消費増税直前!増税前の買い物意識調査

「トクバイ」を利用する生活者 833名 に聞きました!

株式会社ロコガイド(本社:東京都渋谷区、以下ロコガイド)は、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を利用する全国の20代〜70代の生活者833名を対象に、増税前の買い物意識調査を行いました。
【サマリー】
  1.  軽減税率制度について「内容まで理解している」と答えた人は約4割。「名前は知っている程度」・「知らない」という回答で過半数という結果に。
  2. 軽減税率制度を肯定的に捉えている人は16.3%。否定的な人は30.5%、わからないと答えた人は53.2%。コメントをみると「贅沢品が増税される分には仕方がない」「家計の大部分を占める食費に適用されるのはありがたい」と理解を示す人もいる一方、「内容がわかりにくい、複雑」「把握できてない」「理解できるまで時間がかかりそう」と不安の声を挙げる人が多かった。
  3. 増税を意識して事前に何かを購入/まとめ買いを予定している人は42.0%と、調査した生活者の2.4人に1人が、事前購入/まとめ買いを予定しているという結果に。
  4. 増税前に購入/まとめ買いをしておくものランキング
    1位:洗濯用洗剤
    2位:トイレタリー・バス用品
    3位:白物家電
    4位:化粧品
    5位:お酒・ビール
  5. 20代〜70代の年代別に「軽減税率にしてほしい」と思う商品について聞くと、上位5つに挙がる商品に大きな差はなかったものの、生理用品や乳児用/介護用オムツといった、年代によって購入機会の異なる商品については、希望順位に差が出る結果に。
  6. まとめ買いをする際に商品を選ぶポイントランキング
    1位:いつも購入している我が家の定番商品
    2位:増税の影響が大きい、高額な商品
    3位:軽減税率対象外の商品
    4位:自宅時で保管する事を考慮し、かさばらないパッケージの商品
    5位:我が家の定番商品ではなくても、クーポン対象やセール対象商品
  7. 増税後の買い物の仕方を変えようと思っている人は36.7%で、具体的な行動変化としては、キャッシュレスへの移行や、ポイント付与率の高い店舗の選択、ネットでの購入に切り替え、チラシをみて価格比較する、といった声が目立った。
1)「軽減税率制度」の認知状況
➡︎増税直前のこの時期でも「内容まで理解している」と答えた人は約4割に止まり、まだまだ生活者への認知、浸透が必要な実態が見て取れる結果となりました。


2)「軽減税率制度」に対する印象は? (一部抜粋)
「肯定的である」:16.3%
  • 贅沢品が増税される分には仕方がない
  • 消費増税は家計に響くけど、仕方がない
  • 有効に使えばいい
  • 家計の大部分を占めるものに適用されるのは非常にありがたい

「どちらとも言えない/わからない」:53.2%
  • 物によって税率が違うので把握出来ていない
  • 慣れるまで少し時間がかかりそう
  • 実際に増税後の生活を経験してみないとなんとも言えない

「否定的である」:30.5%
  • 内容がわかりにくいし複雑
  • お店で食べるか持って帰るか、その時によって気が変わる可能性があるのでややこしい
  • 増税される分給料や賃金が上がればいい
  • 買う側よりもお店が大変
  • 対象条件が細かいので間違いが多くなりそう
  • 上げるなら上げる、上げないなら上げないの2択でいいと思う


3)増税を意識して事前に何かを購入する/まとめ買いを予定していますか?
➡︎調査した生活者の2.4人に1人が、事前購入/まとめ買いを予定していることが判明しました。


4)増税前に購入/まとめ買いをしておくものランキング
  • 選択肢:一軒家・マンション/車/白物家電/黒物家電/トイレタリー・バス用品/生理用品/乳児用・介護用オムツ/ヘアケア・スタイリング剤/洗濯用洗剤/化粧品/お酒・ビール/医薬品・医薬部外品/ペットフード/保存食品・冷凍食品/調味料/飲料(水ほか)/その他
➡︎使用頻度の高い日用品が多く票を集める中、増税後の影響が大きい白物家電も3位にランクインしています。今が買い替え時と捉える生活者も少なくないようです。    

5)年代別「軽減税率にしてほしい!」商品ランキング
  • 選択肢:料理酒・みりん※アルコール度数1度以上/テッシュ・トイレットペーパー/シャンプー・リンス/石鹸/洗濯用洗剤/乳児用・介護用オムツ/生理用品/医薬品・医薬部外品/ペットフード/この中にはない​
➡︎20代〜70代の年代によって上位5つに挙がる商品に大きな差はなかったものの、生理用品や乳児用/介護用オムツといった、年代によって購入機会の異なる商品については、希望順位に差が出る結果となりました。



6)まとめ買いをする際に商品を選ぶポイントランキング
  • 選択肢:いつも購入している我が家の定番商品であること/定番商品じゃなくても、クーポンやセール対象商品であること/自宅で保管することを考慮しかさばらないパッケージの商品であること/増税前にせっかくなので、お試しも兼ねて新商品であること/増税の影響が大きい高額な商品であること/軽減税率対象外の商品であること/その他
➡︎軽減税率対象外の日用品は、増税後もクーポンやセールによって増税分の2%安く購入できる機会も期待できるからか、我が家の定番商品をポイントに挙げる人が多いと推測されます。



7) a.増税後買い物行動についてお聞きします。増税前と比べて買い物の仕方を変えようと思っていますか?

7)b.どのような行動変化を想定していますか? (一部抜粋)
  • いつも行くお店は変えずに、支払い方法を変える(キャッシュレス決済への移行)
  • いつも行くお店ではなく、なるべくポイント付与率が高いお店を選んで買い物する
  • ネットでの購入に切り替える
  • チラシなどをみて価格比較する機会が増えそう
  • 今まで買ってこなかった低価格の商品に乗り換えるかも
  • 特売品の確認
  • 一円でも安いお店を探し、同額ならポイントがつくお店で買う

【調査概要】
  • 調査期間:2019年8月6日(火)~8月18日(日)
  • 調査対象:トクバイを利用している全国の20〜70代の生活者
  • 調査数:回答数833件(男性/195名 女性/636名 その他/2名)
  • 調査方法:インターネット調査(トクバイアプリを通じて、ユーザーがアンケート専用ページから回答を入力)

今回、10月の消費増税直前のタイミングで生活者の買い物意識を調査し、今、生活者は何を求めているのかについて明らかにしました。この調査結果を参考に、9月に新たなコンテンツ提供を予定しています。
今後も、ロコガイドは、提供サービス「トクバイ」を通じて、生活者のニーズに寄り添い、日々の買い物を「かしこく、たのしく」してまいります。



◾️トクバイとは
2013年にスタートした、食品スーパーマーケットをはじめ様々な業態の小売店のチラシ・買い物情報を掲載しているWebサービス・アプリです。パソコン・スマートフォンから無料で情報の閲覧が可能です。サービス利用店舗数は約5万店舗*で、20〜50代の女性に多く利用されています。(*2019年3月末現在)
食品スーパーマーケットに加え、ドラッグストア、ホームセンター、均一ショップ、家電量販店など日常の買い物で利用する店舗の情報を多数掲載しています。

◾️会社概要
社名:株式会社ロコガイド
本社所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル4階
資本金:5,000万円
設立年月日:2016年7月1日
主要事業:買物情報事業、広告事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ロコガイド >
  3. 消費増税直前!増税前の買い物意識調査