eポートフォリオ「Feelnote」活用校が「みんなの教育改革実践フォーラム2018」で最新事例を発表!

大学入試でポートフォリオが必要とされる本来の目的は? 実際何ができるのか? 原点を問う。

11月25日(日)、聖徳学園中学高等学校(東京)にて開催される「みんなの教育改革実践フォーラム」(https://esibla.or.jp/esibla-forum/)において、SNS型eポートフォリオ「Feelnote」を活用して、ポートフォリオによる学びの推進と実証を行っている複数の学校・団体が事例発表を行うこととなりましたことをお知らせします。Feelnoteは、株式会社サマデイ(本社:東京都千代田区六番町、代表取締役:相川秀希)が開発し、2018年4月より、条件を満たす公教育機関には協働校として認定した上で無償で提供しているクラウドサービスです。現在、Feelnoteの協働校は小中高大合わせて約70校、ユーザ数は約40000人となっていますが、今回のフォーラムでは、その中から7校と1団体が発表を行う予定です。

実施の背景
現在、大学入試においてeポートフォリオを導入する動きがありますが、高校現場においては「手間ばかりが増えるのではないか?」「大学がどの程度評価するのかがわからない」といった懸念の声もあがっており、大きな課題となっています。その理由の一つは、eポートフォリオの本質的な目的、必要性、活用方法、効用等についての理解が十分に浸透しないまま、ただ対応に迫られ、やむなく利用せざるを得ないといった状況が一般化しているからと考えられます。
そこで、「みんなの教育改革実践フォーラム」では、そもそも大学入試においてポートフォリオを活用しようという流れができたのはなぜなのか? その本来の目的を実現するためには何が必要なのか?等について、すでにFeelnoteを活用してポートフォリオ教育を実践している教育機関の実際の取り組みの発表を軸として、全国の教育関係者と共に考える機会を設けます。

みんなの教育改革実践フォーラム
https://esibla.or.jp/esibla-forum/
「みんなの教育改革実践フォーラム」は、英語4技能・探究学習推進協会 (ESIBLA) が日本アクティブラーニング協会と共に主催する実行ベースで教育改革を推進することを目指す有志のフォーラムです。今後、このフォーラムは年2回の開催を企画しており、来年夏には「どこが違う? 世界と日本の教育&大学入試」、冬には「英語4技能育成と評価の実際」などを予定しています。

フォーラムの初年度となる今回の開催内容は下記の通りです。

【テーマ】
eポートフォリオは何のためにやるのか?

【日時】
11/25(日)13:00-18:00(12:30開場)

【内容】
1. Opening Session
安西 祐一郎 氏「脱ガラパゴスの教育改革の実現に向けて」
日本学術振興会 顧問/日本アクティブラーニング協会 会長

2. Educational Session
eポートフォリオを活用する教育機関による実践事例の発表です。

<発表予定校・団体>
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 大阪教育大学付属高等学校池田校舎
  • 大阪市立水都国際中学校・高等学校
  • 大妻中学高等学校
  • 京都市立紫野高等学校
  • 啓明学院高等学校
  • 日本大学三島高等学校
  • 早稲田摂陵中学校・高等学校 など

<発表内容例>
  • eポートフォリオを活用する生徒たちの本音
  • キャリア教育×eポートフォリオの実践報告
  • 中学生でのポートフォリオ教育の必要性
  • 公立高校における導入障壁とその克服について
  • 身近な探究にポートフォリオがどう活かされるか など

3. Exhibitor Presentation
アクティブラーニングメソッド、探究学習教材など、教育改革に向けた教育プログラムやサービスを提供する民間企業・団体が展示とプレゼンテーションを行います。

4. Conference Social
参加者による交流会を行います。

※上記は現時点での予定です。内容は変更される場合があります。

【場所】
聖徳学園中学・高等学校
東京都武蔵野市境南町2-11-8
JR中央線「武蔵境駅」南口より徒歩3分

【会費】
参加無料
※懇親会参加の場合は別途:一般/5,000円 ESIBLA会員/3,000円

【主催】
一般社団法人英語4技能・探究学習推進協会(ESIBLA)
一般社団法人日本アクティブラーニング協会
一般社団法人国際ポートフォリオ協会

【申込方法】
下記のフォームよりお申し込みください。
https://esibla-forum2018.peatix.com/

Feelnote
SNS型eポートフォリオ「Feelnote」は、SNSで体験をシェアする感覚でライフログを蓄積することで、気軽に一生モノのポートフォリオが作成できるシステムです。現在、文部科学省/JASSO「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」や中高一貫校などに在籍する国内の中高生、大学生に幅広く活用されています。ハーバード大やプリンストン大など、米国の有名大学が採用し、日本の大学に展開予定の入試システム「Universal College Application」と連携する公認システムでもあります。2018年1月より、iOS、Android対応のアプリをリリースし、新機能の追加等、継続的な開発を行っています。また同年4月より、一定の条件を満たす公教育機関向けにサービスの無償提供を開始し、現在、約70の協働校と共に、学びを進化させることを目指したeポートフォリオの活用を推進しています。
Webサイト:http://www.feel-note.com
Feelnote協働プロジェクトについて:http://www.activelearning.or.jp/studygroup/

株式会社サマデイ
本社:〒102-0085 東京都千代田区六番町12-6
代表者:代表取締役社長 相川秀希
設立年:1979年
URL:http://www.samadhi-group.com/
事業内容:
・人財開発・研修事業
・教育コンサルティング事業
・教育システム企画・開発事業
・次世代教育事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サマデイ >
  3. eポートフォリオ「Feelnote」活用校が「みんなの教育改革実践フォーラム2018」で最新事例を発表!