賃貸管理会社向けのスマートホームプラットフォームを提供するStrobo、「賃貸住宅フェア2018 in 東京」に出展

賃貸物件をスマートホーム化する賃貸管理会社向けスマートホームプラットフォーム「Roomio」を提供する株式会社Stroboは、2018年6月12日、13日に東京ビッグサイトで開催される「賃貸住宅フェア2018 in東京」に、「AI Chat Supporter」を提供するサイシード社と共同でブースを出展致します。


 


Strobo社は、賃貸管理会社が自社独自のブランドでスマートホームセキュリティ、管理会社と入居者の連絡機能を備えた入居者向けのスマートホームアプリを提供できる賃貸管理会社向けのスマートホームプラットフォーム「Roomio」を提供しています。
今回の展示は、入居者からの問い合わせに自動・半自動回答を行う「AI Chat Supporter」を提供するサイシード社と共同出展となり、ブースでは両社のサービスをご案内します。

■ 展示について 
イベント名:賃貸住宅フェア2018 in東京
会期 : 2018年6月12日〜13日 10:00 ~ 17:00
会場 : 東京ビッグサイト 西1・2ホール(東京都江東区有明3-11-1)
ブース番号 : A-11
来場予約: https://www.zenchin-fair.com/fair2018_kaisai/tokyo/

■ Roomioについて


サービスサイト: https://roomio.jp/

Roomioは、賃貸管理会社が自社独自のブランドでスマートホームセキュリティ、管理会社と入居者の連絡機能を備えた入居者向けのスマートホームアプリを提供できる賃貸管理会社向けのスマートホームプラットフォームです。

【Roomioで提供される入居者アプリの特徴・主な機能】 
(1)入居者コミュニケーション
入居者が困ったことがあればチャットで管理会社様に問い合わせることができます。また、定期点検のお知らせなどを配信する際、マンションごと、特定の入居者ごとなどお知らせの配信範囲を選択してお知らせを配信することができます。
これまで電話やポスティングによって行われていたコミュニケーションをアプリでスムーズにします。

(2)スマートホームセキュリティ
アプリで家中の戸締まりのチェックができます。外出中にドアや窓の異常があればスマホに通知も来るので物件の防犯性能を向上できます。

(3)管理会社様独自ブランドでの提供
スマートホームセキュリティアプリを管理会社様の独自のブランドで提供できます。
利用継続率・起動率の高いスマートホームセキュリティアプリが入居者様との強力な接点となり、トラブル時の入居者対応業務の円滑化や生活関連サービスの提案などにご活用頂けます。

■ 株式会社サイシードについて 
本社:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル15F
代表:代表取締役 中村 陽二
設立:2015年4月
事業内容:AIソリューション事業、広告・メディア事業
Webサイト:http://www.sciseed.jp/

【株式会社Strobo 会社概要】 
本社: 〒113-0033 東京都文京区本郷 4-1-3-5F
代表: 代表取締役 業天 亮人
創業: 2015年2月
事業内容: IoT 製品開発・スマートフォンアプリの企画、開発
Webサイト: http://strobo.io/

【本件についてのお問い合わせ先】 
株式会社Strobo
担当:平野
連絡先: info@strobo.io
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Strobo >
  3. 賃貸管理会社向けのスマートホームプラットフォームを提供するStrobo、「賃貸住宅フェア2018 in 東京」に出展