窓からの景色を通して世界をもっと身近にするAtmophが、事業会社、VC、クラウドファンディングで合計2.7億円の資金を調達

窓型スマートディスプレイを製造・開発するアトモフ株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:姜 京日)は、7月25日に、シリーズB合計2.7億円の資金を調達しました。2018年から複数回に渡り、and factory株式会社、株式会社アドウェイズといった事業会社、既存株主である株式会社環境エネルギー投資や、株式会社Darma Tech Labs、三菱UFJキャピタル株式会社、京銀リース・キャピタル株式会社からの投資額1.7億円、そして2019年4月より順次、日米両国で開始したクラウドファンディングで約1億円もの支援を集めました。

 


資金調達の経緯

Atmophは、世界各地1,000ヶ所以上の風景とリアルなサウンドを楽しむことができる、27インチの窓型スマートディスプレイAtmoph Windowを製造・開発しています。壁やデスクに設置するだけで、一瞬でその場所に擬似的な窓を作り出し、開放感をもたらします。

2015年に発表した初代Atmoph Windowは、日本、アメリカ、ヨーロッパを中心に世界各国へ累計2,000台弱を出荷し、国内外でファンを生み出してきました。その中で、今までにはないスマートウィンドウという新しい市場を確立し、さらに各家庭に1台が当たり前になる未来を実現させるため、普及モデルとしての新製品開発の必要性がみえてきました。テレビ、パソコンやスマートフォンなど、日々多くの情報があふれている中で、家庭内での情報との関わり方が変化してきています。より未来的な生活へ変化する中で、日々の時間をより便利に、そしてスマートにできる、進化したAtmoph Window 2の開発という新たなチャレンジを決意に至りました。またその想いに賛同してくれた出資者、そしてクラウドファンディングのサポーターからの資金により、製造・開発、および販売の人員強化、さらには独自映像コンテンツの撮影・製作のより一層の発展に臨みます。

出資者からのメッセージ
  • 株式会社環境エネルギー投資 マネージング・ディレクター 中村 謙吾
「窓であって窓ではない、生活空間と世界を繋ぐAtmoph Window 2。デジタルウェルビーイングを実現する新たなユーザーインターフェースとして世界に普及する日を楽しみにしています。」
  • and factory株式会社 代表取締役社長 小原 崇幹
「and factoryはAtmophというチームに出資をさせて頂き、我々もその一員になれることを誇らしく思っています。真摯にプロダクトに向き合う姿勢や「日々を、冒険にする。」という掲げられている想いは当社の「日常に&を届ける」という理念と近く、だからこそ一緒にチャレンジしたいと思っています。」
  •  株式会社Darma Tech Labs  Partner 木村 美都
「Atmophは環境をデザインし、提供する企業です。その魅力のコアはコンテンツにあります。Atmophの感性と哲学で撮影され、編集されたオリジナルコンテンツは500本を超え、未公開で編集中のものを含めると1500本以上にのぼり、今後の増強が期待されます。任天堂出身者により創業されたAtmophのハードウェアは手堅く保守的ですが、IoT要素も必要に応じ取り入れ、進化しています。」
  • 株式会社アドウェイズ 取締役 山田 翔
「世界中のどこかの景色と繋がれる窓」という未来の当たり前になりそうな可能性を感じています。今後もっともっと多くの人の手に取ってもらえるよう、頑張ってもらいたいです!」
  • 京銀リース・キャピタル株式会社 部長代理 三浦 慎吾
「Atmophのクリエイティビティ、チームワーク、事業への真摯な姿勢を目の当たりにし、心から応援したいと思いました。京都発のプロダクトを世界に展開して頂けると信じております。今後の成長に期待しています。」

Atmophのこれまで

「窓からの景色を、変えることができたら」この思いが、Atmophのすべての始まりでした。そして、最初の構想から約10年の時を経て、2015年に、世界初のデジタル窓として米クラウドファンディングKickstarterで初代Atmoph Windowを発表しました。同じ想いを持つサポーターからの支えと、その後2016年には環境エネルギー投資より資金調達を経て製造体制を整え、日本、アメリカ、ヨーロッパを中心に世界各国へ出荷をしてきました。

