~グレートバリアリーフの最北端「レイン島」~ドローン撮影を用いた新しい調査方法により産卵期のアオウミガメ64,000匹を確認

クイーンズランド州政府観光局(オーストラリア クイーンズランド州ブリスベン、CEO:リアン・コディントン)の日本事務所(東京都港区、日本局長:ポール・サマーズ)は、2020年6月にクイーンズランド州政府が発表したドローンを用いたアオウミガメの新しい個体数調査方法についてお伝えいたします。
アオウミガメの産卵期、上陸を目指す64,000匹をドローン撮影で確認

(C) Great Barrier Reef Foundation and Queensland Government(C) Great Barrier Reef Foundation and Queensland Government

 クイーンズランド州のグレートバリアリーフ最北端に位置するレイン島は、世界最大のアオウミガメの繁殖地です。2020年6月、アオウミガメ保護に従事している研究者達は、ドローン撮影を用いたことにより、その個体数をより正確に調査することができたと発表し、映像を公開しました。

 アオウミガメの保護と研究を担う「レイン・アイランド・リカバリー・プロジェクト」は、2019年12月にドローンを用いて海面の様子を撮影しました。映像では、島の周りに最大64,000匹のアオウミガメが、順番に産卵するため上陸を待っている様子が見事に撮影されています。

 上記の調査結果について論文を発表した筆頭著者、クイーンズランド州環境科学省(DES)のアンドリュー・ダンスタン博士は、「今まで研究者たちは、ウミガメの個体数調査を実施するのに様々な方法を試行してきた」、「『PLOS ONE誌』で6月5日に発表された新しい科学的研究により、ドローン(無人航空機、英略でUAV)が最も効率的な調査方法であることが判明した」とコメントしました。

 個体数調査方法では、アオウミガメが浜辺に巣を作っている際、アオウミガメの甲羅に無害かつ数日で洗い流される白い塗料を塗り、マークを付けます。その後、塗装済のカメと未塗装のカメを数えます。以前は、観測者は小さなボートに乗り、カウントを実施していましたが、そのデータの精度が課題となっていました。今回初の試みであるドローン映像を活用したことにより、観測者のエラーを減らすことに寄与し、正確なデータを即座に保存することが可能となりました。

  本研究は、年々数が減っているアオウミガメの個体数の管理に貢献します。今後は、人工知能を使用してドローン撮影のビデオ映像からカウントの自動化を目指していきます。

産卵のため海から陸にあがるアオウミガメたち (C) Christian Miller産卵のため海から陸にあがるアオウミガメたち (C) Christian Miller

「レイン・アイランド・リカバリー・プロジェクト」について詳細はこちら(英語):
 https://parks.des.qld.gov.au/raineisland/

クイーンズランド州について
人口約500万人、オーストラリアの約1/4の面積を占めるクイーンズランド州は、北東部に位置し、ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト、グレートバリアリーフ等、人気の観光地を有する州です。年間を通じて温暖な気候に恵まれ日本との時差も僅か1時間と、日本との行き来がしやすいことも特徴です。より詳しい情報はホームページよりご確認ください。
公式ホームページ https://www.queensland.com
公式Twitter https://twitter.com/queenslandjp
公式Facebook https://www.facebook.com/visitqueensland
公式Instagram https://www.instagram.com/queensland
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クイーンズランド州政府観光局 >
  3. ~グレートバリアリーフの最北端「レイン島」~ドローン撮影を用いた新しい調査方法により産卵期のアオウミガメ64,000匹を確認