サフィロとディースクエアードが、新たなアイウェアライセンス契約を発表

最初のオプティカルおよびサングラスコレクションは、2022年春夏シーズンに向けて発売予定

パドゥヴァ/ダブリン、2021年5月11日– アイウェアのデザイン、製造、販売における世界的リーダーであるサフィロは本日、ディーン&ダン・ケイティンが1995年に設立したファッションブランドで、ユニークさとクリエイティビティで知られるDsquared2(ディースクエアード)と、Dsquared2ブランドのアイウェアをデザイン、製造、販売する5年間のグローバルライセンス契約を結んだことを発表しました。

最初のオプティカルおよびサングラスコレクション(メンズおよびウィメンズ)は、2022年春夏シーズンに向けて披露される予定で、2022年1月に発売されます。

「Dsquared2との新たなパートナーシップを開始することができ、大変満足しています。これにより、素晴らしいブランドをポートフォリオに加え、ファッションラグジュアリー・セグメントにおける強力な成長機会を獲得することができました」と、サフィログループのCEO、アンジェロ・トロッキアは述べています。「ディーン・とダン・ケイティンの優れたスタイリスティックな才能と、この非常に特徴的なブランドに対する市場の高い評価は、当社のポートフォリオにすでにある他の高級ブランドと補い合うものです。サフィロ独自の能力とDsquared2の型破りで革新的なスタイルが相乗効果を生み、長年にわたって素晴らしい成果をもたらすことは間違いありません。」

「アイウェアは、Dsquared2にとって非常に重要な製品カテゴリーです」と、ブランドの創設者でありクリエイティブディレクターであるディーンとダン・ケイティンは断言します。「サフィロとの新たなパートナーシップを開始することを、心から喜んでいます。それによって、このセグメントにおける私たちのポジションをいっそう強化することができます。」


 サフィログループについて
サフィログループは、サングラス、オプティカルフレーム、スポーツアイウェアのデザイン、製造、販売をグローバル展開する企業です。1878年以来受け継がれてきた類まれなクラフトマンシップと経験によって、イタリアの伝統に基づいたデザイン及び高品質な製品開発をしています。北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア太平洋地域、中国など世界の40か国に現地法人を置き、50以上の販売網を通じて世界中の10万以上の厳選された小売店舗に流通しています。自社のコアブランドとしてカレラ、ポラロイド、スミス、サフィロ、ブレンダーズ、プリヴェ・ルヴォー、ライセンスブランドにはバナナリパブリック、ボス、デイヴィッド・ベッカム、エリー・サーブ、フェンディ、フォッシル、ジバンシイ、ハワイアナス、ヒューゴ、ジミー・チュウ、ジューシークチュール、ケイト・スペード・ニューヨーク、リーバイス、リズ・クレイボーン、ラブ・モスキーノ、マーク・ジェイコブス、ミッソーニ、Mミッソーニ、モスキーノ、ピエール・カルダン、ラグ&ボーン、リーバイス、レベッカ・ミンコフ、サックス・フィフス・アベニュー、スウォッチ、トミー・ヒルフィガー、トミー・ジーンズがあります。
サフィロはイタリア証券取引所(ISIN code IT0004604762, Bloomberg SFL.IM, Reuters SFLG.MI)に上場しており2019年、9億3900万ユーロの純収益を記録しました。

 Dsquared2について
個性的で、大胆で、クリエイティブ。Dsquared2のファッション哲学は、カナダ伝統の図像、イタリアの現代的なテーラリング技術、遊び心ある官能性のエッジィなミックスです。ディーン&ダン・ケイティン兄弟によって、1995年に設立されたブランドのコレクションは、スポーティとグラマラス、リラックス感と突き抜けた感覚、マスキュリンとフェミニンといった、相反する要素をオリジナルな手法で融合しています。Dsquared2 のコレクションはイタリアで作られており、そこから、ブランドのモットーである「カナダ生まれ、メイド・イン・イタリー」が生まれました。
  1. プレスリリース >
  2. サフィロジャパン 株式会社 >
  3. サフィロとディースクエアードが、新たなアイウェアライセンス契約を発表