大崎電気とイタンジが不動産賃貸サービスで協業を発表

スマートロック「OPELO®」で省人化を実現し、賃貸物件管理のあり方を変える

テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにするイタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野口 真平、以下「イタンジ」)と、スマートロック「OPELO(オペロ)」を提供する大崎電気工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡辺 光康、以下「大崎電気」)は、不動産賃貸サービスにおける業務提携を発表いたします。
不動産賃貸サービスの新たな開発と業務改善を進めると共に、利用者が安心して便利に利用できるサービスの提供を目指してまいります。
<本件のポイント>
  • 不動産管理会社の業務効率化(コスト削減、省人化)
  • 物件の価値と安全性が向上
  • 入居希望者の内見における負担軽減、居住時の利便性向上

 

左:イタンジ株式会社 代表取締役 野口 真平、右:大崎電気工業株式会社 取締役 新事業推進室長  小野 信之氏左:イタンジ株式会社 代表取締役 野口 真平、右:大崎電気工業株式会社 取締役 新事業推進室長 小野 信之氏

■概要
これまで内見時の鍵の受け渡しには、予め設置されたキーボックスを用いる、または対面での受け渡しを行う方法が用いられていました。しかし、前者はセキュリティ面の不安、後者は受け渡しの手間が課題となっています。また、内見希望者視点では、どちらの方法でも不動産スタッフの同行が必要で、自身の都合に合わせて即座に内見することが出来ない仕組みになっています。

今回の協業により、イタンジが開発中のセルフ内見型 新賃貸サイトと、大崎電気が提供するスマートロック「OPELO」を連携させることで、不動産管理会社は、鍵関連業務の約80%を削減できる事例もあるといわれるほどの大幅な業務効率化(※1)と物件管理における安全性の担保を両立しながら、集客数の増加を図ることが可能です。さらに、「OPELO」の空室・入居モード切替機能によって、内見用に設置されたスマートロックを入居後も継続して使用できるため、物件の価値向上にもつながります。

また、イタンジのセルフ内見型 新賃貸サイトに掲載する物件数の拡大に向けて協力することで、入居希望者が希望物件の内見予約をスマートフォンから簡単にでき、早朝や夜など好きな時間に自分のペースで内見ができる新たな部屋探し体験の普及を目指してまいります。

■背景
大崎電気は創業100年にわたる電力量計等の計測制御機器の開発・提供を通して「見える化」したデータを元に、最先端のIoTデバイスを専用アプリケーションと組み合わせた「ホームウォッチ®」サービスを展開しています。2018年より展開するスマートロック「OPELO(オペロ)」は、ネットワークを使用しないため通信環境に左右されず、また従来の製品に比べ落下リスクが低い独自の設置技術により高い評価を受けています。

イタンジは、これまで不動産の賃貸領域で不動産仲介業務をサポートするクラウドシステムや、不動産管理業務をワンストップでサポートするシステムの開発・運営に取り組んできたノウハウを活かし、従来の不動産賃貸における部屋探し体験を変える「セルフ内見型 新賃貸サービス」の開始を予定しております。当該サービスの提供開始にあたり、現在、不動産管理会社やスマートロック提供会社などのパートナーとともに、スマートロック付き物件の全国規模での普及拡大に取り組んでいます。

イタンジと大崎電気は、デジタル社会に対応した不動産業の発展を推進し、賃貸物件の内見、契約、物件管理のあり方を変えていくため協業する運びとなりました。

■イタンジが開発中の「セルフ内見型 新賃貸サービス」について
イタンジが開発中の、物件探しから入居申し込みまでの手続きがオンラインで完結した賃貸サービスです。高性能なスマートロックを活用したセルフ内見ができるため、鍵の受け渡しにかかるセキュリティの担保と管理会社の工数削減を両立します。

セルフ内見型 新賃貸サービスの利用イメージセルフ内見型 新賃貸サービスの利用イメージ

内見希望者は、従来のように、仲介会社で希望条件を伝えたり、営業マンと内見時間の調整を行ったり、鍵の受け渡しなどのタイムロスをしたりすることなしで、スマートフォンからワンクリックで見学予約ができるため、自身のペースですぐに希望物件の内見ができます。また、内見して気に入れば、その場でスマートフォンから入居申込みをすることができ、保証会社への審査までワンストップで行えるため、契約をスピーディーに行うことが可能です。仲介手数料は一般的な価格(※2)よりも安価な価格にて設定し、偶発的な事故に備えた内見保険(※3)も用意します。
 

スマートロック「OPELO(オペロ)」イメージスマートロック「OPELO(オペロ)」イメージ

■スマートロック「OPELO(オペロ)」について
大崎電気が提供する既存の鍵に後付けで簡単に設置できるスマートロック。ネットワークを利用しないため、ランニングコストもかからず通信トラブルリスクもありません。 ICカード、スマートフォン、シリンダー錠、暗証番号など多数の方法で開錠でき、 毎日鍵を持ち歩く煩わしさから解放されます。 ワンタイムパスワードを毎日自動発行することができるため、鍵の受け渡しや管理業務から解放され開錠の遠隔化・自動化が可能です。パスワード発行履歴が残るので、いつ・誰がどの部屋のパスワードを発行したかが分かり、セキュリティも格段にアップします。

不動産管理会社における「OPELO(オペロ)」導入イメージ不動産管理会社における「OPELO(オペロ)」導入イメージ


■イタンジ株式会社 会社概要
名称    :イタンジ株式会社
本社所在地   :東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40 F
代表者         :代表取締役 野口 真平
設立年月      :2015年6月
資本金         :36,000,000円
企業URL      :https://www.itandi.co.jp/
事業内容      :
・AIを活用した賃貸不動産仲介の営業支援システム「ノマドクラウド」の開発・運営
・賃貸不動産のリーシング業務をワンストップで行う「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」の開発・運営

「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げ、全国で利用顧客数100万人(※4)を超えるAIを活用した賃貸不動産仲介の営業支援システム「ノマドクラウド」や、賃貸不動産のリーシング業務をワンストップで行う「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」を開発・運営しております。 Cloud ChintAI  では、物件確認に自動応答する「ぶっかくん」を始め、内覧の予約を受ける「内見予約くん」、内覧後の入居申し込みに対応する「申込受付くん」など、賃貸業務の各プロセスを支援し、データ分析可能なシステムを提供しています。

■大崎電気工業株式会社 会社概要
名称           :大崎電気工業株式会社
本社所在地  :東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア
代表者        :代表取締役社長 渡辺 光康
創業           :1916年
資本金        :79億6575万円(2018年3月末現在)
企業URL   :https://www.osaki.co.jp/
事業内容     :
・計測制御機器事業
電力量計、計器用変成器、配電自動化機器、タイムスイッチ、デマンドコントロール装置、エネルギーマネジメントシステム、自動検針システム、スマートホーム関連機器、光通信関連機器、配・分電盤、電力量計の取替工事、その他電気機械器具の製造販売および工事等

(※1)大崎電気からの導入企業へ対するヒアリングに基づく
(※2))賃料の一か月分
(※3)万一、内見希望者が物件見学時に汚損、器物損壊等をしてしまった場合、内見保険へのご加入により、補償を受けることが可能です。
(※4)2019年7月現在

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イタンジ株式会社 >
  3. 大崎電気とイタンジが不動産賃貸サービスで協業を発表