シェアメディカル 海外事情や医療費未払い外国人への対応を考える国際病院事務管理研究会を開催

厚生労働省における医療の国際展展開と各医療機関の取り組み

医療翻訳サービスや医療コミュニケーションサービスを開発・提供している株式会社シェアメディカル(代表取締役:峯 啓真)と産労総合研究所(『医事業務』 編集長:田中 利男)共同開催による、「第1回 効果的な経営と実践~海外視点と外国人への対応~」を2018年6月23日(土)、東京都新宿区にある東医健保会館において、開催することとなりそのプログラム内容を決定いたしました。
▼国際病院事務管理研究会:URL https://www.i-hm.org/

 


■イベントの主旨
2020年の東京オリンピックに向けて、海外から多くの外国人が日本に訪れています。このような国際化の波が迫る中で、少なからず日本の医療機関にも影響が出てきているのではないでしょうか。こうした背景から、世界視点で病院運営をリードしていける人材育成を目指す勉強会を有志で立ち上げました。今回は「効果的な経営と実践」をテーマに記念すべき第1回目の研究会を開催いたします。

■イベントの見所
第1部では海外視点から経営とサービスをテーマに4つの事例発表があります。次に基調講演として厚生労働省の取り組み、最後に外国人への対応と未収金対策としてシンポジウムを開催します。医療機関における現状や国の政策を踏まえ、多くの情報を共有することができます。

■開催概要
主    催: 国際病院事務管理研究会
協    力: 株式会社シェアメディカル
日    時:2018年6月23日(土)13:00~16:30

会    場: 東医健保会館(東京都新宿区南元町4 番地 TEL03-3353-4311)
参加費:1人5,000円
参加申込: 専用ホームページからの受付となります。

次の申込先URL にアクセスし必要事項をご記入のうえ、送信してください。https://www.i-hm.org/
締 切 り: 6月15日(金)予定
参加資格: なし
参加人数: 250名

■イベントプログラム
開会
国際病院事務管理研究会について
産労総合研究所『医事業務』編集長 田中利男

第1部 講演「海外視点から経営・サービスまで」

講演1
高稼働維持の病床管理とGE主催海外研修JEPに参加して(NY/PIT)
大阪警察病院 事務次長 小前貴志

講演2
フランスの医師と経営者が惚れた! Pepperによる疾患啓発と業務支援の威力
医療法人沖縄徳洲会 湘南厚木病院 医事課 藤原 大

講演3
外国人研修への対応(仮)
トヨタ記念病院 メディカルサポート部チーフエキスパート 住谷剛博

講演4
チーム医療への架け橋 ~医療用チャットサービス「メディライン」の導入事例~(仮)
株式会社シェアメディカル 代表取締役CEO 峯 啓真

基調講演
「厚生労働省における医療の国際展開について」
厚生労働省 医政局 総務課 医療国際展開推進室 室長補佐 永松 聡一郎

第2部 シンポジウム「外国人への対応と未収金対策」
座長 一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ・メディフォン 事業部 部長 友久甲子
①東京大学医学部附属病院
 国際診療部 副部長 山田秀臣
②国立国際医療研究センター
 国際診療部 コーディネーター 看護部 副師長 小山内泰代
③りんくう総合医療センター
 国際診療科 部長 南谷かおり
④医療法人財団 岩井医療財団
 医療情報部 広報課 北村果納子

※開催内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シェアメディカル >
  3. シェアメディカル 海外事情や医療費未払い外国人への対応を考える国際病院事務管理研究会を開催