IoTで実現する“つながるデジタルプリンティング”についてのお知らせ

インクジェットプリンタがロボットやベルトコンベア、検査装置、各種センサー、前後装置等の周辺機器と相互通信

http://ir.mimaki.com/

株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/池田 和明)は、インクジェットプリンタがロボットやベルトコンベア、検査装置、各種センサー、前後装置等の周辺機器と相互通信でつながることで、生産ラインへの組み込みや無人でのオンデマンド生産、マスカスタマイゼーションを実現できる“つながるデジタルプリンティング”の開発を行っております。

第一弾として、周辺機器との通信で使用する当社独自の『MDLコマンド』と『Mimaki Job Controller』を発表いたします。
『MDLコマンド』はユーザーの生産システムや周辺機器が当社のプリンタを制御出来るようにするコマンドです。『MDLコマンド』を使用することで印刷媒体(以下、ワーク)をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタの動作を制御できます。また、プリンタのインク残量やエラー情報等が取得できます。
『MDLコマンド』については、当社から提供する技術情報(SDK※1)を使用してソフトウエアを開発していただくことで、お客様に最適なシステムの構築が可能になります。
※1 SDK:Software Development Kitソフトウエアを開発するためのツールキット。

『Mimaki Job Controller』はワークに合わせたプリントデータと出力条件を自動でプリンタに送信するソフトウエアです。例えば、ベルトコンベアでワークが運ばれている生産ラインに、対応プリンタとロボットを一緒に組み込んだ場合、ロボットがベルトコンベアから流れてくるワークをプリンタに配置、配置が完了したらプリントが開始、プリントが終了したらロボットがワークを回収、といった一連の作業が無人化できます。

“つながるデジタルプリンティング”は、これまで単体で使われる事が多かった工業向けのデジタルプリンタが周辺機器とつながる事で、生産ラインへの組み込みを可能にし、人間が行っていた作業を削減して、オンデマンド生産、マスカスタマイゼーションの未来をご提案いたします。

■これまでの生産イメージ
  1. オペレーターがワークをプリンタに配置
  2. RIP PCを操作してプリントデータをプリンタに送信
  3. プリント
  4. プリント終了の確認
  5. プリント済みのワークを回収 1に戻る
※3以外の工程でオペレーターの作業が必要

■“つながるデジタルプリンティング”イメージ
  1. ユーザーのシステムからJobを指定
  2. ロボットアームが自動でワークを配置
  3. プリンタがプリントを開始
  4. ロボットアームが自動でワークを回収 ②に戻る
※1以外の工程で無人で生産が可能

◎コンセプトモデルについて
当社は“つながるデジタルプリンティング”を実現したコンセプトモデルを、2018年3月22日からアメリカのオーランドで開催されるISA International Sign Expo2018に参考出品いたします。

◎SDKの配布について
「MDLコマンド」の運用に必要な情報を 技術情報(SDK※1)として3月22日より当社Webサイトにてダウンロードによる配布を開始する予定です。

◎ISA International Sign Expo 2018
【会期】 2018年3月22日(木)~3月24日(土)
【開催地】 アメリカ オーランド
【会場】 Orange County Convention Center


お問い合わせ先
株式会社ミマキエンジニアリング
グローバルマーケティング部 所 康武
長野県東御市滋野乙1628‐1
TEL:0268-80‐0078 / FAX:0268-80-0041
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミマキエンジニアリング >
  3. IoTで実現する“つながるデジタルプリンティング”についてのお知らせ