「窓のない寝室に置いて日々移り変わる景色を楽しんでいる」というユーザーや、クリニックの待合室に導入し「患者さんの待ち時間のストレスを緩和したい」という開業医の方など、一般家庭だけではなく、病院、クリニック、カフェやホテルなど様々なシーンでもご利用いただいています。


Atmophのこれから

私たちAtmophは、窓からの景色で癒しや開放感をもたらすだけではなく、目の前に広がる風景が、「この場所に行ってみたい」という旅行のモチベーションになったり、その国の文化やそこで暮らす人々に思いを馳せるきっかけになれたらと思っています。部屋から見るハワイのブルーオーシャンやニューヨークのウォール・ストリート、アイスランドの平原にキューバの何気ない裏通りやペルーのマチュピチュが、日々を彩り、今までにない体験を生み出せるような、製品やテクノロジーを生み出していきたいと考えています。

人間が旅をする理由は、まだ見ぬ場所を探求したい、いつもとは違う刺激を得たいという人類の本能に根ざすと言われています。人類はアフリカ大陸に生まれてから、生き残りをかけ未開の地へと、そして見果てぬ海を越えて世界に冒険をしてきました。そんな、誰もが持っている好奇心や探究心を、ほんの少し後押しできたら。それが、その人の世界を、ちょっとだけ広げてくれたら。そんな、日々を冒険にするような時間を、お届けしていきます。

 

進化したAtmoph Window 2について
 


Atmoph Window 2では、従来のモデルをさらに進化させ、窓らしさだけではなく、スマートスピーカーを介した音声操作、時間、天気や調べたいニュース画像の検索まで、毎日に必要な情報が一目で分かります。新たにオプションとしてカメラ・LEDモジュールを追加し、顔の位置に合わせて窓の向こうの風景が動いたり、LEDライトで窓から差し込む光の表現を可能にしました。また、製品をもっと身近に、そして各家庭で手頃に楽しんでいただけるよう、従来 69,800円(税抜)であった販売価格を、次世代モデルでは約半値の44,800円(税抜)へと大幅に値下げし、各家庭への普及 を目指します。

 

 


インテリアとしての見た目にもこだわり、部屋の模様替えにあわせて付け替えられるフレームもあわせてお届けします。スタンダードの5色に加え、本物の木材を使用した2種類の木製フレームは、長い歴史と独自の技術力を誇る日本屈指の家具メーカー、カリモク家具株式会社(本社:愛知県知多郡、代表取締役:加藤 正俊、以下カリモク)で製造されます。木材が本来持つ温かみと柔らかさを活かした滑らかで美しいフレームは、お部屋に自然な明るさをもたらしてくれます。
 


日米両国で行なったクラウドファンディングでは、Atmophの製品コンセプトに賛同してくれた約1,800名の支援者から、1億円もの支援を集めました。

- 米クラウドファンディング Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/atmoph-window-2-smart-display-with-1-000-views
達成日:2019年5月20日
達成金額:435,602 USドル(約4,800万円)

- 国内クラウドファンディング Makuake
https://www.makuake.com/project/atmoph-window2
達成日:2019年7月16日
達成金額:51,624,400円
​​

 

採用情報について

これから世界に向けての事業加速と拡大のため、ソフトウェアエンジニア、マーケティング、経理/財務など人員を募集中です。
https://www.wantedly.com/companies/atmoph/projects

出資者概要
  • 株式会社環境エネルギー投資 (本社:東京都品川区、代表取締役:河村 修一郎)
  • and factory株式会社(本社:東京都目黒区、 代表取締役:小原 崇幹)
  • 株式会社Darma Tech Labs  (本社:京都市下京区、代表取締役:牧野 成将)
  • 株式会社アドウェイズ (本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村 陽久)
  • 京銀リース・キャピタル株式会社 (本社:京都市下京区、取締役頭取:土井 伸宏)
  • 三菱UFJキャピタル株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役:坂本 信介)

Atmoph(アトモフ)について

Atmophは、家での時間の質をよりよくするために、自然とテクノロジーへの新しいつながり方を考え、2014年に京都で設立しました。世界初のスマートな未来の窓Atmoph Windowは窓型のIoTプロダクトで、独自の4K撮影映像とサウンドで世界の美しい風景をあなたの部屋に広げます。
https://atmoph.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Atmoph >
  3. 窓からの景色を通して世界をもっと身近にするAtmophが、事業会社、VC、クラウドファンディングで合計2.7億円の資金を調達