横山美術館 企画展「ノーマン・ロックウェル展」開催

公益財団法人 横山美術館(名古屋市東区葵一丁目1番21号/理事長:横山 博一)は、明治・大正期の輸出陶磁器を中心に展示する美術館です。
2022年8月5日(金)より企画展「ノーマン・ロックウェル展」(後援:愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・名古屋市立小中学校PTA協議会・瀬戸市)を開催いたします。

 

 

横山美術館公式HP:https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/

《展覧会概要》
瀬戸で制作された陶磁器製の置物や装飾品、人形は「セト・ノベルティ」と呼ばれ海外の人々に愛されていました。陶磁器製の置物自体は既に15世紀のイタリアや、18世紀のドイツなどで作られ始め、戦後の日本においては愛知県瀬戸市からアメリカなどに向けて輸出されました。

これらを語るのに欠かせないもののひとつが、古き良きアメリカを描いた人気イラストレーター、ノーマン・ロックウェル作品のノベルティです。代表作をもとに瀬戸の職人によって、立体的に仕上げるための原型や鋳込み成型の技術が注ぎ込まれ、平面画のイラストでは見ることのできない構図を作り上げます。さらに人形の絵付けにより、喜怒哀楽が表情豊かに表現されたのです。こうして人気画家の作品を手掛け、精巧で品質の高いものに仕上げたことなどからセト・ノベルティは隆盛を極めました。

本企画展では、ノーマン・ロックウェルのノベルティを通して、瀬戸の製陶技術の素晴らしさ、そしてハートウォーミングなアメリカンライフをお楽しみいただけます。
 

丸山陶器《自画像》1978年頃丸山陶器《自画像》1978年頃

ゴトー《遊泳禁止》1973年頃ゴトー《遊泳禁止》1973年頃

丸山陶器《婚姻届》1976年頃丸山陶器《婚姻届》1976年頃

《トランペットの練習》1986年頃《トランペットの練習》1986年頃

《夏休みスペシャルイベント》
染付体験講座「日本の縁起物!幸運の招き猫をつくろう」
貯金箱にもなる招き猫の置物に、呉須(青色顔料)を使用してお好きなデザインにて絵付け体験が可能。お子様から大人の方までお楽しみいただけます。
・日時:2022年8月28日(日)13:00~15:00
・定員:20名(要事前申込)
・申込方法:8月5日(金)よりお電話にて先着順
・参加費:小学生以下のお子様 3,000円(参加費・材料費・焼成費込み)
     ※小学生以下の付添の方、1名のみ入館料無料
     一般 3,000円(入館料・材料費・焼成費込み)
     パスポート会員 2,000円(参加費・材料費・焼成費込み)

《学芸員によるギャラリートーク》
*事前申込不要、要入館料
8月6日(土)、8月20日(土)、9月3日(土)、9月17日(土)、10月1日(土)、10月15日(土)、11月5日(土)(各回13:30〜)
学芸員による作品解説を行います。
4階の企画展と1階〜3階の常設展を合わせて、1時間程度を予定しています。

*各イベントの詳細につきましてはお問い合わせください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横山美術館 >
  3. 横山美術館 企画展「ノーマン・ロックウェル展」開催