アニメ業界の講演会を2ヶ月連続で開催! テーマは11月が「メディアで働く」、12月が「アニメ ✕ SE」

学生サポーターもイベント会場で募集予定!

アニメ・ゲームおよび漫画などのコンテンツ業界に特化した新卒就職支援事業を展開する株式会社ワクワーク(東京都品川区、代表 中山英樹)は、2016年5月に会社を立ち上げてより、業界関係者による講演会を定期開催し、今年の3月にはアニメ業界特化型の就職フェア「ワクワーク2019」を開催いたしました。
4月以降も8月・9月に「アニメ・ゲーム業界合同夏期講習」、10月に徳島マチ★アソビにて講演会「絵が描けなくてもアニメ業界で働けるって本当ですか?」を実施してまいりました。今回、11月および12月のイベント開催も決定いたしましたことを報告いたします。


11月は昨年実施し好評を博した「メディア」をテーマとした講演会です。

昨年同様、ジャーナリスト・数土直志氏のご協力のもと、今後アニメ業界のメディアで働きたい学生に向けて、「メディアを作る・メディアで働く」をテーマとした集中講義を11月25日(日)に開催いたします。今回は新たに、アニメ評論家・藤津亮太氏にも講師として参加いただき、メディアで働くために必要な知識や素養といった基礎面から、記事企画の作り方や取材にあたっての準備、どのように記事を書けばいいのか、などをわかりやすく3時間の講義としてお伝えいたします。
昨年以上に「メディアで働くこと」を広く、深く学んでいただける講義となりますので、今後ライターや編集者などとして働きたいと思っている方はもちろんのこと、アニメ業界に興味をお持ちの方もお気軽にご応募ください。

12月は新たな試みとして、アニメ業界における「SEの仕事」をテーマといたします。

絵を描くこと、およびアニメ制作に直接携わる仕事がとかくクローズアップされがちなアニメ業界ですが、作品制作を支える重要な仕事のひとつである「SE」に今回はスポットライトを当て、講演会を行います。
アニメ業界におけるシステムエンジニアがどのような仕事を行っているのかを広く紹介したのち、参加スタジオであるサンジゲン、ポリゴン・ピクチュアズ、ufotableの三社からそれぞれ社内でSEの方たちが、どのように働いているのかについて語っていただきます。三社が参加する座談会では、参加者の方からの質問にも積極的にお答えしていきます。
情報系のスキルを学んでおり、かつアニメ業界で働くことに興味がある方々は、ぜひともご参加ください。

また弊社の今後さらなる活動拡大をすすめるにあたり、両講義終了後に学生サポーターの募集もいたします。弊社メディアでの活動を通して「アニメ業界を目指す学生の代表として最新情報を届ける」「アニメ業界の関係者の方々にインタビューをする」ことや、弊社イベントに関わっていただき「業界関係者の生の声を届ける機会を作る」「いろいろな人・会社を巻き込み、イベントを通して業界を盛り上げる」など行いたいと考えている方は、ぜひご検討ください。詳細な情報につきましては、当日説明させていただきます。

❏イベント概要
ワクワーク講演会「メディアを作る・メディアで働く」

開催日程:11月25日(日)
開催時間:15時〜18時 (休憩時間含む)
開催場所:DMM.make AKIBA イベントスペース
講師:ジャーナリスト 数土直志氏
   アニメ評論家 藤津亮太氏
MC:ワクワーク代表 中山英樹

イベントタイムスケジュール:
 15:00〜15:50 数土氏による講義
 16:00〜16:50 藤津氏による講義
 17:00〜17:45 座談会
 17:45〜18:00 ワクワークサポーター募集告知

参加費:無料
定員:20名前後を想定
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

対象者:
大学生・短大生・専門学校生の方々(社会人の方は対象外とさせていただきます)

予約方法:
 Peatixの下記リンクにてご予約をお願いします。
 URL:https://wakuwork20181125.peatix.com/

ワクワーク講演会「アニメ ✕ SE」
開催日程:12月16日(日)
開催時間:15時〜18時 (休憩時間含む)
開催場所:DMM.make AKIBA イベントスペース
出展企業:
 株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
 株式会社サンジゲン
 ユーフォーテーブル有限会社
MC:ワクワーク代表 中山英樹

イベントタイムスケジュール:
 15:00〜16:00 出展企業による業界におけるSEの仕事紹介
 16:00〜16:45 座談会
 16:45〜17:00 ワクワークサポーター募集告知
 17:00〜17:45 出展企業と学生の交流時間

参加費:無料
定員:20名前後を想定
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

対象者:
 大学生・短大生・専門学校生の方々(社会人の方は対象外とさせていただきます)

予約方法:
 Peatixの下記リンクにてご予約をお願いします。
 URL:https://wakuwork20181216.peatix.com/

❏ご登壇者プロフィール
 

数土直志氏
ジャーナリスト。国内外のアニメーション関する取材・報道・執筆を行う。
また国内のアニメーションビジネスの調査・研究をする。「デジタルコンテンツ白書」アニメーションパート、「アニメ産業レポート」の執筆など。
大手証券会社を経て、2002年に情報サイト「アニメ!アニメ!」、その後「アニメ!アニメ!ビズ」を立ち上げ編集長を務める。2012年に運営サイトを(株)イードに譲渡。現在は、情報サイト「アニメビジネスジャーナル」( http://animationbusiness.info/ )を運営。
主著に『誰がこれからのアニメをつくるのか? -中国資本とネット配信が起こす静かな革命-』 (星海社新書)。

 

藤津亮太氏
アニメ評論家/ 東京工芸大学非常勤講師
1968年生まれ。2000年よりフリーランスとしてアニメ関係の取材・執筆を始める。講演では、取材などに裏付けされた、アニメの歴史や名作の魅力などを通じて、人間にとってなぜエンターテインメントが必要かを伝えます。
著書に『声優語』(一迅社)、『「アニメ評論家」宣言』(扶桑社)、『チャンネルはいつもアニメ』(エヌティティ出版)がある。




❏会社概要

商号:株式会社ワクワーク
代表者:代表取締役社長 中山英樹
所在地:東京都品川区西五反田7丁目22番17号TOCビル8階
事業内容:エンタメ業界に特化した新卒向け就職支援事業
ホームページ:http://wakuwork.net/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワクワーク >
  3. アニメ業界の講演会を2ヶ月連続で開催! テーマは11月が「メディアで働く」、12月が「アニメ ✕ SE」