医療用画像3D空間表示サービス「Holoeyes MD」販売開始!

管理医療機器(クラスⅡ)認証を取得したVR / MRアプリ自動生成サービス

Holoeyes株式会社(東京都港区、代表取締役 谷口直嗣)は、管理医療機器(クラスⅡ)認証を取得した医療用画像表示サービス「Holoeyes MD」を、本日2020年6月15日(月)より全国で販売開始しました。



Holoeyes MDとは
「Holoeyes MD」は、CT・MRIなどから汎用画像診断装置ワークステーションにて書き出した人体の3Dデータを、XR※として3D空間で体験、共有できるサービスです。

※XR (Extended reality)とは、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)・複合現実(MR)の総称で、仮想世界と現実世界を融合して新たな環境・体験をつくり出す技術のこと
 

医療の高度化に伴い、CT・MRI等のデジタル医用画像による、的確な診断と治療計画が必須となっています。しかし奥行き感のない平面モニタ画面では、立体空間的な理解が不十分です。そこでXR技術を活用し、解剖や病態を人体の本来の姿である、立体空間的に体験することで、直感的に理解できます。これは世界共通の課題である、医師同士・医師と患者・メディカルスタッフ・学生間の、情報の非対称性や地域医療格差といった課題の解決にも繋がります。

「Holoeyes」は医用画像から得た3Dデータを活用し、国籍や言語、地域に関係なく、誰でも医療データにアクセスできる世界の実現を目指し、医療格差問題の解決をビジョンに掲げています。これによりSDGsの目標のひとつである「すべての人に健康と福祉を」の達成に貢献するべく、弊社のビジョンに共感を抱いてくれた全国のパートナー企業と提携し、企業間の壁を越えて相互送客するなど、これまでの常識を越えたパートナーシップを築いていきます。



販売パートナー企業一覧
「Holoeyes MD」は、販売パートナー(代理店)を通して、全国の医療機関・施設に販売されます。購入に関するお問い合わせは、Holoeyes株式会社または下記企業へ直接お問い合わせください。

■北海道エリア


■東北エリア


■北関東/東海/北陸エリア


■近畿エリア


■中国/四国エリア


■九州/沖縄エリア


 

<医療機器認証に関する情報>
・一般名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
・販売名:医療用画像処理ソフトウェア Holoeyes MD
・認証クラス分類:管理医療機器(クラスⅡ)
・認証番号:302ADBZX00011000
・認証日:令和2年2月28日


<企業情報>
・社名:Holoeyes株式会社
・設立:2016年10月
・代表者 :谷口直嗣
・本社:東京都港区南青山二丁目17番地3 モーリンビル303
・URL:https://holoeyes.jp/
・第二種医療機器製造販売業許可:許可番号 13B2X10413
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Holoeyes株式会社 >
  3. 医療用画像3D空間表示サービス「Holoeyes MD」販売開始!