生(中学生1年生〜大学4年生)100名を対象に留学経験者の実態を把握するための調査を実施致しました。調査の結果、回答者の73%が留学生活に慣れ始めるまでに3日以上かかったことが明らかとなりました。

留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社(以下、EF)の研究部門、EF留学総合研究所は、2015年9月に留学先から帰国した学生(中学生1年生〜大学4年生)100名を対象に留学経験者の実態を把握するための調査を実施致しました。

 

 

調査の結果、回答者の73%が留学生活に慣れ始めるまでに3日以上かかったことが明らかとなりました。具体的には、留学生活に慣れ始めるまでに3日かかった割合は23%、4日目〜6日目ごろと回答した割合は31%、1週間以上かかったと回答した割合は19%となり、初日から問題なかったと回答した割合は21%となりました。

本調査の結果を踏まえ、EF留学総合研究所・上席研究員、小池浩は次のように述べます。
「近年では、フィリピン留学(1週間)の人気が高まっているようですが、今回の調査結果を考慮すると、1週間だけでは留学生活に慣れた始めたところで帰国しなければならないため、留学前に期待していた成果を得られず、留学生活が終了している可能性があると考えられます。もちろん、EFでも1週間から参加できる留学プログラムはありますが、留学を希望する学生たちには、時間とお金が許す限り、最低でも2週間、海外留学にチャレンジしてもらいたいと考えています。」

EFでは、学生一人一人の条件や希望に合った留学プログラムを提供するために、現在、全国7拠点(札幌、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡)にカウンセリング・スペースを設け、専任のコンサルタントを通じて様々な留学プログラムをご案内しております。今後も海外留学を検討するすべての学生たちに対し、最適な情報、最適な留学プログラムをご案内して参ります。

EF 留学経験者の実態調査 概要

調査機関:イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社、EF留学総合研究所
調査対象:2015年9月に留学先から帰国した学生(中学1年生〜大学4年生)
対象人数:100名
調査方法:アンケート調査を実施
調査期間:2015年9月
 

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社について

1965年に、Education First『教育を第一に』をモットーにスウェーデンで設立した、イー・エフ・エデュケーション・ファーストは、世界最大級の私立教育機関です。現在では世界53ヵ国以上の国々に500を超える事業拠点、及び、直営語学学校を擁し、グローバルに教育事業を展開しています。同社は、言語教育、留学、オンライン英語学習、ビジネススクールなど、さまざまなプログラムを提供しています。また、2016年リオデジャネイロ・オリンピックおよびパラリンピックの公式語学サプライヤーに認定されています。

 

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社はイー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人として1973年に設立されました。

【EF公式サイト】http://www.efjapan.co.jp
【EF EPI 世界最大の英語能力ランキング】http://www.efjapan.co.jp/epi/

本件のお問い合わせについて

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社 

担当:平尾

TEL:03-5774-6206  Mail:satoshi.hirao@ef.com



 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社 >
  3. 留学経験者の73%、留学生活に慣れるまでに「3日以上」必要と回答 - 海外留学のEF、留学経験者の実態調査を実施