民泊×サービスアパートメント(マンスリー)、住宅宿泊事業法を活用したハイブリット運営

(株)スペースデザインが港区にて民泊運営をスタート                

BUREAU高輪(サービスアパートメント)
 訪日外国人に需要の高い1ヵ月間から滞在できるサービスアパートメントを東京都心に展開しているブランド“ビュロー(BUREAU)/ビーサイト(B-SITE)” シリーズを運営する株式会社スペースデザイン(本社:東京都港区、代表取締役:川島 敦)は、この度、 2018年11月に民泊運営を開始したビュロー渋谷に続き、「ビュロー高輪(BUREAU TAKANAWA)」(東京都港区高輪)の住宅宿泊事業法を活用した賃貸と民泊のハイブリット運営を2月1日より開始致しました。
これにより、ビュロー高輪は、従来の最短1カ月からの賃貸借契約及び、民泊として1泊からのご宿泊も可能となります。

▲BUREAU高輪(1LDK Dタイプ)▲BUREAU高輪(1LDK Dタイプ)

 

ビュロー高輪で民泊運営を開始する部屋数は全35戸 (2019年2月現在)。
 室内には、家具・家電・調理用具等はもちろん、Wi-Fi・CATV・固定電話等の従来のBUREAUサービスアパートメントとしての設備も備えております。また、この度ソファーベッドを導入することにより2名~4名のグループサイズのお客様の宿泊も可能となります。
 これを機会に民泊を利用したサービスアパートメントに泊まるという「新しい宿泊スタイル」を是非、ご体験ください。

▲BUREAU高輪(1LDK Hタイプ(画像左))  ▲BUREAU高輪(STUDIO Bタイプ(画像右))▲BUREAU高輪(1LDK Hタイプ(画像左))  ▲BUREAU高輪(STUDIO Bタイプ(画像右))

 

民泊のご予約は、以下Airbnbページにて受付しております。
■予約ページ (Airbnbアカウントページ)
ビュロー高輪 https://www.airbnb.jp/users/show/190927614

 

▲BUREAU高輪外観(画像左)▲BUREAU高輪位置図 (画像右)▲BUREAU高輪外観(画像左)▲BUREAU高輪位置図 (画像右)

■BUREAU高輪 施設概要
所    在 : 東京都港区高輪4丁目6番10号 (JR品川駅「高輪」徒歩約6分)
部 屋タイプ:Studio、1BR(1DK/1LDK)計14タイプ
運    営:株式会社スペースデザイン

 

 スペースデザインは、国内のサービスアパートメント事業においてパイオニアである運営経験を活かし、住宅宿泊事業法の活用によるハイブリット運営に取り組む事で、更なるバリューアップをはかります。
 

株式会社スペースデザインについてhttps://www.space-d.co.jp
国内最大規模の独立系不動産アセットマネジメント会社であるケネディクス株式会社のグループ会社及び戦略的子会社であり、国内外の多様なゲストに利用されているサービスアパートメント「BUREAU/B-SITE」シリーズを、首都圏(総戸数823戸、物件数12物件)に展開。

 


サービスアパートメント運営は国内で最も歴史が長く、海外での運営実績もある。他分野ではサービスオフィス「BUREX/BUREX LaBo」シリーズ、ホテル事業では、「レジデンシャルホテル ビーコンテ浅草」(トリップアドバイザー トラベラーズチョイスアワード 2018受賞)を運営。2016年、浅草にオープンしたホステル「BUNKA HOSTEL TOKYO」はメディア等多方面より注目され記憶に新しい。また、今春2019年3月20日に、銀座八丁目においてライフスタイルホテルとなる「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」を開業するなど常に多様な空間と良質なサービスの提供を試みている企業です。



<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社スペースデザイン
Tel: 03-3502-7223/Mail:adsd@space-d.co.jp
担当:藤原
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペースデザイン >
  3. 民泊×サービスアパートメント(マンスリー)、住宅宿泊事業法を活用したハイブリット運営