ファシリティドッグの写真展が開催されます!

2月14日より東京国際フォーラムにて「ファシリティドッグ写真展2018 こども病院で働くしっぽの仲間」

病院に常勤する「ファシリティドッグ」。小児がんや重い病気の子ども達を支援する特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ(理事長キンバリー・フォーサイス http://sokids.org/ja/)が派遣する、病院で働くために訓練を受けた犬は、ハンドラーとペアで毎日入院中のお子さんのもとを訪れ、癒しと前向きな気持ちを与えています。
この度、国内初のファシリティドッグとして、2010年より活動をしていた初代犬・ベイリーが無事10歳を迎えたのを機に、より多くの方々に知っていただくため、国際小児がんの日(2/15)に合わせて、「ファシリティドッグ写真展2018 こども病院で働くしっぽの仲間」を開催いたします。
日本国内にたった 3頭しかいない、病院に常勤し、子どもに寄り添うファシリティドッグ。
国内初のファシリティドッグとして2010年から活動を担ってきた初代犬・ベイリーも10歳を迎えましたが、ファシリティドッグの認知度はまだまだ低い状況です。シャイン・オン!キッズは戌年の今年、「ファシリティドッグ写真展2018 こども病院で働くしっぽの仲間」の開催を機に、全国の病院にファシリティドッグのさらなる普及を目指し活動していきます。
※こちらの写真展はTOOTH FAIRY(日本財団主催/日本歯科医師会協力)の支援により行わせていただきます。

病院のベッドでそっと寄り添います病院のベッドでそっと寄り添います

初日のオープニングイベントには、神奈川県立こども医療センターで2頭で活動中のベイリーとアニー、静岡県立こども病院で働くヨギもやってきます。また、毎日午前と午後には読み聞かせや音楽など楽しいイベントも開催。アンケートに記入して頂いた先着 200 名様には銀座コージーコーナーの小犬サブレのプレゼントもあります。ご家族揃ってご来場ください。
※ファシリティドッグの体調によってはお休みをいただくこともございます。予めご了承ください。

左後よりハンドラー森田優子、鈴木恵子、左下よりベイリー、アニー、ヨギ左後よりハンドラー森田優子、鈴木恵子、左下よりベイリー、アニー、ヨギ

【 概 要 】
  • 展示会名:ファシリティドッグ写真展2018 こども病院で働くしっぽの仲間
  • 会 期 :2018年2月14日(水)~2月18日(日)[5日間]
  • 開催時間:9:00〜17:00(初日は12:30から、最終日は16:00まで)
  • 会 場 :東京国際フォーラム ガラス棟 地下1階 ロビーギャラリー2(東京都千代田区丸の内3丁目5−1)
  • 主 催 : 特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ
  • 特別協力:TOOTH FAIRY(日本歯科医師会/日本財団)
  • 協 賛 :株式会社アクセア、ザ・レジェンドチャリティプロアマトーナメント実行委員会
  • 協 力 :アバルト、 株式会社アイトゥアイコミュニケーションズ、 アクトインディ株式会社(いこーよ)、 一般社団法人次世代価値コンソーシアム、 株式会社S・P・S、 株式会社かまくら春秋、桐島ローランド、 銀座コージーコーナー、 小学館、駿府博物館(公益財団法人静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団)、 株式会社LIFE14.、 東京ライオンズクラブ、 Denis Japan株式会社、 ライオンズクラブ国際協会330-A地区健康促進(小児がん・糖尿病対策)委員会
  • 展示監修:株式会社インターナショナルフォトバンク
  • 後 援 :神奈川県、 静岡県、 東京都、 地方独立行政法人 神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター、 地方独立行政法人静岡県立病院機構 静岡県立こども病院

 

 


【初日オープニングセレモニー(予定)】
12:30より開始。
テープカット、J-WAVEナビゲーター レイチェル・チャン氏によるバイリンガル読み聞かせ、
トークショー
 登壇予定者(敬称略):
 山下 純正/神奈川県立こども病院 総長
 高島 友和/日本財団公益事業部国内事業開発チーム チームリーダー
 杉本 真子/ファシリティドッグプログラム元参加者・看護師
 キンバリー・フォ―サイス/シャイン・オン!キッズ理事長
 森田 優子/ファシリティドッグ・ハンドラー
 鈴木 恵子/ファシリティドッグ・ハンドラー
※初日はDenis Japan株式会社様ご提供のプレミアムなチョコレートをご用意してお待ちしております。(数量限定)

【日替わりイベントスケジュール】
2/14、2/17 バイリンガル読み聞かせ「ベイリーとさっちゃん」(レイチェル・チャン)
2/15 国際小児がんの日「ヒーリングハート・コンサート」(ASTRAX MEMORIAL)
2/15 国際小児がんの日「ちからのブレスレット」ワークショップ (シャイン・オン!キッズ)
2/16 〜親子のセルフケア〜 ”キッズ指圧”でリラックス (Airi)
2/16 yu+taka(ゆうたか) ライブ (yu+taka(ゆうたか))
2/17  ファミリーマジックショー (シンディ)
2/18 Expression kids 合唱&朗読(Expression Kids)
2/18 大橋エリ ファンタジック⭐︎グラスハープ ミニコンサート(大橋エリ )

昨年12月に発売されたバイリンガル絵本「ベイリーとさっちゃん」昨年12月に発売されたバイリンガル絵本「ベイリーとさっちゃん」

ファシリティドッグとは
病院に常勤して医療チームの一員として働けるように、専門的なトレーニングを受けた犬です。 ハンドラーとペアになって活動し、単なる患者との触れ合いにとどまらず、小児がんや重い病気の治療にも関わっています。日本ではまだ、シャイン・オン!キッズが派遣する静岡県立こども病院と神奈川県立こども医療センターにしか存在しません。(今春都内公的病院に新規導入予定)ファシリティドッグの大きな特徴は、毎日同じ病院に勤務し、個々のニーズに合わせた活動を行うことです。痛い検査や手術室への付き添い、リハビリ支援なども行います。いろいろな病院や施設を巡回訪問することはありません。ときどき訪れて短い時間だけふれ合うのではなく、同じ犬がいつもそこにいて多くの時間を繰り返し過ごせることが、入院治療している子どもたちの心の励みになります。
http://sokids.org/ja/

特別協力
 


 

 



来場者プレゼント協力企業

 

 



 



メディア協力

 


 

 

フライヤー表フライヤー表

フライヤー裏フライヤー裏

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ >
  3. ファシリティドッグの写真展が開催されます!