今治タオルの『今治謹製』より累計販売数1000万個突破記念 雲母唐長コラボ「雲母唐長 (KIRA KARACHO)タオル」シリーズが登場

スタイレム株式会社(代表取締役社長:酒向正之、大阪府大阪市浪速区)は、木箱入り今治タオル『今治謹製』の累計販売数1000万個突破を記念して、「雲母唐長(KIRA KARACHO) タオル」シリーズを発表しました。
雲母唐長(KIRA KARACHO)は、1624年京都に創業、江戸時代より続く唐紙屋「唐長」11代目の長女夫妻トトアキヒコ氏と千田愛子氏がプロデュース、次世代を担う唐長を継承するブランドです。
「雲母唐長 (KIRA KARACHO)タオル」シリーズは、400年来江戸時代から受け継ぎ長い歴史を通して今に届ける雲母唐長の文様と、奈良時代から築き上げられた織りの技を今日まで進化させてきた今治の紋織タオル(ジャガード織タオル)の双方の文様と紋様が出会い、古の美や文化を継承し美しく暮らしを彩ります。
また、代表とされる『天平大雲 (Tenpyo-Ogumo)』と『南蛮七宝 (Nanban-Shippo)』文様をジャガード織で表現しています。
雲母唐長シリーズは今治謹製公式ウェブサイトにて、2018年8月より発売します。
今治謹製公式ウェブサイト https://www.imabari-kinsei.com


             -雲母唐長 (KIRA KARACHO)タオルシリーズ 商品一覧 -


                                                   

                     - 雲母唐長について -
 

雲母唐長 (KIRA KARACHO)は、創業1624年、11代続く唐紙屋唐長の長女夫妻トトアキヒコと千田愛子がプロデュース、次世代を担う唐長を継承するブランドです。
代々受け継がれた板木からひとつひとつ手仕事で和紙に文様を写し取られた唐紙は、襖紙や壁紙として桂離宮、二条城、養源院などの歴史的建造物に用いられると共に、今を彩る現代の人々の暮らしにおいても唐紙は愛されています。
雲母唐長公式ウェブサイト  https://kirakaracho.jp

天平大雲 (Tenpyo-Ogumo)
雨を呼ぶ雲は豊穣の象徴。また、雨が人の足を止め、縁を呼び込むとして商売繁盛の文様とされる。

南蛮七宝 (Nanban-Shippo)
円と星、あるいは花や十字架にも見えるこの文様は、しあわせが四方へとつながる事を意味する吉祥文様。




※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スタイレム株式会社 >
  3. 今治タオルの『今治謹製』より累計販売数1000万個突破記念 雲母唐長コラボ「雲母唐長 (KIRA KARACHO)タオル」シリーズが登場