QVCジャパンが、ショッピングナビゲーターの担当番組割り当てと勤務スケジュールをウィンワークスのツールにより自動作成開始

ゼロカスタマイズでWINWORKS Oneを短期間で導入、大幅な業務効率化を達成

効率的な勤務計画の作成を通じて企業の経営効率向上を支援するウィンワークス株式会社(東京都千代田区、代表取締役:森庸輔、以下ウィンワークス)は、テレビ通販大手の株式会社QVCジャパンが勤務スケジュール自動作成クラウドサービスであるWINWORKS Oneを導入し、ショッピングナビゲーターの担当番組割り当てと勤務スケジュールの自動作成を開始し、大幅な業務効率化を達成したことをお知らせいたします。
番組内で商品をご紹介し、楽しいショッピング体験をお届けする番組進行役を、QVCジャパンではショッピングナビゲーターと呼んでいます。ナビゲーターの個性を生かした担当番組の割り当てと、勤務スケジュールの決定は、番組が生放送であることから大変複雑な作業となっていました。QVCジャパンでは様々な運営効率化を追求しており、その一環としてナビゲーターの番組担当と勤務スケジュール決定業務の自動化に取り組み、その業務時間を約50%短縮させました。これにより担当者の負担が大きく減るとともに、付加価値がより高い業務の従事時間を増やすことができました。

番組情報とナビゲーターの割り当て条件の設定にExcelを活用し、これをクラウドサービスと連携させることで、業務担当者にとって分かり易い運用を実現しました。また、計算結果をExcelにエクスポートすれば、計算によって割り当てたナビゲーター名が番組編成表に表示されます。Excelとの連携によりクラウドサービスをゼロ カスタマイズで導入したことが大きな特徴です。

QVCジャパン ブロードキャスト&スタジオオペレーションズの恩田洋行マネジャーは
次のように述べています


「在宅時間が増えたニューノーマル時代において、テレビショッピング番組内容も時代に合わせた迅速な対応が求められています。ナビゲーターのスケジューリングも条件がより複雑になり、スピード感ある運営には自動化が欠かせません。ウィンワークス社のコンサルタントと一緒に利用者目線で組み立てたクラウド利用が大きな効果を発揮しています。24時間365日の放送を支える他チームへ適用拡大を計画中であり、QVCジャパン全体の更なる効率化に期待しています。」

 


Excel連携による運用概要
 


作業効率化効果
   スケジュール作成に要する作業時間 約50%短縮

ウィンワークスは引き続きクラウドサービスのセキュリティと利便性を追求し、ユーザー企業にとって価値あるサービスを提供して参ります。

ウィンワークス株式会社について

ウィンワークスは、サービス・オペレーション・マネジメント (SOM*) のコンセプトのもと、時間帯毎および日毎に大きく変動するサービス要求への対応に着眼し、最適な人的資源の配分を行い企業の経営効率を高め、 グローバル競争を勝ち抜く経営変革の実現を支援するソフトウェア・ソリューションを提供しています。ウィンワークスの先端的なテクノロジーと、ソリューションを活用し経営効率を改善するノウハウは、特にサービスの質を重視するビジネスのお客様から大変高い評価を頂いております。

*SOMとはサービス・サイエンスの理論に基づき現場でのサービスの生産性向上と品質の改善を事業の目標達成に統合する、新しい経営管理の手法です。

詳しくは https://www.win-works.com をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウィンワークス株式会社 >
  3. QVCジャパンが、ショッピングナビゲーターの担当番組割り当てと勤務スケジュールをウィンワークスのツールにより自動作成開始